TM NETWORK -Remaster- C.C.Lemonホール一日目

えーせっかくこの二日間、たまたまね、誕生日だと思って、特別に10分くらい、時間をいただこうと思います。TMNでもTM NETWORKでも、どっちでもいいんですけども、どうであれ、もうすぐ25歳、TMという名前が付いてから25歳なんですが、そのTM NETWORKやTMN的なこともあっていいんじゃないかというですね、2年くらいですかね、ずっと考えてましてですね、TM NETWORKの子供を作ってみて、3人組の、作ってみました。小室哲哉公認でございますこれは。デビューしてません。ライブしてません。今日初ステージでございます。ツアーではないんですけど、彼らにとっても誕生日を十分もらいましてですね。できればこの子らも、応援してください。で、デビューできなかったりしてね(笑)。まずそんなわけで紹介してみます。3人組です。(以下略)


これは昨日のアンコールの最初のところ、
小室さんが誕生日(の一日前)ということで、お祝いをしてもらって、
その後で小室さんが一人になったところのMCです
ソロツアー(「Digitalian is eating breakfast tour」?)以来の一人MCということで、
緊張すると言っていました


事前に渋谷では特別に時間をもらうと言っていましたし、
何かをしてくれるのだろうと思っていました
今日のライブでは小室ソロ(サポートも演奏していたので厳密にはソロではないですけど)が、
横浜よりも大幅に短くなり、「CAROL」のみとなっていました
ここからも代わりに小室特別ソロが用意されているんだろうか?と少し期待していました
で、いよいよか!?と思った時、上に書いたMCでした
一瞬耳を疑いました
TMの子供?? しかも出るの? 今?


で、本当に出てきました
TMと同じ構成の、ボーカル・シンセ・ギター
Purple Daysというらしいです
ちゃんと2曲演奏しました
「Shine of Love」「あなたが笑うたび恋をする」
1曲目はaccess風の盛り上げ曲、2曲目はバラードでした


ああ、そういえばTM Jr.とかって話あったなぁ…
と思いながら聞いていました
すっかり立ち消えになったものかと思ってたのですが、
小室さんは意外とマジだったようです
きっと年齢やイメージもあって、
TMでは新しいことをするのに限界があると感じているのでしょう
「TM NETWORK -Remaster-」「Speedway」で回顧的なコンセプトを打ち出しているのも、
それを認めた上でのことで、
今後は新しいことはJr.(Puple Days)でやっていこうというつもりなのでしょうか
まあそれはそれとして、
期待していたものとはかなり違うものが出てきたのは拍子抜けでした
今日も多分同じでしょうね


さて、TMのライブの方については、
数曲入れ替わりがあり、曲順も変更になりました
セットリストはネタバレ禁止用にコメント欄に書いておきます
横浜の演奏曲では、
「nuworld」「Here, There & Everywhere」「N43」「Wild Heaven」が無くなり、
代わって1・2・3・アンコール4が入りました


レア曲が抜けてメジャー曲に入れ替わりというところでしょうか
有名なシングル曲をメインで演奏するというコンセプトには、
より近づいているといえるかもしれません
また、セットリストとしては、盛り上がりやすい内容になったという印象です
ただし常連のファンとしては、
むしろ削られた曲の方が聞きたかったのではないかとも思いますが…
新曲とインストを除くと、
ほとんどが20周年ライブと「Spin Off from TM 2007」で演奏された曲となってしまいました


目立ったところでは、オープニングの演出が変わりました
横浜ではオープニング曲「nuworld」とともに、
丸見えのステージにメンバーが登場し、
「Still Love Her」に移るという形だったのですが、
今回は最初ステージに垂れ幕が掛かっていて、
そこに「Welcome Back 2」ジャケットの絵が写されていました
オープニングの1曲目の時点ではメンバーの姿は垂れ幕で見えず、
2曲目で幕が落ちてスタートという形でした


なお1曲目には2曲目のイントロが混じり、
オープニングとしてかなり良い出来だと思います
復活後では、「Double Decade Tour」
「Time To Count Down」と並ぶお気に入りかもしれません


前回演奏した曲でも、アレンジが変更になったものがありました
7曲目は本来は歌の部分で北島ギターソロが入ったりします
9・10曲目でもイントロのアレンジが変更


11曲目の小室インストは、先に述べたように大幅に短くなり、
「CAROL」のみとなりました
ただし「CAROL」のアレンジが大きく変わり、
前は小室さんのみの演奏だったのが、
今回はサポート3人も一緒に演奏しています
ミラーボールも使って派手な照明で魅せてくれました
そこから12曲目のイントロにつながるわけですが、
小室さんはここでもシンセやハモンドオルガンで大活躍でした
ちなみに今回はおそらくステージの大きさの問題もあり、
グランドピアノが電子ピアノに変わっていました


アンコール、Purple Daysの2曲が終わると、
間をあかずにTMのアンコール一曲目に入ります
今回は完全にCD通りではなく、
小室さんがイントロでおなじみのサンプリングボイスを炸裂させます
その次の曲は初めて全部聞きましたが、なかなかの良曲です
試聴とは印象がかなり違いました
早くアルバムでフルコーラス聞いてみたいと感じました


あと今回は、4曲目で機材トラブルが起こり、
かなり大変なことになっていました
しかしウツはそんな中でもぶれることなく、
スタッフに指示を出しながらも完璧に歌いこなしました
あれはプロだなと思いました
小室さんも急遽一緒に歌ってフォローしていました


以上、今回はJr.の件で動揺してしまい、
そっちへの言及がメインとなってしまいました
今日の公演についてはもっと冷静なコメントが出来るかと思いますので、
今回はご容赦下さい
しかし先生は、常に予想・期待の斜め上行くなぁ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

蒼い惑星の愚か者
2007年11月27日 11:41
TM NETWORK -Remaster- 2007.11.26 C.C.Lemonホール

01 EXPO
02 Love Train
03 Come On Everybody
04 Still Love Her
05 Human System
06 Seven Days War
07 We love the EARTH
08 Telephone Line
09 Beyond The Time
10 Be Together
11 CAROL (inst.)
12 Time To Count Down
13 Self Control
14 Welcome Back 2
Enc.1 Shine of Love (by Purple Days)
Enc.2 あなたが笑うたび恋をする (by Purple Days)
Enc.3 Get Wild
Enc.4 Action
退場曲 You Can Find

この記事へのトラックバック

QRコード