吉 報

小室さんのインターフェロン投与が5/14を以って終わりました
診察が終わった直後と思しきお昼前のTweetを引用します

無事、半年の治療終了( ^ ^ )/□
あとは先生の監視下で皆さんに
僕の音楽を自由に楽しんでいただくと。
ご心配かけました。☺


今後も再発の可能性を想定しながら定期的に通院することになるのでしょうが、
とりあえず苦しい治療の日々を耐え抜いた小室さんに、
慶賀の意を表したいと思います


小室さんもテンションが上がっているようで、
その後は誤変換入りまくりのTweetを連発しています
翌日朝に起きてからは、
リハビリも兼ねて夜の麻布のスタジオでDJをやることを思いつき、
スタッフに動員をかけてその様子を撮影させました
後日youtubeにアップするとのことです(5/16編集中)
それにしても浮かれているTweetだなぁ…(笑

今夜、夕食後9PM~0AMぐらいまでヒャパ20人でrはびりもかねて、シンセ DJ
麻布でやろうかな、、。スタジオだから音良い!!
条件、YouTube系ON AIR上手い人。SAM,麻布ビル2、5階しきって、っほ。


ライブは予定通りなら5/15の21:00~24:00頃に行なわれたはずですが、
18:45のTweetでは
「新曲のワンパートが浮かんだので、3分ぼど制作プロセスをリアルにお見せします」
と言っており、新曲も思いついたようです
まだインターフェロンの副作用は抜け切っていないはずですが、
とにかく何かやりたくてたまらないのでしょうね
7月の「START investigation」、予想外のすごいプレイをやらかすかも…


ちなみに小室さん、当初の予定通り24週の投与だったら、
最後の投与は4月半ばだったはずです
実際に当初はGW直前に治療完了と言っていました
あるいはTMのライブが延期になったことを受けて、
念のため投与を一ヶ月4回分延長したのかもしれません


小室さん自身は苦しかったでしょうが、
より根治の可能性は高まったはずです
願わくば、このまま再発せずにいて欲しいものです


あと命に関わるものではありませんが、
小室さん、軽度の頚椎のヘルニアだそうです
年を取れば仕方ないことですけど、色々体にボロが来ているんですね
これからは体も大事にしつつ、音楽活動を長く続けていただければと思います


さて、今日は吉報がもう一つあります
何がどうなっているのかまったく分からなかったウツの容態について、
やっと具体的な情報が判明したことです
私は直接見ていないのですが、magneticaのFC会報(5/14発送)に書いてあったようです


要点を書くと、以下のようになります

・3月前半の血液検査で異常が出たので精密検査をし、膵臓腫瘤発見
・4月上旬に摘出手術、10日後に検査結果が出て、100%良性と判明
(これを受けて4/15に公表されたので、検査結果が出たのは4/14頃、手術は4/4頃?)
・ウツは順調に回復の様子

以上を見る限り、膵臓腫瘤自体は大丈夫だったと見て良さそうです
多少とも疑いがあれば「100%良性」とは書かず、
もう少しぼかして書きそうな気がしますし(ですよね?)


しかし本当によかった…
あとはウツが7月までに2時間のライブ2daysに耐えられるほど回復できるかですが、
5/14にはウツ・木根FCで「START investigation」の再予約受付が発表されましたから、
(予約受付は6/3~6)
現時点では大丈夫な公算が高いと判断されていると思われます


もっともウツの体力回復については、
会報にある「本人の気力・体力を信じ」というスタッフのメッセージを見る限り、
必ずしも確証が取れていない印象です
たぶんスタッフがこれまで公表をしぶったのは、
術後の回復の不安があったためなのでしょう
しかし5/15のライブBDリリースという会報発送のタイミングもあり、
そのタイムリミットギリギリまで様子を見て、
最終的に決行の方向で話を進めるという判断を下したのだと思います


つまりウツの現状は、
病気は100%大丈夫で、体力の回復も間に合う可能性が高いが100%とは言い難い、
というのが実態なのでしょう
何しろ50代後半ですから、若い頃ほど順調には回復しないでしょうし…
まあこればかりは誰にも分かりませんし、見守るしかないですね
小室さんも5/14「究極に心配です。がんばれ(´・_・`)」とTweetしています


