5-21 TMN Groove Gear ①

2012/3/12~14、「坂本美雨Dear Friends」で、
TM NETWORKの3人が出演しました
そして…ついにかかりました 新曲が!!


この新曲、3/7に小室さん・ウツ・木根さんそれぞれのサイトで情報が公開されました
初のavexからのリリースです
とりあえず小室さんのオフィシャルサイトより

TM NETWORK、5年振りとなる新曲リリース!!
2012年3月20日、幕張メッセでのイベント『ALL THAT LOVE』(米米CLUB、TM NETWORK、PRINCESS PRINNCESS)
出演に続き、4月24日,25日には日本武道館でのワンマンライブ「Incubation Period」も決定。
長らく待たれていた小室哲哉・宇都宮隆・木根尚登、メンバー3人揃っての姿を見せるTM NETWORK。
日本武道館公演当日となる4月25日、新曲2曲を収録したシングル発売!!

I am (読み:アイアム)
発売日:2012年4月25日(水)

アーティスト名:TM NETWORK
品番 AVCD-48427
価格 \1,050

収録予定内容:
01. I am [作詞作曲:小室哲哉]
02. タイトル未定 [作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉]
03. I am (Instrumental)
04. タイトル未定 (Instrumental)


今回のラジオでは、この中で「I am」だけがかかりました
まだ一部しか放送されていないので、全貌は分かりませんが、
聞いた限りではなかなか良い曲です
ミディアムテンポで単純なメロディで構成されていて、私の好きな展開です



最近の曲では、あえて言えば「Action」みたいな雰囲気で、
(冒頭やサビで小室さんのボーカルが目立つところも)
あまり刺激的でアグレッシブな印象は受けず、無難な感じもしますが、
サビ前の転調のところなど、小室さんっぽさも出ていますし、
アレンジ次第でライブでは映えるかもしれません
復活第一弾シングルとしては、かなり良い線いっているのではないでしょうか


ただし今回ラジオでかかった音源は、
「Dear Friends Mix」(美雨さんいわく「勝手に」)とのことで、
完成前の仮音源だそうです
リリースされる音源は、これとは別ミックスになると思われます
となると、実はこのラジオ音源、結構貴重かも…?


「I am」のサビのフレーズは、
Yes I am, Yes I am, Yes I am Human.
No I can't, No I can't, I can't lose the moments

というものでした
「I am Human」「can't lose the moments」って、
少し前に小室さんがTwitterで公開していた、
今回のコンセプトを表現した絵にあったフレーズですよね
この曲の歌詞だったんですね


歌詞は2002年「Castle in the Clouds」以来の前向きな内容です
全貌はまだ分からないですが、放送された分の中では、
ほんの少しだけの遅れは 急いですぐ戻ってくればいい
群れにつどうその瞬間は 明日はともかく皆喜ぶ

という部分なんて、
音楽活動再開後の小室さんの心情をそのまま表現している感じです
自分の心情が素直に出てくる当たり、
やはり小室さんは職業作家ではなくアーティストなんだろうと思います


ちなみに「I am」の歌詞の仮バージョン、
小室さんのTwitterで公開されています(画像1画像2


さらに木根さんのブログによれば、
3/5~7にTMの新曲がレコーディングされたそうです
多分2月末頃に仮歌がレコーディングされたシングル2曲目のことでしょう
どんな曲になるんでしょうね


ちなみに美雨さん、TK時代のファンなんだろうと思ったら、
なんと7歳(1987~88年)以来のファンだったそうです
こいつはすごい、心の芯からのFANKSですね…
ソロライブで「永遠と名づけてデイドリーム」をやるだけのことはあります


小室さんは「Incubation Period」についても、
少し語ってくれました
今まではずっと潜伏して、リサーチやマーケティングをしているという設定だそうです
TMはフィクションを楽しむというコンセプトを典型的に実行しており、
今回もあえてフィクションを楽しみたいといっていました
Google+で書いていたことにも通じる発言です


