2-12 TM VISION Ⅴ & Fanks "Fantasy" Dyna-Mix(Video)

ビデオコンサート用のビデオ「TM VISION Ⅴ」は、
平山雄一と小室哲哉の対談をメインに、
ところどころでライブ映像を挟むという構成を取っている
PV中心だったⅡ~Ⅳとは内容が大きく異なっている
1986年秋の資料では、10月25日から上映とされている


対談の内容は、デビュー以来の戦略やFANKSの話などである
斬新な発想・戦略を秘めたミュージシャンとしての側面を強調した企画と言えよう
12月発売の「TM Network Personal Book EARTH」に、
この対談が全文収録されている



小室、インタビュー中



対談の間、2曲のライブ映像が挟まれる
一つは「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」「Nervous」
DVD「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」に収録されるものと同じである
もう一つは「Fanks Dyna-Mix」「Come on Let's Dance」
ツアーのオープニングの部分だ
これは「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」に収録されていないので、
貴重な映像である


ビデオの最後には、
「All-Right All-Night」PV(ショートバージョン)を背景に、
この前後に発売された3つの商品の宣伝が入る
一つはシングル「All-Right All-Night」(1986/11/21)
一つはビデオ「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」(1986/12/1)
一つはアーティストブック「EARTH」(1986/12/10)
TMの歴史の中では印象が薄い時期だが、
実はこの頃は意外とファンには出費の多い時期だった
また最後には3月中旬のツアー「Fanks! Bang The Gong」の、
開催決定のお知らせも入っている


「TM VISION Ⅴ」は、
いかにもミュージシャンのビデオという感じで、
今までの歴代「TM VISION」の中でも一番良い出来だと思う
やっとここまで来たか…と、感慨深いものがある


Ⅳから数えると、Vは一年弱ぶりのビデオコンサートとなる
Ⅰ~Ⅳが一年以内に公開されたことと比べると、
大変間が空いている
Fanks期にPV中心からライブ中心へと、
方針を大きく変えたことと関係するのだろう


この時に一年ぶりに「TM VISION」が復活したのは、
もちろん先に挙げた三つの商品の宣伝のためだが、
そもそもこの三つの商品をほぼ同時期にリリースしたのは、
「Fanks! Bang The Gong」のチケット発売が控えていたというタイミングもあった
特にライブビデオ「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」を、
このタイミングでリリースしたのは、
ツアーへのファン動員を想定したものであろう


ところで「TM VISION Ⅴ」には、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」収録予定曲が出ている
これによると当初本作には、
「All-Right All-Night」「You Can Dance」は、
収録されない予定だったようだ


「All Right All-Night」については、
収録されるという告知が以前あったが中止になったと、メッセージにある
ライブ音源がシングル版と歌詞が違っていることが問題になったものか


最終的に「All-Right All-Night」は、
スタジオ音源で収録された
映像はライブ映像のダイジェスト版にスタジオ音源をかぶせたもので、
構成自体はPVと同じだが、
使われている映像はPVと異なっており、曲も途中で切られている
また当時の広告には「Rainbow Rainbow」が収録曲に入っていないものがある
ビデオ収録曲は検討が重ねられたらしい


ここで話題をなし崩し的に、
ビデオ「Fanks "Fantasy" Dyna-Mix」に移そう
このビデオの内容は、「All-Right All-Night」以外は、
「Fanks Dyna-Mix」(1986/7/18中野サンプラザ)と、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」(1986/8/23読売ランド)の、
二つのライブ映像を組み合わせたものである
タイトルは「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」だが、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」の映像のみではない


収録曲は以下の通りである
注記のないものは「Fanks "Fantasy" Dyna-Mix」の映像である

「Over the Rainbow」
「All-Right All-Night」(スタジオ音源)
「Faire La Vise」
「Rainbow Rainbow」
「雨に誓って」「Fanks Dyna-Mix」
「アクシデント」「Fanks Dyna-Mix」
「Dragon The Festival」(2番まで「Fanks Dyna-Mix」
「Give You A Beat」
「Nervous」
「Come on Let's Dance」
「You Can Dance」
「Electric Prophet」
「Over The Rainbow」