なおこのタイミングで発表されましたが、
1994年以後のウツFC会報が「MAGNETICA 20 miles archives」と題して、
amazonでKindle版限定で発売されます


これ800円ということで、安いから買おうかなと思ったら、1巻分の値段のようです
1年4号分を1巻として、全18巻を5/24から隔週で発売するとのことなので、
全部買ったら14400円ですね
こいつはごっついなぁ…
ただTMN「終了」直後の動きとかTM再結成の頃の話とか、読んでみたい気はしますけどね


TM絡みでは、5/12に小室さんがさいたまスーパーアリーナのステージを見に行きました
これはシルク・ド・ソレイユがMickel Jacksonの曲でパフォーマンスをする「Mickel Jackson The Immortal World Tour」(さいたま公演5/9~12)でしょう


小室さんはこれについて、
「今、構想しているプランと、どのくらい、エンタメ的に差があるかないか、同じ場所で、招待していただいたSHOWをこれから見学」
と言っており、TMの「START investigation」の演出も念頭に入れているようです
シルク・ド・ソレイユを意識しているのだとすると、かなり派手なステージになりそうです


また随分先の話ですが、
7/31「FNS歌の夏まつり」小室さんが出演するそうです
これって「START investigation」の翌週だし、
その頃にTMの新曲も出る可能性が高いから、どうせならTMで出演してくれないかなあ…
しかしウツの回復の問題もあるから、あまり高望みはしない方が良いかもしれませんね


ということで、このたび小室さんとウツの病状について、
(100%ではないとしても)良い情報が舞い込んで来ましたので、
更新を致しました
前回予告していた第六部開始は次回にしようと思います


なお第六部の時代ですが、
始まりは第五部の後、1996年からになります
この時代はTM3人がゆっくりゆっくり、本当にゆっくーりと、
再結成に向けて動いて行きますが、
それが実現した1999年の活動は不発に終わります


正直言ってこの時点では、TM NETWORK再結成は、
過去の栄光の歴史を自ら汚す愚行になる可能性が大でした
しかも翌年にはインディーズ移行という予想外の行動を取り、
この時のイザコザが2000年代の小室さんの困窮、
ひいては音楽活動の低迷のきっかけにもなります


しかしそれにも関わらず、TM再結成がまったく無駄にならなかったのは、
ひとえにインディーズでリリースした名盤「Major Turn-Round」の存在ゆえです
これによってTMは、なお意味のある音楽活動が可能であることを示しました
実際にはこの後のTMは再び沈黙して再結成以前と同様の状態になるのですが、
それでもなお一部のファンが待つことが出来たのは、
音楽的な可能性を一瞬でも見せてくれたことが大きかったのだと思います


第六部はこの「Major Turn-Round」リリースに至る時期を扱います
極論してしまえば、第六部のテーマは「Major Turn-Round」であり、
それ以前の90年代の記事は全部まとめて序章と言っても良いくらいです


実際にはその「序章」が全体の圧倒的大部分を占める上、
その頃はなかなか事態が進展しないので、
読んでいる方もイライラすると思います
つうか、当時のファンもたいがいイライラしていましたので、
もしも読者をイライラさせることができれば、
それはそれで当時を追体験させるという意味で大成功です(笑


なお第五部の時も書きましたが、
私はこの頃TM関連の情報は追ってはいたものの、
さほど興味を持っていませんでした
なので十分な情報を持っていないところも大きいです
つきましては記事の不足や誤りなど、忌憚なくご指摘いただければと思います


それともう一件
過去記事の更新は前回で終わりと書きましたが、
気が付いたら「MyFavourites」の動画リンクのかなりが切れていたので、
改めてチェックして、一部リンク先を変えておきました
動画を貼るとこれがあるから面倒なんだよなあ…


「MyFavourites」のことは考えていませんでしたが、
今のところ続きはやらないつもりです
まだまだ取り上げたい曲はあるんですけど、
時間ができるようになったら復活させようと思います


あるいは本記事の更新がきつくなったら、
好きな曲にリンクだけ貼って、今までよりも気楽に取り上げることにするかもしれません
ということで、突然たまに復活するかもしれませんので、
心の準備(?)をしておいてください


