3-23 Fanks the Live

magneticaのウェブサイトより



『SMAP×SMAP 名曲リスペクト歌謡祭』出演決定!
SMAP×SMAP 名曲リスペクト歌謡祭にTM NETWORKとしてゲスト出演することが決定いたしました。
SMAPのメンバーとのライブ共演を是非チェックしてください!

フジテレビ系列
「SMAP×SMAP 名曲リスペクト歌謡祭」
放送日:2008年4月21日(月)
放送時間:21:00~23:08(予定)
※TM NETWROKの出演時間に関しましては、詳細が分かり次第告知いたします。

TMのメジャー番組出演は実に久しぶりですね
しかもTM運命の日、4/21です(だからなんだ)
まあバラエティ番組ではありますが、
「名曲リスペクト」ということですから、
それなりの扱いはしてくれる…かな?


また赤坂のライブのMCによると、
小室さんが5/2に「オーラの泉」に出演するそうです
なんでこの人は、こういう怪しげな番組ばっか出るかな…


あと川内康範氏が4/6にお亡くなりになりました
TM前身のSPEEDWAY時代、
「Rockin' on the 月光仮面」で関わった人です
「0-4 Rockin' on the 月光仮面」
この人に思い入れのある方は、
TMファンにはほとんどいないと思いますが…(自分も)
ツアーで「Rockin' on the 月光仮面」をやってくれたら面白いですね
まあ本人たちにとってもあまりいい思い出ではないだろうから、
多分ないかな


そういえば、私は結局いけませんでしたが、
赤坂ライブのセットリストは、
基本的に3/28のライブと同じで、
日替わり曲は横浜BLITZと同じのようです
多分今後のツアーも同様でしょう


では本題に入ります
今回からしばらく、TM休止期の話になります


-------------------------
TM NETWORKが活動を休止する直前から、
ビデオ「Fanks the Live」シリーズのリリースが始まった
これらはいずれもビデオチャートで一位を獲得している
LDも同時発売されたが(「Fanks The Live 3」だけは


・1989/8/21「Fanks the Live 1 Fanks Cry-Max June 24th, 1987」
・1989/9/21「Fanks the Live 2 Kiss Japan Dancing Dyna-Mix March 15th, 1988」
・1989/11/10「Fanks the Live 3 Camp Fanks!! '89 August 29th, 1989」


なお「Fanks the Live 3」は、
10/21発売の予定だったが、延期された
つまり本来は各ビデオは一ヶ月間隔で、
21日にリリースされることになっていた
7/21リリースの「Dive Into Your Body」も入れれば、
四ヶ月連続21日リリースの予定だった


これら3本のビデオは、
1987~89年における代表的ライブを収めたものである
1986年の「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」以来、
長く商品化されていなかったライブ映像が、
ここで一気に放出された


シリーズ物ということで、
ジャケットも同様のデザインで、
スーツ姿の小室・ウツ・木根が並んでいる


「Fanks the Live 1」は青の背景で、
手前からウツ(右向き)、小室(正面)、木根(斜め左前向き)、
「Fanks the Live 2」は緑の背景で、
手前から小室(右向き)、木根(正面)、ウツ(斜め左前向き)、
「Fanks the Live 3」は赤の背景で、
手前から木根(右向き)、ウツ(正面)、小室(斜め左前向き)、
となっている


これらに収録されるライブについてはすでに触れたので、
「2-24 Fanks Cry-Max」「2-32 Kiss Japan Dancing Dyna-Mix」「3-21 Camp Fanks!! '89①」「3-22 Camp Fanks!! '89②」
そちらをご参照いただくとして、
ここではこれらビデオの編集方針について触れておきたい


まず「Fanks the Live 1」だが、
これはかなり不満の多いビデオといえる
とにかく収録曲数・時間が短い
時間は40分程度で、
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」よりも短い