このビデオは「Dragon The Festival」以外の曲は完全収録である
収録曲数も多く、ライブ一本の半分くらいの量である
「Rainbow Rainbow」「Dragon The Festival」
「Come on Let's Dance」「Nervous」「You Can Dance」
など、
当時のライブ定番曲はほとんど収録されており、
FANKSライブを知るための最良のアイテムとなっている
また木根パントマイムや、
「Faire La Vise」を収録しているあたりも心憎い


あえて言えば、定番曲として「Passenger」は収録しても良かっただろう
(ウツの声が出ていないことからカットされたのだろうが)
「1974」もライブビデオ未収録だっただけに、入れて欲しかった
意外なことに「1974」ライブ映像の初商品化は、
1994年の「final live LAST GROOVE 5.19」である


またおそらくビデオの選曲の方針もあるのだろうが、
「Electric Prophet」を除きバラードが一曲もないのは、不満が残る
特にシングルの「Girl」などは入れても良かったのではないか
または「Time Machine」を入れたら、
かなりの神ビデオになったと思われる


他に言えば、「Dragon The Festival」は3番以降がカットされているが、
これは完全収録して欲しかった
また「Electric Prophet」は、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」のショートバージョンではなく、
「Fanks Dyna-Mix」のフルバージョンを入れてくれれば良かったと思う
「Dragon The Festival」は1988年「LIVE TOMATO」の映像が、
2015年に「TIME Machine Box」に収録されたが、
「Electric Prophet」は当時のTMのライブを代表する曲であるにも関わらず、
FANKS期のフル演奏映像は現在まで商品化されていない


以上のように要望は色々あるのだが、
それにしても個人的には好きなビデオである
後に出る「Fanks The Live」シリーズと比べても、
典型的なFANKSライブの雰囲気をよく伝えている
それぞれの曲の解説については、
すでに各ライブの時に触れたので割愛する


このビデオ、オリコンでは2位という高ランクを記録した
前作「Vision Festival」の17位も、
当時としてはかなりのランクだったが、
それと比べても大変な躍進である


この作品は、TM初の純粋なライブビデオである
(一年前発売の「Vision Festival」は半分PV)
これ以後3年間に渡り、TMのライブビデオは発売されないから、
1989年秋の活動休止直前まで「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」は、
商品として入手し得る最新のライブビデオだった
言い換えれば、リニューアル以前のNETWORK期の活動を通じ、
本作は唯一のライブビデオだったのである


なぜこれだけ長期に渡って、
ライブビデオが発売されなかったのかも問題であるが、
ともかくこのビデオの存在が、
長い間大変重要なものだったことは、強調しておきたい


また1984年の「Electric Prophet」を収録した「Vision Festival」の次が、
1986年のライブを収録した「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」となったことは、
1985年の「Dragon The Festival Tour」の商品化を絶望的にした
「Fanks "Fantasy" Dyna-Mix」に、
「アクシデント」「Dragon The Festival」「Faire La Vise」など、
ライブで演奏された「Childhood's End」の曲が大部分収録されているのは、
このことも意識してのことだろう


現在まで1985年のライブ映像は、
「Dragon The Festival」「アクシデント」「Electric Prophet」の3曲の一部分以外商品化されていない
今後もこの状況は、おそらく変わらないだろう
タイミングの問題もあったのだろうが、大変残念なことである

(2007/3/19執筆 2008/10/22加筆)

FANKS Fantasy DYNA-MIX
エピックレコードジャパン
2005-03-09
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

rumiwork
2007年03月21日 18:14
初めましてこんにちは^^TM関係のブログ検索でたどり着きました。通史面白く読ませていただいています!次回の更新も楽しみにしています~^^

この記事へのトラックバック

QRコード