EXPO Folk Pavilion 2011

随分前のことになりますが(前回更新の直後にアップされたので)、
小室さんのオフィシャルサイトに、
先日のDOMMUNEライブについてのコメントが出ています


小室さんにとっても大きな経験だったようで、
ライブで体重が2kg減ったということです
詳しくはリンク先を見ていただければと思いますが、

何より、シンセサイザーというか、エレクトロというか、あの音と映像に
2時間興味を持ってくれる人が明確な数字となって分かった事が、シンセサイザーを
触りだして30年以上になるが、奏者として嬉しかった。

1度やればもう充分という気持ちと、今後こういった形を基本にやっていきたいなあ
という気持ち。たくさんの方が小室はシンセを弾いているのが一番馴染むと呟いて
くれていた言葉を2週間たった今でも、毎日、考えている。

という発言などを見るに、
今後の活動にもなんらかの影響が出るかもしれませんね


また7/2・3、ウツ・木根さん・浅倉さんの「EXPO Folk Pavilion 2011」が、
渋谷Music Duo Exchangeで開催されました
そのうち7/3の公演はニコニコ動画で生放送され、
日刊スポーツでは簡単なレポートが掲載されています
なおニコニコ動画の放送は終わっていますが、
有料会員の方は7/31まで閲覧が可能です


このライブのチケット、倍率高かったみたいですね
まあ木根ソロライブ用の会場ですからねえ
ただ幸運にも7/3は、私も参戦してきました
ニコ生にも映っていたのかな…?


ウツは2年前の公演で、
普段弾かないギターを弾き続けて指が大変なことになったので、
今回はギターとして松尾和博さんがサポートに入り、
ウツのギター演奏は一部だけになりました
松尾さんは今度のウツソロツアー「Tour Timesmile」にも参加するそうです


内容はあまり特筆すべきことはなく、
だいたい過去5回「EXPO Folk Pavilion -Revival-」で演奏された曲でした
(7/2も演奏曲は同じらしいです)


初めてやったのは、
「岬めぐり」(山本コータロー)、「妹」(かぐや姫)、「白い色は恋人の色」(ベティ&クリス)、「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)、「落陽」(吉田拓郎)の5曲と、
ゲストコーナーの沢田研二メドレーでした


TM曲は従来5曲演奏されていたのが、
今回は本編ラストとアンコールの合計3曲のみで、
「Another Meeting」「月の河」「Fantastic Vision」です


すでにやることはだいたい尽きている印象ですが、
あいかわらずウツの歌はよく伸びていました
今回はあくまでも復興支援のための小規模なチャリティイベントですし、
今回のライブとしての意味は、
ニコ生で広くこのイベントの様子を伝えられた点に求めるべきでしょう
あとフォークでは割と普通の光景ですが、
「あの素晴らしい愛をもう一度」では、ウツが会場にも合唱を求めていました


スペシャルゲストはU_Waveでウツと共演している野村義男さんでした
正直、アイドル時代とその後しばらくの野村さんしか知らなかった私としては、
かなり衝撃的な巨大化ぶりでした


トークは盛り上げようと努力して下さっていたようですが、
正直ウザ普通に歌って下さるだけで良かったかと思います
曲は「あずさ2号」、沢田研二メドレー、「時の過ぎゆくままに」(これも沢田研二ですが)でしたが、
なかなか良かったと思います


あと7/3だけだったようですが、震災復興イベントということで、
福島で被災したミュージシャン二人組みがアンコールで演奏しました
門馬よし彦さんと七宮史浩さんという方だそうで、震災以来全国40箇所を回っているそうです
「願い」「ありがとう」という曲を演奏しました
今回のイベントの収益は、被災した福島の小学校の楽器購入費用として使われるそうで、
その寄附品の目録が木根さんから二人に渡されていました


以上がライブの簡単な報告ですが、
ライブ中に各メンバーのソロ活動の告知が行なわれまして、
ウツの新曲「Cross」が7/27、
アニメ番組「ユルアニ?」コンピアルバム中の一曲として商品化されるそうです
その後9/21にはシングルとしてもリリースされるとのこと