完全収録曲は6曲のみで、
初期作品の「Vision Festival」収録のライブ映像数と変わらない
「Vision Festival」はこれに加えてPV3曲を収録する)
しかも「Get Wild」「Maria Club」「Self Control」は、
1987/11/11「TM NETWORK in HUMAN SYSTEM」で、
すでにTV放送されたものだから、
新たにファンに提供された映像は、
「Don't Let Me Cry」「イパネマ '84」「Fool on the Planet」
の3曲のみということになる
いくらなんでもケチり過ぎだろう


ただしこのライブの必見映像である「Get Wild」「Self Control」「Fool on the Planet」はばっちり収録されており、
またこのライブでの最大のレア曲「イパネマ '84」を収録した点は、
最低限の部分をよく見極めているとは言えるだろう
なおこの時はウツの声の調子が悪く、
終盤の「Self Control」は商品化に当たって補正されているらしい


「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」に収録済みのFANKS定番曲は収録せず、
大部分が「Self Control」期の曲(「Get Wild」含む)となっている
「Self Control」期の曲で未収録なのは、
「Fighting」「Spanish Blue」の2曲である
この2曲は現在までTMライブの映像が存在しない


一部だけ収録されている曲としては、
「Electric Prophet」「Dragon The Festival」がある
前者はライブでは「Self Control」「Fool on the Planet」の間に入るが、
「Self Control」のアウトロにつながるイントロが入った後、
歌の部分は大幅にカットされ、
最後のサビの繰り返し部分だけが収録される
これは「Fool on the Planet」の直前の部分として収録されたものである


「Dragon The Festival」はビデオのエンディングで、
音は「Dragon The Festival」だが、
映像はライブのダイジェスト映像である
「Dragon The Festival」「Nervous」「Rainbow Rainbow」など)
最後には「Kiss Japan Dancing Dyna-Mix」「Kiss You」をバックに、
「Fanks the Live 2」の宣伝が入って幕である


「Fanks the Live 2」は50分程度あり、
「Fanks the Live 1」に比べればいくらかマシに見える
しかしこれには、
ライブ本番でも流れたオープニングとエンディングの映像も含まれ、
それぞれ各3分程度あるから、
ライブそのものの収録時間は、
実は「Fanks the Live 1」とほとんど変わらない
さらに事実上インストの「Children of the New Century」が含まれ、
これが9分くらいあるから、
歌入りの曲が見られるのは30分程度である


完全収録は「Be Together」「Resistance」「Kiss You」「Telephone Line」「Time Passed Me By」「Children of the New Century」「Human System」の7曲で、
やはり新曲である「humansystem」期の曲がメインとなっている
「Kiss You」の映像はこれ以前、
1988/9/26「eZ」で放送されたことがある
「humansystem」期の曲で外されたのは「Beyond The Time」のみで、
人気曲であるこの曲が収録されていないのは意外である


最後にはライブのダイジェスト映像とともに「You Can Dance」が流れる
FANKS期の木根のパフォーマンス(竹馬)が見られる貴重な映像である
「Dragon The Festival」の映像も入っているっぽい)


さらに「Fanks the Live 3」の宣伝として、
「Just One Victory」のPVが流れて幕である
ここがライブ映像ではないのは、
「Fanks the Live 3」の編集が遅れていたためだろうか


上記2本が当時の新曲を中心に、
曲数を限定して構成されていたのに対し、
「Fanks the Live 3」は、
新曲である第一部の「CAROL」曲はほとんど収録せず、
第二部のほとんど全曲をダイジェストで収録している
「Give You A Beat」「Passenger」「Confession」以外)
両者の編集方針はまったく逆と言って良い
収録時間は長く、約1時間となっている


第一部で収録されたのは「In The Forest (inst.)」「Just One Victory」のみで、
あとはすべて第二部となっている
「CAROL」的要素はほとんどなく、「Dress」のビデオと言った方が実態に近い
「CAROL」はTM最大のヒットアルバムだが、
その楽曲をメインにしたビデオは、
実に2004年「CAROL The Live」まで存在しなかったことになる