さらに具体的な発言もありました
以下に引用します
美雨「これから、どういうふうにしていこうというお話しされてるんですか?」
小室「まずは、とりあえず武道館とかで、さっきも言ってたけど、フィクションであるということで、でもまあ、実際はノンフィクションなので、熱さですかね、まあ、どのくらいな感じなのかっていうのが、お客さんの熱さ、雰囲気を知ることでしょうね、まずね」
美雨「それはもう、熱いと思います、はい」
小室「それにあの、さらに前に進む熱さなのか、懐かしむ熱さなのか、そういったいろんな熱さがあるんで」
美雨「なるほど」
小室「同窓会になってはいけないんで、ぼくたちの場合は。フィクションですから。あの、思い出作りじゃないのでね」
美雨「でも、思い出作りの感じで、武道館に足を運ぶ人は、少ないんじゃないかなと」
小室「だと、嬉しいですね。そうすると、そういうのが分かってくれてるってことだし」
美雨「次に向けて、ドキドキしながら行くと思いますけど。でもさっきお話うかがった限りでは、ちょっと貪欲なことをまた聞いてしまうと、2014年、30周年に向けてまた何かあるって、期待してもいいんでしょうか」
小室「それはもうあの、戻ってきているだけなんでね」
美雨「はい」


以上の発言を見るに、
「Incubation Period」では会場の反応を見たいということのようです
今回の活動はこれで終わりでしょうが、
来年の本格的な活動再開に備えての準備という感じでしょうか


小室さんの欲求としては、昔を懐かしむだけのライブではなく、
何か新しいことをやってみたいという意気込みのようです
2005~08年頃の発言やライブを思うと、大変前向きな発言です
何やるつもりか分からないけど、今度こそ何かやってよ!


きっと去年のDOMMUNEライブの反響で、
懐メロじゃない何かをやってみたくなったんでしょうね
意気込みについては、再結成後一番期待できそうな気がします
このブログを始めて以来、一番楽しみです


しかしまずはその前に、
記念すべきTM再始動ライブ「All That Love」が、
もう一週間後に迫ってきました
きっと最後に「I am」もやるんでしょう
つうかやって下さい!
私も参戦して参ります
所用もあるので、即日レポートが可能かは分かりませんが、
次回更新では、できるだけ早く報告しようと思います


また「Incubation Period」の特典付きチケット、
25日分当選しました!
ライブも特典も楽しみです
基本的に特典付きチケットの申し込みは、かなりの確率で当選したようですね
まあ主催者側も、特典付きを多く売った方がもうかりますからね


落選した方や申し込み忘れた方、
3/20までローソンで特典チケットの第2次先行やっています
またぴあでは7800円の一般チケットの先行予約がすでに始まっており、
e+では3/16から一般チケットの先行予約が始まります
たぶん今回は会場も大きいし、
倍率そんなに厳しくないと思います(違ったらごめんなさい)


では本題に入ります
今回からは「終了」後の後始末の話になります

----------------------------
TMNが「TMN 4001 Days Groove」をやりとげ、
「終了」を迎えた1994/5/19の1週間後、
5/26にBOX「TMN Groove Gear 1984-1994」が発売された


本商品は予約者のみを対象とした限定生産で、
値段は1万円という高額なものだった
内容もライトユーザー向けではなく、
Tシャツ・メダルやライブ音源・デモ音源など、
かなりのヘビーファン向けの内容である


だがそれにもかかわらず、
「Groove Gear」は6月1週目のチャートで4.8万枚を売り、
4位にランクインした
商品の性格上、1週目で総売上の大部分を占めているが、
その後も売上は微増し、5.4万枚を記録した
制作費がほとんど掛かっていないと推測される上に、
無駄のない予約販売で、かつ高額なこの商品によって、
Epic/Sonyはオリジナルアルバム十数万枚分の利益は上げただろう


もっとも本品は当時CD店で一般販売もされていた
店舗で後から売れることを見込んで、
多めに注文しておくケースも多かったのだろう
trfのブレイクも将来のプレミア化を期待させる要因となっただろう


同時期に本品を入手できなかった後発ファンには、
本作の在庫を探す者もいたようである
TKブーム期には中古品の価格が暴騰し、
数万円から10万を越える場合もあったという
ただしTKバブルがはじけた21世紀には、
本品は定価以下で取引されるようになった


また後述するように、
封入されるCDは2004年のCD BOXにリマスター版が収録され、
ライブビデオは2005年にDVD化されている
そのため現在では、本品はコレクターズアイテムという以上の価値はない
2012年の時点では、amazonで中古品が数千円で販売されている


なお本品は5/26のリリースだが、
チャート集計日を考えると業界的には、
リリース日を5/25にするのが妥当だったはずである
実際にこの週のアルバムチャート上位5枚は、
「Groove Gear」以外すべて5/25リリースである