それではまた、次回の更新で


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Takashi Utsunomiya Solo 20th Anniversary Tour 2012 20miles(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kuri566
2013年05月17日 05:59
小室センセもウツもとりあえずは快方に向かっているようでよかったです。我々FANKSも体調的に不安を火抱える人も多いでしょうから、メンバー側も応援する側も健康管理の重要な年層にきてるんですね。自分も気をつけねば。

さて、小室センセ、シルクにきましたね。意識するだろうな、とはふんでいましたが。前回の武道館で80年代SF路線のTMは再演していますから、残すところはCAROLの再演?ストーリー性のあるシアトリカルなステージ期待しています。
Cheb
2013年05月17日 08:14
こんにちは。
ウツFC会報読んで涙腺決壊です(T▽T)ダァー
てっちゃん&木根さんがロングインタビュー形式でウツのことについて語る・・・という形式でしたが、40年間一緒に過ごしてきた3人の絆の深さにただただ目頭が熱くなってしまいました。

7月に向けてウツのスタミナが心配ですが、てっちゃんも「ウツのスピードに合わせる」と言っているので、演出面で多少の調整があるのかな、と思いました。とにかくウツには無理せずゆっくり、少しずつ確実に調整していって欲しいですね。今回の会報を読んだ後だけに、7月の2daysではステージ上の3人を見たら絶対泣きます、私。

そしてシアトリカルについては・・・凝った派手な演出は大歓迎なのですが、あまりやり過ぎて欲しくないな~、というのも本音です。CAROL程度ならいいのですが、芝居部分が多すぎて曲数が少ない、というのだったら残念この上ないですし。演劇ではなくあくまでライブなので、曲はガッツリ聴かせてほしいです(そのためにイギリスからはるばる参戦しますし)。
ひろき
2013年05月17日 08:14
管理人さん、吉報をありがとうございます。
特に巷ではウツさんの情報が少なく回復度合いを心配して
おりましたが安心しました。

いよいよ、Major Turn-Roundへ行っていただけるのですね。

個人的に非常に好きなアルバムであり、商業的な成功に
至らなくても作品的にはTM NETWORK名義でも唯一無二の
プログレッシブ・ロックとして今後も異彩を放つ名盤に
なり得るのではと思われます。

そして、あの世界観を見事に再現してくれたライヴにも
レビューをぜひにお願い致しますね。気長に待ちます。

ワイン好き
2013年05月17日 08:54
取り敢えず小室さんの治療が一段落着いたことウツさんの病状が最悪ではなく快方に向かっていることは安心しました。
TMが聴ける!と喜びでいっぱいです。
今回の会報はウツさんのコメントはありませんでしたが小室さんと木根さんをはじめサポメンのメッセージはとても頼もしくウツさんの人徳とあるがままに風のように生きる強さを改めて感じました。
特に木根さんのウツさんへの思いやりに満ちた言葉には涙が出そうでした。

私は残念ながら延期ライブは行けなくなりましたがライブの無事成功を祈ります。ライブシネマ熱望!
来年の30周年ライブには必ず参加します!

ウツソロ20周年電子書籍発売とのことでモバイルをスマホに買い換えるかタブレットを買うか迷っているところです。
今時珍しくパソコンを所有しておりませんので。
hitomi
2013年05月21日 06:45
いつも最新ネタを集めてきてくださってありがとうございます。二人とも無事快方に向かってるようで良かったですね!いよいよライブが近付いてきましたね。参戦される方々、どうぞ参戦記を挙げて下さいね。Chebさんはイギリスからですか!私も英国在住者です。来年こそは、時期を合わしてライブ行きたいです!先ずは新曲聴きたいなぁ!!
kuri566
2013年05月21日 18:54
Chebさん 無事チケットや旅券は手配できたみたいですね。よかったです。7月、ご無事に来日されることを同じFANKSとして願っています。
シアトリカルについては、私も「芝居」だったら反対です。「シルク」は照明や音響的な部分や流れるような展開で観客を飽きさせないので、あれに刺激されたのであれば曲はガッツリ聴かせてくれると思っています。イメージとしては、CAROLやEXPOアリーナのCRAZY4YOUみたいな感じ?ウツはセリフを話すのではなく、動きと歌で主役を演じるアクターとしての位置づけじゃないでしょうか。などと妄想しております。
7月になったということは、DIVE INTO~とか8月の長い夜とか、あるのかな。
青い惑星の愚か者
2013年05月21日 23:53
>kuri566さん
小室さん、シルクドソレイユについては、去年の武道館の頃も言及していた気がしますね
CAROL風になるんでしょうか?
大勢の俳優をスカウトするようだから、CAROLよりは本格的になりそうですね