完全収録およびほぼ完全収録は、
「In The Forest (inst.)」「Come On Everybody」「Be Together」「Come on Let's Dance」「Get Wild '89」「Dive Into Your Body」の6曲およびエンディングテーマで、
これに「Just One Victory」「Nervous」「Don't Let Me Cry」「Kiss You」「Rainbow Rainbow」のダイジェスト映像が加わる


現在では「CAROL the Live」「CAROL Deluxe Edition」があれば、
このビデオはそれほど必要性はないかもしれないが、
これら2本は8/30の公演を収録しているのに対し、
「Fanks the Live 3」は8/29の公演を収録している
また「Fanks the Live 3」の方が商品化を前提にして撮影されたもののため、
映像・音質は良質のものとなっている


ただし「Fanks The Live 3」については、
実際には8/29の映像は一部である可能性が高い
「TM NETWORK重箱のスミ!」のポコ太氏による執念の考証によれば
実際には東京ベイNKホール公演(8/25か26)および、
横浜アリーナ公演8/30の映像(「CAROL The Live」とは別カメラ)も用いられており、
むしろ中心となっているのはベイNKホール公演のようである
(ポコ太氏は映像フィルムに何らかの事故があった可能性を推測している)
また音源についても、演奏は8/29のものを用いているが、
ボーカルは映像に合わせて東京ベイNKホールのものに差し替えられているらしい


以上、3本のビデオの内容を見てきた
この時代のライブビデオの常なのだが、
楽曲の選択や編集が加わり、
内容を知ることが出来るのはライブのごく一部に過ぎない
むしろ先行する「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」の方が、
ビデオとしては満足行く作りである
なおリニューアル後の「Rhythm Red Tour」以降は、
ライブのかなりの部分が映像商品化されるようになる


「Fanks the Live」シリーズはこのように、
商品としては不満の多いものであるが、
もっとも人気があった時期のものということもあり、
ファンの間ではもっとも需要の高いライブ映像である
そのため2004年の20周年時には、
2004/5/19に「Fanks the Live」シリーズがDVD化された
既DVD化のビデオ(「final live LAST GROOVE」「Decade」)を除き、
他のビデオがDVD化するのは翌年のことである


ちなみにビデオ発売当時、
「Fanks the Live」シリーズ3本をすべて購入し、
付属の応募券を送ると、
抽選で「Fanks the Live 4(for) Fanks」というビデオがプレゼントされた


これは「Fanks Cry-Max」「Kiss Japan Dancing Dyna-Mix」「Camp Fanks!! '89」から、
「Fanks the Live 1~3」に収録されなかった曲を一曲ずつ収録したものである
ジャケットはタイトルのロゴとメンバー3人の顔写真が小さく入った、
シンプルなものである
DVD化もされておらず、貴重なコレクターズアイテムである





一曲目は「Fanks Cry-Max」「Nervous」
ステージ上のメンバー・サポートと会場の観客が、
一緒になって「Nervous」ダンスをしている様子は圧巻である
アウトロがカットされているのは残念である


次いで「Kiss Japan Dancing Dyna-Mix」から「All-Right All-Night」
シングル曲であるにも関わらず、この曲の初のライブ映像である
最後に少し歌詞を間違えたため、
「Fanks the Live 2」に収録されなかったものだろうか
普通にかっこいい衣装のウツが見られる
「Fanks the Live 2」では、
この衣装は「Human System」でしか見ることができない


最後は「Camp Fanks!! '89」から「Confession」
「Fanks the Live 3」から削られた数少ない曲だが、
ポコ太氏が指摘しているように
これは1989/8/30「Closed Circuit」の映像(「CAROL the Live」と同じ)で、
本来商品化の予定がなかったもののため、
画質が「Fanks The Live 3」よりも荒い
なおアウトロでは、ライブ終了後にTMが衛星中継でファンにメッセージを送ったところの映像が加わっている


(2008/4/13執筆 2008/12/25・2014/3/19加筆)

FANKS the LIVE 1 FANKS CRY-MAX [DVD]
エピックレコードジャパン
2004-05-19
TM NETWORK
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

QRコード