予約販売なのであまり意識されなかったのかもしれないが、
5/25にaccessの3rdアルバム「Delicate Planet」リリースが控えていたため、
あえてずらしたのかもしれない
この週に「Delicate Planet」は15.9万枚を売り、
圧倒的な数字で史上唯一のチャート1位を獲得している
(2位のStardust Revueは6万枚)


ただし「Delicate Planet」は、
再結成前accessの最後のオリジナルアルバムとなった
以後accessは3作のシングルをリリースした後「沈黙」を宣言する
この前後はTMN「終了」の決着の時期であるとともに、
access「沈黙」の始まりの時期でもあったわけである


さて、「Groove Gear」の内容を見よう
本品には「TMN Groove Gear 1」「TMN Groove Gear 2」「TMN Groove Gear 3」の3枚のCDと、
ライブビデオ「TMN EXPO Arena Final」
36ページのブックレット、
そしてTシャツ・キーホルダーが入っている


箱は厚紙で、なかなか重量感がある
CD2枚分並べて入れられる大きさとなっており、
後の20周年記念CD BOX「World Heritage」よりも立派である
(むしろ小さい方が収納に適しているという面もあるが)


箱には蓋が前と後に1つずつあり、片方が赤、片方が黒である
どちらも「TMN」「GROOVE」「GEAR」の字と、
その下に円三つを重ねた「終了」期のロゴが大きくプリントされている
このロゴはプラスチックなどで作られたものを写真撮影したものらしい
また箱側面には「TMN GROOVE GEAR」、
蓋上下には「1984-1994」と書かれている


赤い蓋を開けると、蓋の裏にはキーホルダーが納められており、
本体側にはCD3枚が黒のスポンジの中に収められている
黒い蓋を開けると、本体側にはビデオが収められ、
一緒にビニールに封入されたTシャツが入っている
他にブックレットもあるのだが、
どちら側に入っていたか記憶が曖昧である


この中でブックレットは、
1984年から94年まで各年のリリース作品の写真を、
当時のメンバーの写真とともに掲載したものである
表紙も箱と同様に、表が赤、裏が黒で、
「TMN」「GROOVE」「GEAR」「1984」「1994」
とプリントしてある


ブックレットの写真


Tシャツは全体が白地、真ん中が赤地で、
赤の部分の中には黒で「終了」のロゴがプリントされる
ロゴの中の3つの円には、それぞれ「T」「M」「N」の字が入り、
「Tetsuya Komuro」「Takashi Utsunomiya」「Naoto Kine」
というメンバー名も、ロゴの横に黒字で書かれている


キーホルダーは「終了」のロゴが刻まれたものである
ちなみに私は、
Tシャツとキーホルダーを袋・ケースから出したことがないので、
全体(裏側など)がどうなっているのかよく分からない


ライブビデオのパッケージは、
「TMN」「EXPO」「ARENA」の字の下に、
ライブ中の3人の写真が並んでいるというものである


このビデオは、商品自体に注記がある通り、
1992/4/12WOWOW生放送を編集したものである
2時間半のライブが一部削られ、2時間弱になっているが、
TMのライブの大部分が商品化された最初の例である
これ以前のライブはごく一部しか商品化されていないか、
編集が加えられてライブ通りの曲順で収録されていない


おそらく「EXPO Arena Final」のビデオは、
BOXが購入できなかったファンにとってもっとも需要が大きかった
TMはこれまでデビュー以来、
「Childhood’s End」期の「Dragon The Festival Tour」を除き、
「Rainbow Rainbow」期から「Rhythm Red」期まで、
7本のライブビデオをリリースしてきた
だが最後のツアーでかつ完成度も高かった「EXPO」期のライブは、
これまで2年間リリースされてこなかったのである


1994年、ついに「EXPO Arena」のライブ映像は待望のリリースを遂げたが、
それは単品ではなく限定版BOXとして販売された
そのためこの時に1万円のBOXを購入しなかった者は、
正規ルートでの入手が困難となった


もちろん生放送を録画していればライブの様子は分かるのだが、
当時WOWOWを見ることができた人は限られたし、
BOXを買えなかった人の多くは「終了」後のファンだろうから、
生放送を録画する機会などなかっただろう


「EXPO Arena Final」は後に2005/3/9にDVD化されたが、
このことは後発のファンから歓迎された
同時リリースされた7枚のDVD中でもっとも売れ、
当時のDVDチャートでは週間9位にランクインしている


