2-15 Anniversary Rock Festival

1986/12/21、TM NETWORKと渡辺美里で、
ジョイントライブが行なわれた
「Anniversary Rock Festival」と題するライブの一部である
会場は日本武道館で、TBS開局35周年イベントだった
TMはデビューの頃からTBSラジオによく出演しており、
縁が深かったようだ


ジョイントライブという形式は、
TMにとって極めて珍しい
TV番組で「Come On Everybody」を、
杏里とジョイントした例があり、
(1988/12/28「夜のヒットスタジオDX」) 
また「Act Against Aids」に3人で出演したことがあるが(1993・2000・2003年)、
出演時間が30分~1時間程度に及んだライブとしては、
2012年に米米CLUB・Princess Princessと共演した「All That Love」があるくらいだと思う


実は章を立ててこのライブを取り上げるべきか、
考えないでもなかったのであるが、
TM史上でも珍しいライブということもあり、
やはり取り上げることにしたい


なおTMの初の武道館ライブは、
しばしば1987/6/24の「Fanks Cry-Max」と言われるが、
正確にはこの「Anniversary Rock Festival」である
さらにおまけに言えば、
「Fanks Cry-Max」の後の武道館ライブとしては、
一週間武道館を押さえた1989/4の「CAROLl Tour」が、
ウツの怪我復帰第一弾ライブということもあって有名だが、
その前に1987/11/1の「YAMAHA Band Explosion」がある


このライブの全貌は、自分もよく知らない
wikipediaの岡村靖幸の項目によれば、
白井貴子・岡村靖幸も出演していたらしい
岡村の記念すべきデビューライブでもあった
(岡村はこの年の12/1にシングル「Out of Blue」でデビュー)
またこのライブは開始時間が1時間以上押して始まったらしい
(本記事Anyupapaさんコメント)
以下では、TMと美里の部分だけに限って叙述する


TMと美里のライブは、言うまでもなくEPIC/SONYの縁であり、
さらにいえばプロデューサー小坂洋二の縁でもあった
これ以前にも1986/8/8に開催された美里の「Kick Off Tour」西武球場公演に、
小室がキーボードとして参加している


1986年「Kick Off Tour」で美里・小室共演の様子


「Anniversary Rock Festival」では、
美里とTMがお互いの持ち歌を各4~5曲ずつ演奏した
ジョイントライブということもあって、
TMの曲にも美里はコーラスに参加しているし、
美里の曲でもTMメンバーは演奏している
セットリストは以下の通りである

01.「Over The Rainbow」
02.「My Revolution (Hello Version)」
03.「All-Right All-Night」
04.「悲しき願い」
05.「Growin' Up」
06.「Long Night」
07.「Steppin' Night」
08.「Passenger」
09.「Come on Let's Dance」
10.「You Can Dance」
11.「My Revolution」
12.「Over The Rainbow」


この中で、01・02・12はSE、
04~07と11は美里、
03と08~10はTMがメインである
全体の流れとしては、オープニングTM→美里→TM→エンディング美里となっている
この時点では美里の方が人気も知名度もあったため、
美里の方が優遇されている印象である
なおこのライブの模様は、
03・04・09・11がTBSラジオで放送された


最初の「Over The Rainbow」は、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」のオープニングと同じものである
まもなくSEとして「My Revolution (Hello Version)」が流れ、美里とTMが登場する
アルバム「lovin' you」収録の「My Revolution」バラード版だ
「Over The Rainbow」と合わせてライブオープニングに当たる
曲の途中から美里がマイクを取り、
「求めていたいMy Revolution」から先を少しだけ歌ってマイクから離れる


「All-Right All-Night」が始まる
アレンジはオリジナル通りだが、
美里がBメロとサビでコーラスに加わっているのが注目ポイントである
ウツの無機質な声と美里の力強い声が重なるが、
正直質が違いすぎるために、
美里の声が浮いているように聞こえる
(聞きなれていないせいかもしれないが)


次から美里の曲になる
まずはアルバム「lovin' you」から「悲しき願い (Here & There)」
ついで「Growin' Up」「Long Night」と、ポップでノリの良いシングル曲が続く
すべて岡村靖幸の曲で、小室の曲はあまり歌ってくれない
個人的に「Long Night」は初期美里の名曲だと思う


最後は「Steppin' Night」
各アルバムに一曲くらい入っている美里作詞作曲の曲である
一転して重い雰囲気のこの曲で、美里の担当はひとまず終わりである
なお「死んでるみたいに生きたくない」を演奏曲に入れるサイトもあるが、
明らかに間違いで、演奏していない


ここでメインがTMに交替する
前曲と打って変わってハイテンションなイントロが流れる
「Passenger」


このライブで一番の注目所は、この曲かもしれない
というのも「Passenger」はキーが高すぎて、
サビをウツが歌えないという欠点があった
そのため「YAMAHA X-Day」以後のライブではサビを歌わなくなり、
サンプリングボイスを流すようになった


しかし本来は、歌えればサビも歌うに越したことはない
そのためにはどうするか
それはサビを歌える女性ボーカルを連れてくれば良いわけである
リニューアルまで女性コーラスがいなかったTMのライブでは、
それはなかなか困難だったが、この時は可能だった
女性ボーカル渡辺美里とのジョイントライブだったのだから