DIVEと8月の長い夜は、私もまったく同じことを考えていました!
どっちもTMのフルライブでは長らくやっていないし、是非期待したいですね
他に夏っぽい曲だと、金ライとかイパネマとかドラフェスとか、初期の曲が来るかも…(希望含む)
カリビアーナハイをやったらぶったまげますけど(笑

あと「シアトリカル」に合わせやすい曲として、大穴でMajor Turn-Roundとか…
それと実は「シアトリカル」のキーワードってBang The Gongツアーの時のものなんですよね
あの時は映画音楽とFightingを組み合わせて演奏したりしていたので、Fightingとか来ないかなあ…
さすがに本人もそんなこともう覚えていないか

>Chebさん
イギリスでも会報来るんですね
そのロングインタビュー読みたいなあ…
「シアトリカル」については、ウツの休憩時間確保のために、演出部分を多めにする可能性はあると思います
ウツについて去年と同じくらいの密度を求めるのは酷かなあと思います
むしろ「シアトリカル」のコンセプトのおかげで、ウツが休んでもステージを自然に展開できるといえるかもしれません
青い惑星の愚か者
2013年05月21日 23:55
>ひろきさん
Major Turn-Roundは、質の高さでは再開後でも随一だと思いますし、TMファンとしては評価したい作品です
私もこのアルバムをどう扱おうか…と色々思案中です
あの作品は小室さんに関して言えば、90年代的カラオケ・OL向けヒット曲路線からの決別という積極的な点を持っていたとともに、2000年代の活動への架け橋になることには失敗した、一種のあだ花的存在になったという印象もあります
まあ、第六部を書く中で、こちらも考えてみようと思います

>ワイン好きさん
ライブシネマは絶対にやるでしょう
また例によってチケット販売完了後に発表されるんでしょうけどね
30周年は是非一緒に会場で参加してください
Kindle版は、私もよく分からないんですが、タブレット方端末専用で、PCがあってもダメなんでは?

>hitomiさん
TKプロデュースの方…のわけないですよね(笑
FANKSには結構イギリスの方いらっしゃるんですねえ
来年は是非来てくださいね
新曲も楽しみですね
kuri566
2013年05月22日 21:57
イギリス在住の方が閲覧しているって、スゴイですね。インターナショナルな感じ。我々の世代にとっては、セブンデイズとかキャロル誕生の地ですから、住んでるなんてめっちゃ憧れますね。

私もイパネマとかカリビアーナとか旧曲(究極)大歓迎です。昔はライブ冒頭の盛り上げ曲だったんですけどねえ。あと99年の復活後の曲もやってないのでぜひ。一般の客のことあまり考えなくていいから長きファンクスの欲する曲目をマニアックに攻めてほしいです。
FANKS潜伏中
2013年05月25日 10:39
お久しぶりです。
ウツさん&小室さんの事で安堵していたら、今度は木根さんが不安を感じる事を発表されましたね

リセットの歌詞を読むと、なんだか悲しい思いになりました…

まさか30周年後に、一人脱退とか…
木根さん大丈夫でしょうか?

奇跡の50代『3』人組のままで居て欲しいです!!

青い惑星の愚か者
2013年05月27日 02:26
>kuri566さん
3月くらいにはRainbow Rainbowの話をよくしていましたから、超初期曲もあるかもしれないですね
シングル以外にも名曲はいっぱいあるんだし、いろんなところからやって欲しいです

>FANKS潜伏中さん
お久しぶりです!
木根さんの件は紛らわしいんですが、ソロ活動を一時休止するという話で、2014年のTM30周年はちゃんとやるようですよ
むしろ30周年に専念するために来年はソロを休むんじゃないでしょうか
ただ、いつまでも3人が健在という前提も、永遠のものではないというのは、ここ数年で痛感しましたけどね

この記事へのトラックバック

QRコード