今回は簡単なレポートになってしまいましたが、これくらいで
最後に今回のセットリストを掲載しておきます
来週は通常更新を行う予定です

「EXPO Folk Pavilion 2011」セットリスト 2011.07.03 渋谷Music Duo Exchange>

01.たどり着いたらいつも雨ふり
02.冬の稲妻
(浅倉登場)
03.岬めぐり
04.今日まで、そして明日から
「Tour TMN EXPO」フォークパビリオンのユニット名と演奏曲一覧を映写してトーク)
05.最後のニュース
06.妹
(MC、木根・浅倉の告知)
07.白い色は恋人の色
08.飾iりじゃないのよ涙は
09.サボテンの花
(ウツ告知、ニコ生の様子を会場に映写)
10.異邦人
11.落陽
(野村義男登場)
12.あずさ2号
13.沢田研二メドレー(危険な二人・TOKIO・勝手にしやがれ)
14.時の過ぎ行くままに
(野村退場)
15.あの素晴らしい愛をもう一度
16.見上げてごらん夜の星を
17.Another Meeting
(メンバー退場後、ウツ・木根再登場、門馬・七宮を紹介)
Enc.1 願い
Enc.2 ありがとう
(門馬・七宮退場後、ウツ・木根・浅倉登場)
Enc.3 月の河
(野村とピエロのエディ登場)
Enc.4 Fantastic Vision

ユルアニ?コンピレーションCD
キングレコード
2011-07-27
アニメ主題歌
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユルアニ?コンピレーションCD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

通りすがり
2011年07月06日 19:00
正直、あなたみたいな人がもっともウザイですね。
TMNしか知らない人が野村さんの事を言える状態には無いでしょ?
ただ来て唄うだけなら誰でもいいんじゃないんですか?
なぜゲストに誰が呼んだのか、理解した上でレポしてください。アーチストへの冒涜です。
しかもトークは盛り上げようと努力していませんよ。
彼の昨今のステージを見た事無いかのにその書き方はいかがですかね?
片寄った見方も有るかとは思いますが、素直に楽しんで見た人達へ失礼きわまりないレポですよ。
TMNオタの片寄った見方しかできないあなたへ
tat
2011年07月07日 13:29

言いすぎ。冗談っぽくうざいと書いてるだけだと。
言葉を返すと、素直に楽しんこのサイトを見てい
る方へ失礼きわまりないコメントですよっと。
通りすがり2
2011年07月07日 17:40
そう思ったからそう書いたんだとおもうんだ。
来たゲストは全て褒め称えないとだめなの?
ステージを見てこの人はそう感じたからそう
書いたんだと思うよ。

>TMNオタの片寄った見方しかできないあなたへ
むしろ片寄った見方をしてるのはあなただとおも
いますよ。
通りすがり3
2011年07月08日 01:45
だから、ウザいんだって。
余計な事書かなきゃいいのに
青い惑星の愚か者
2011年07月09日 13:02
書いてしばらくそのままにしておいたら、色々とご意見が寄せられたようなので、お答えにきました

本ブログの臨時のライブレポは、事実を列挙する通常記事と異なり、ライブの感想みたいなスタンスで書いています
なので書かれているのは、あくまでも参加した一人物としてその場で感じた感想だと思ってください
もちろんミュージシャンにはいろんなバックグラウンドがあるんでしょうが、観客にとってはその場で感じたことがすべてですし、それはたとえば借金で苦しんでいた時代の小室さんについてもそうだと思います
申し訳ありませんが、ここはそういうところだと思ってください

そして、今回冗談めかして書いたことは、その場にいた私の感想です
トークの好き嫌いに関する限り、私には合わなかったということです
ただし好き嫌いはあくまでも主観的な問題で、この記事も私という一個人の感想以上のものではない以上、私も野村さんの話術を否定しているわけではないですし、何よりも記事で明記している通り、もっとも大事な演奏では良いものを聞かせてもらいました
むしろ「ただ来て唄うだけなら誰でもいい」という点は、私はまったく逆の意見で、この点では野村さんを肯定的に評価しています(ベース演奏も)
青い惑星の愚か者
2011年07月09日 13:02
上の続きです

言い訳がましくてあれなんですが、今回は私がTMNファンだから野村さんを邪魔みたいに書いているわけではないです
どちらかというと、昔書いたSPIN OFF from TM 2007やSPEEDWAY TOURの感想の方がよほど辛辣ですし(TMMファンから批判されるのを覚悟で書きました)、最近では小室さんや木根さんやaccessの記事の方が(貶めるために書いているわけではないですが)、ファンにとってはるかに腹の立つことを書いています
それと比べれば、むしろ他の活動を存じ上げない野村さんについては、まだ遠慮気味に書いています