ちなみにこのビデオを生放送映像と見比べると、
小室ソロ曲「永遠と名づけてデイドリーム」とメタルパビリオン全曲、
「Train Kept A Rollin’」「Kickstart My Heart」「Paradise City」
そしてフォークパビリオンの「Rainbow Rainbow」が削られている


個人的には、「Rainbow Rainbow」フォークバージョンはなかなか良いので、
是非入れて欲しかった
むしろ、なぜフォーク3曲中2曲だけ入れて、
1曲だけ抜かすのかよく分からない


映像のアングルには、生放送と変わっているところがある
またWOWOW版で多く挿入されたイメージ映像はほぼなく、
その分ライブの様子がよりよく分かるようになっている
この点は喜ぶべきであろう
イメージ映像の多くを占めていた小室と渡辺美佐のラブシーンが、
小室と渡辺の破局で使えなくなったこともあると思われる
ただしメタルパビリオンで使われたイメージ映像は、
ビデオでは「Crazy For You Ⅱ」で再利用されている


「Groove Gear」には、他にCD3枚も収録されている
これらについては、次回触れることにしたい


GROOVE GEAR 1984~1994
エピックレコードジャパン
1994-05-26
TMN
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GROOVE GEAR 1984~1994 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 54

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

shuu
2012年03月16日 18:09
いつもありがとうございます。
新曲聴きました。何年も待ったひいき目があるかもしれませんが、自分はかなり気に入っています。明るく爽やかで力強い曲と詞に励まされます。
ACTIONもそうですが、RAINBOW RAINBOWやhumansystem、カモエビなどにも似ている部分があるように感じました。でも決して使いまわしではなく、TMの大切な要素を紡いだというイメージです。
TMでしか作り出せない、28年の年月が生んだ曲なんだな、と。
歌詞の単語にhumanやgiftがあるのもTMの歴史と関連しているのでしょうか。
ウツのボーカルも際立ってます。特に「I am a human」のところなど印象的です。ウツはもちろんのこと熟慮されてボーカルが活きる言葉をはめ込んだ小室さんもさすがです。
現在のこの意欲を保って活動し続けてくれることを願っています。
とりあえず20日、皆さん楽しみましょう!
kuri566
2012年03月16日 21:17
おくればせながらニコ動で新曲チェックしました。けっこう好意的なカキコが多かったですね。スリムになったらしいウツの声が際だって澄んでいて、年齢を感じさせませんね。すばらしいです。これで仮アレンジというんですから、完パケが楽しみです。

今回、3/20ではヒット曲構成でしょうが、武道館ではACTIONをやってほしいですね。今回の再始動にぴったしの内容だと思うんです。「涙さえ枯れきった君への思いをカタチに」あたり、あの時せつない思いをした我々へのメッセージとして、ぶつけてきてほしいですね。

今回、どんなフィクションを練っているのか楽しみですね。MTRの時も「同窓会にはしない!」と、かなりとんがったライブを目指していたと思いますが、あれは必ずしも成功だったとは思えません。私的には満足でしたが、同伴してくれた知人はポカンとしてましたので。20周年の武道館もよかったのですが、今回はその上を行ってくれるのか、楽しみ半分、ドキドキ半分です。保証がないだけに・・・。

当たるときは当たるがはずすときは外すというあたりは、アントニオ猪木のカリスマ性にもにています。裏切られ、舞い上がり、また裏切られ・・・で、それでもよい時のイメージでのぼせ続けるのが猪木信者。今回の小室センセの本気度が「当たり」であることを期待しています。
fe
2012年03月16日 21:58
こんばんは。

新曲を聞いてみましたが、
枯れ・衰え・保守とは全く無縁であることが
証明されていました。
既に皆様が仰る通り、若さ・爽やかさ・軽快さに
満ち溢れています。

ラジオ音源の時点でまだ試作段階とは、
まるで映画のパイロットのようです。
その例えが通用するとすれば、
シングルが予告編or本編、
アルバム収録時には完全版と言わんがの如く
さらにMIXが変わっているかもしれませんね。

「GROOVE GEAR」懐かしいです。
2004年でのCD BOXを視聴した際、
ライブ音源での変わりように愕然とし、
正に「続きを聞きたい!」と思わせるに
ふさわしいワクワク感がありました。
青い惑星の愚か者
2012年03月17日 01:04
>shuuさん
曲の系統はResitanceにも近いですかね
サビとAメロが同じところもResitanceです
ウツの歌も良いですよね
あと木根さん?のハーモニカも入っている?
今回は3人も息が合っている気がしています
この一曲だけでは何ともいえませんが、いずれ出るであろうアルバムではどんな世界を見せてくれるかが楽しみです