しかも美里はアルバムでも、
コーラスとして「Passenger」レコーディングに参加しており、
サビを歌うには最適の人選だった
この時もウツに負けない迫力あるボーカルでサビを歌い上げた


本曲は美里がサビを担当した以外の点では、
「Fanks Dyna-Mix」と同じアレンジで、小室のラップも入っている
ただし普段は2番の後にラップが入るが、この時のラップは1・2番の間だった


次いで当時のTMの代表曲「Come on Let's Dance」
「Fanks Dyna-Mix」と同様のアレンジだが、
「YAMAHA X-Day」で使われた「Come on Let's Come on Let's」のサンプリングボイスが入る
ただしイントロは「Fanks Dyna-Mix」「YAMAHA X-Day」の時よりも短い
サビの部分では、美里がコーラスに参加している


ホゥ! 「You Can Dance」


ウツの掛け声とともに、「You Can Dance」が始まる
ライブの盛り上げ所である
これもウツがサビを歌わない曲だが、
「You Can Dance Like A Roll~」と、美里がここでもコーラスで活躍する
この曲も「Passenger」とともに、
美里がコーラスとしてレコーディングに参加した曲である
Bメロの「Do Not Pretend」「Come on in Motion」等のコーラスも、美里の声が目立つ


一連のTM曲が終わると、短いMCが入る
ウツ「どうもありがとう」
美里「ホントに、どうもありがとう」
ウツ「今夜は、ホントに、とっても楽しかった」
美里「今日、最後の曲です。聞いてください」


最後はもちろん「My Revolution」である
小室作曲の曲であり、TM・美里のジョイントライブの最後には最適だ
この年日本で5位の売り上げを誇った曲である
小室はこの10日後、この曲で日本レコード大賞の最優秀作曲家賞を受賞した


サビではウツのコーラスも入る
小室の演奏で美里が「My Revolution」を歌うケースは、
1999/11/3「FM Festival '99 Pops in Japan」
2003/2/22・23「Live Epic 25」
2014/8/13「FNSうたの夏まつり」
2016/7/2「The Music Day」など、他にも例があるが、
TM全員が参加した「My Revolution」はこれだけであろう


歌とアウトロが終わると、
「Hello Version」の音色で「My Revolution」が流れ、ライブは終了する
退場曲は「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」と同様に、
オルゴールの音色の「Over The Rainbow」である

(2007/4/9執筆 2008/10/22加筆)

Lovin’You
エピックレコードジャパン
1991-07-01
渡辺美里
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

みか
2012年04月25日 09:44
突然懐かしく思いANNIVERSARY ROCK FESTIVALで検索をかけて見つけました。中3受験直前のイベントには特別な思いがたくさんありました。あのライブを鮮明に思いだせてうれしかったです。ホント美里ちゃんの声の力強さでウツの声どこ?って感じになっちゃいましたが、ドキドキなライブでした。ありがとうございました。
青い惑星の愚か者
2017年02月03日 23:46
5年も放置してすみませんでした!
このイベントを検索する方ているんですねえ
貴重な体験、うらやましいです
ウツと美里を一緒にやると、声質の関係か、どうしてもウツは負けちゃいますね
anyupapa
2017年11月05日 20:53
渡辺美里のLovin' youを聞いていて、思い出して検索しました。このフェスティバル、行きました。確か、1時間以上押して始まりました。2階席で立って踊っていた記憶があります。一緒に行った友人は、すでに他界しており、色々と思い出すことがあります。
青い惑星の愚か者
2017年11月16日 05:24
初めまして。
このライブに参加した方の体験談、初めて見ました。
貴重なお話、ありがとうございます。
というか、美里絡みでもこのライブのことを検索してくる方って、なかなかいらっしゃらないと思います。

ずいぶんと時間が押したライブだったんですね。
何かトラブルがあったんでしょうかね。
少しだけ加筆させていただきます。
ありがとうございました。
はた
2018年10月31日 15:45
ニコニコ動画に当時の音声のみいくつかアップがあり(映像はFANKS "FANTASY" DYNA-MIXでしたが...)気になって検索してここにたどり着きました。
01.「Over The Rainbow」
02.「My Revolution (Hello Version)」
03.「All-Right All-Night」
08.「Passenger」
09.「Come on Let's Dance」
10.「You Can Dance」
11.「My Revolution」
12.「Over The Rainbow」
以上が音悪いですがニコニコで聞くことできます。
美里のコーラスがなかなか良かったのと、恐らく先生が弾いてるマイレボが最高です。
青い惑星の愚か者
2018年11月10日 02:40
TM関係だけがアップロードされているんですね。
油断していると、いろんなマニアックなブツが出てきますね。

美里コーラス入りて、当時の人気を考えると、めちゃ豪華なことですよね。
美里目当てでこのライブに来たことがきっかけでTMファンになった人もいたんでしょうかね。
小坂洋二さんとしても、美里をエサにしてTMファンをつかもうと思っていたのかもしれません。
ライブ前半も、白井貴子をエサにデビューしたての岡村靖幸をアピールと言うところでしょうか。

この記事へのトラックバック

QRコード