そう言われても好きなミュージシャンに関する否定的な言辞を見れば腹は立つと思いますが、かといって万人が納得する八方美人的な記事ばかりというのも、書きたい気持ちが起きません
メディアの発信や関係者の公式発表とは違うスタンスで書くことにこそ、金をもらって書かない個人サイトの意味があると思っています
もしも個人の感想が不要ならば、公式サイト・ブログやミュージシャン自身のTwitterなどから、情報は十分に得られると思います

以上、おそらく納得のいくものではないと思いますが、一応の回答とさせていただきます
通りすがり 4
2011年07月09日 23:57
あとから弁解も出来ない事を、思いのまま無責任に書かない方がいいかと思いました。
単なるライブの感想かもしれませんが、どれだけの人が見て、どんな思いをするか、考えた上で文字にしたほうがいいと思いますよ。
実際、小室サンはまだ借金に苦しんでいるから、avexが売れてるアーチストに曲を書かせて、借金回収してる訳でしょ?ただの貧乏ミュージシャンでしょ?
売れないアーチストに曲を書いてこそ、音楽で戦ってる感じがするハズなのですが、名曲も出来ないようなので、やはり借金回収が先の様で。
いかがです?この様に書かれてTMNのファンとしては良い思いしませんよね?
同じ様な事が書いてあるのですよ。このブログは。
青い惑星の愚か者
2011年07月10日 01:43
私はTM NETWORKが好きですが、嫌いな方や興味のない方もいるでしょう
借金問題とかは事実としてありますしね

でも私はそのことが書かれたこと自体は不愉快には思いません
私はTMを人に評価してもらいたいんじゃなくて、私が聞きたいだけなので、嫌いな人は嫌っても気にしませんし(至極あたりまえですが)、批判したい方はすれば良いのではないでしょうか
というか、私もこのサイトでメンバーの個々の活動について、ダメと思ったやつは結構ひどくダメだししています

通りすがりさんとは好みが違うようですが、その点は別に弁解する気はないです
私にとって、野村さんのトークは面白くなかったですし、演奏は良かったです
それ以上の感想はありません

私は、いろんな感想があるからこそ人の意見を見聞きすることに意味があると思います
私の感想と通りすがりさんの感想は違ったようです
それだけのことかと思います
なりこ
2011年07月10日 21:06
いつもブログ楽しく拝見させていただいています。
言葉・文章に愛情があるか、中傷の意図があるか、感じたことを率直に綴っているのか、分かる人には分かると思います。
「いろんな感想があるからこそ人の意見を見聞きすることに意味があると思う」私もこの考え方に賛成です。
私はフォークパビリオンすごく良かったと思いましたし、個々の活動も応援しています。
でも一番の願いはTMの復活なので、個々を応援しつつも3人が揃うのを心待ちにしています。
青い星の愚か者さんのブログを通じて、TMの3人や関係者の方にファンの想いが伝わると良いなと思います。
これからも更新よろしくお願いします!
青い惑星の愚か者
2011年07月14日 00:20
応援のお言葉、ありがとうございます
そうですね 私も3人がまた集まるのを期待しています
もうやればできる状態にはなったと思うので、あとはきっかけだけだと思うのですが…
憶測に過ぎませんが、多分話題性のある材料を見出すまで、TMは寝かせておくつもりなのではないでしょうか
Dad
2011年07月17日 22:42
もはや、所属事務所も違うから、3人ではやらないでしょ。
TKの金銭的解決策の為に無理矢理な新曲でも作るかもしれないですけどね。
あとの2人が納得するか?
青い惑星の愚か者
2011年07月20日 22:49
最近本編で書いているんですが、1992年から小室さんとウツ・木根さんの事務所は事実上別になっていましたし、1999年の再結成後も3人全員が同じ事務所になったことはないので、事務所問題はまったく関係ないです
どちらかというと問題はレーベルでしょう

少なくとも木根さんは、ことあるごとにTM再開の意志があることを(ファンサービスとは言え)ほのめかしていますし、たぶん2007年と同様に小室さん待ちなんだと思います
実現するかどうかはなんともいえないですけどね

この記事へのトラックバック

QRコード