>kuri566さん
イノキの喩えは、ちょっと面白かったです(笑
I am完成版、どんな風になるんでしょうね
武道館は、定番曲に限らずやって欲しいですよね
コンセプト的にはACTIONもですが、MESSaGEとかIgnition,Sequence,Startとかも合っていると思います
MTRの曲ってほとんど10年以上やっていませんしね

>feさん
なんか今回は、今までつき物だった不安感がないですよね
それが曲にも現れているんじゃないでしょうか
Groove Gearは、TMN最後の置き土産というべき商品でしたが、後追いファンには当時聞きたかったと思わせるものだったでしょうね
CD版は次回の通常更新(再来週)で触れますね
まさ
2012年03月18日 07:28
こんにちは。僕もラジオ聴きました。
とても好きな曲になりました。でも本オケというか
実際CDになったときにはどういったアレンジになっているのかそれも楽しみですね。
あとカップリングも楽しみです。

個人的になんですが、この新曲がどこからリリースなのかなとずっと考えていましたけど、やはりエイベックスからなんですね。それを聞いて真っ先に20YEARS AFTERという言葉が思い浮かびました。
ディスコアレンジの企画CDから早いものでもう20年なんですね。ライブのほう当選されたようでお気をつけて楽しんできてください。レポのほうも楽しみにしております。
まさ
2012年03月18日 09:59
すみません。蛇足ながらGROOVEGEARの情報というか追加です。当初からこの商品は完全予約限定生産だと聞いたことがあるんですが、どうなんでしょうか。まず最初からイニシャル20万部を生産しておいたとも聞いたこともあります。それがあって売れ残った商品が店頭に残った感があるのは否めませんが。どっちつかずの意見になってすみません。管理人さん、皆様が良い春を迎えられますように。
kuri566
2012年03月18日 18:52
>まささん
私は当時、貧乏学生でしたから1万円はさすがに手が出せず、予約しないまま当日を迎えました。ところがラッキーなことに親戚の結婚式に出席したところ、おじさまたちからお小遣いをいただいて、「よっしゃあ、グルギアを買いに!」とあらゆる店先にアタックしたのですが、現物は見あたらず、涙を流た口です。まあ、あっというまに中古屋に出回ってましたので、難なくゲットしましたが、1万5千円に化けてました。完全予約だったんでしたっけね。ということで、これから私、当時のチラシやら本の切り抜きを探しに物置を捜索して参ります。
まさ
2012年03月19日 09:57
kuri566さん、こんにちは。ありがとうございます。お手数かけてすみません。僕も当時学生でしたから手に入れたのはかなり後なんです。それからグルギアや終了後にまつわるスタッフとメンバーとの駆け引きというか確執というのも知ったのもこのブログのおかげでひとつに繋がりましたし。当然憶測に過ぎない部分もあるのでしょうけど。
メンバーは皆否定しないから小さなことでも尾ひれがついて大きくなっていくところがある。小室さんウツさん木根さんは本当によく黙っている堪えていると思います。もっと言いたいこともあるでしょうに、、。

管理人さん、貴重なスペースをお借りしました。すみません。
ボヤッキ
2012年03月20日 01:04
「ALL THAT LOVE」が うまくいきますように 3人の新たな門出が よいものとなりますようにと ライヴに行けない私 勝手に祈っております そしてライヴに行かれる方々にとってもよい時間でありますように
青い惑星の愚か者
2012年03月22日 03:17
>まささん・kuri566さん
そういえば、今年は小室さんとavexの出会いから20年なんですよね
ウツ・木根ソロ20周年でもありますし、当初意図していたTMデビュー後20年とは別の意味のブログタイトルにも見えてきました(自分のブログだけど)

グルギは本文中にも書いたように、予約者のみを対象とした限定生産品です
私は5万セット限定と聞いたことがありますが、オリコンの集計では5.4万セットを売っており、需要に応じて生産したものと思います
予約受付の結果として、だいたい5万セットになったということでしょう
20万セットは数が多過ぎなので、多分違うと思います(CLASSIXでも総売り上げ20万枚くらいです)

>ボヤッキさん
ALL THAT LOVE、行ってきました
その上での感想ですが、新しいTMは期待して良いと思っています!
本番の武道館、すばらしいライブになるものと信じています
智紗
2012年08月12日 19:47
グルギア、限定生産とか予約が必要なんて知らなくて、発売後、電話帳見ながら、CD屋さんに片っ端から電話してようやく手に入れたのを覚えています。高校生だった私が、なぜ10000円も出せたのは今でもわかりませんwよく金あったなー。
青い惑星の愚か者
2012年08月13日 02:15
注意していないと、限定生産とかって分かりませんよね
手に入ってよかったですね!
1994年のファンは、あの頃TMに莫大な金を吸い取られました(笑
智紗
2012年08月13日 21:31
お返事ありがとうございます。
はじめましてのご挨拶もなく失礼しました。今最初から読んでおります。
グルギア、大きなCDショップから電話したもののやっぱりなくて、地元の小さなお店で見つけましたね。
九州在住の高校生には、ライブはとても無理でしたから、代わりにどうしても欲しかったんでしょうね。
あの年はお金を持っている人ほど大変だったと思いますw
青い惑星の愚か者
2012年08月30日 04:46
即日回答、恐縮です
返答遅れてすみません…
探している掘り出し物って、意外と小さいところで見つかったりしますよね

地方の方が本気出しちゃったら、東京ドーム運賃+宿泊費・食費+ライブ参加費+グッズ購入費(九州なら早割りがない当時、新幹線利用で8万円くらい?)+Nights+黒赤青+DECADE+グルギ+ラスグルCD×2+ラスグルビデオ×2+ウツライブビデオ+ユンカースビデオ+TMN4001+木根本+徹貫本+みつ子本(以上8万くらい)=約16万円ですね
これにFC会費やTKプロデュースやaccessまで買ってたら…
ひとみ90210
2012年11月20日 22:35
蒼い惑星さん、そうですよ。Fanksやるのはお金がかかりますよね!18日はドーム前でダフ屋から買って、19日のは追加チケットをぴあから買って、新神戸から新幹線往復。Fanksでない友達しか周りにいなかったので、宿泊費私負担(大学の講義を休んでもらわないといけなかったし)。ラスグルビデオ、Decadeも、諦めかけてた所、弟がGetしてくれ、黒赤青、木根本、4001、よくバイト代で足りました。でも、Timemachineから会報誌をまとめたCafeが届いたときは嬉しかったです。情熱も金も燃えつくした!悔いがないようにしたかったからね。今年も、4月に何かやるだろうと英国から帰国しましたが、行けなかった!日程発表をもう少しはやくしてほしかった!2014年は絶対一人でも行くぞ、と思いますが、海外・地方、子持ちで参戦は大変です。TM教の信者としては行かないわけにはいきませんしね。(メッカへ行くノリ?)
青い惑星の愚か者
2012年11月27日 03:39
東京ドーム、チケットないのに神戸から遠征したんですか!
すごい根性でしたね
たしかにあれが最後だと思うと、多少の無理をしてでも参加したいとは思いましたけどね

武道館の予定発表は直前過ぎましたね
私もすでに仕事が入っていて、片方はいけないはずでした(なぜか行きましたが…)
2014年の4月には是非おいで下さいね
多分4月21日は、絶対何かやると思います
まさと
2013年03月15日 00:40
EXPO ARENAって、wowowとは別に、沖縄最終日をepicでビデオ収録してるんですよね。この映像を編集したのがコロシアム発売時、Love Trainの音源で放送されたのを一回だけですが、見ました。
もしかして、ライブビデオとしてリリースする計画があったのか、もしくは収録時点で、コロシアムを発売する事は決定事項で、そのプロモーションの為に収録したのか・・・実際どうなんでしょうね?
この当時の数年間、TMのツアーの最終日は、スタッフの遊びが許されたりというのがあって、基本の演出とかは守りつつ、でも自由に色々していたんですよね。このEXPO ARENAだと小室さんが、メタルパビリオンで付けていた長髪のカツラを最初から付けていたり、ウツがステージから降りたり。
あと、この沖縄って、ステージサイドに繋がる花道が無かったから、Wild heavenの長いイントロのパフォーマンスとか気になります。
青い惑星の愚か者
2013年03月20日 16:05
Love Trainのライブ版PVはありましたね
あれ、沖縄だったんですか?
明らかに横アリとは違うので、EXPOホールツアーと思っていました
沖縄のライブ映像、全貌を見たいですねえ
あと無理だろうけど、TOSHIやYOSHIKIが来た時の映像とか

この記事へのトラックバック

QRコード