FINAL MISSION 1st SEASON -START investigation-参戦記

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-
さいたまスーパーアリーナ公演 2013.7.20/21

01.Opening (Children of the New Century~Ignition, Sequence, Start)
02.Beyond The Time
03.Human Sysytem
04.Here, There & Everywhere
05.Green Days 2013
*06.A Day in the Girl's Life
*07.CAROL (Carol's ThemeⅠ)
*08.In The Forest
*09.CAROL (Carol's ThemeⅡ)
10.Just One Victory
11.一途な恋 (Short Ver.)
12.Dive Into Your Body (Short Ver.)
13.Come On Everybody + Come on Let's Dance (Short Ver.)
14.Be Together (Short Ver.)
15.Get Wild
16.Resistance/I am
17.Love Train (Short Ver.)
18.End Roll
*06~09は外国人ボーカル


さて行ってまいりました、さいたまスーパーアリーナ2days
結局ライブチケットは売り切れず、当日券も出ましたが、
見た感じ会場(200レベルまで)はほぼ埋まっていたようです


まず何よりも皆さんが気になっていたのはウツの体調だったと思います
ライブでもたぶんそういうファン心理を考慮して、
登場順は役者木根(すぐ退場)→小室→木根→ウツとなっており、
かなりじらされました


そしていざ登場したウツは、やはり痩せていたように見えました
またあまり動きもなく、激しい曲も控えめになっていました
前回触れた通り、ウツ退場シーンが多かったり、
歌う部分を短くしたりイントロを長くしたりしていたのは、
ウツの体力を意識したものと思われます


しかしウツは自分のパートはちゃんとこなしていました
腹を切ったはずなんですが、腹式呼吸も歌もばっちり安定していました!
やれる範囲を限った上で、そこをちゃんとやるという方針だったと思われ、
この点はまったく問題なくやってくれていたと思います


もちろん体力は万全ではなく、勢いがないことは否めませんでしたし、
ライブ後も不完全燃焼的なところが残ったことも事実です
しかしライブを中止するのではなく、
30周年に向けて現時点で最善の形でライブをやり遂げようという姿勢、
私は評価しようと思います


今後のウツは大丈夫なんだろうか?という点は気になるところですが、
10/11~11/10にはU_WAVEとして、
東京・大阪・広島・福岡・愛知で9公演の全国ツアーをやるそうです
今それやるの?という感想もありますが、
ここではむしろ、ウツが秋には全国ツアーをやれる見込みがあるほど順調だ、
という点に注目したいです


たぶんソロではなくU_WAVEにしたのは、ウツ個人にかかる負担が多少は減ること、
ポエム朗読などかつての演出を取り入れれば休憩時間も入れられること、
などがあるのでしょうが、それでも全国ツアーを予定に入れているということは、
来年のTM30周年は結構楽観視して良いのかなあと思います


それと合わせて気になるのが、今回のライブグッズの六芒星バッジです
商品名に「1st season」とあるのは、
今回のライブが「FINAL MISSION 1st SEASON」と題していることによるもので、
つまり「2nd SEASON」以後も予定されていることは確実です


ところでこの六芒星バッジ、実は六芒星になっていません
六芒星が割れた一部の形をしていて、
おそらく今後のライブで残りの部分が販売されると思われます
そしてこのバッジ、見た感じでは中心角が150°くらいで、
全体の半分ないようなのです


つまり六芒星の残りの部分は次回では揃わず、
あと2個くらい集めることになるのでは?という気がします
ならば来年のライブ、単発ライブではなく、2回のライブがあるのかも?
ならば「2nd SEASON」の後、「3rd SEASON」も期待してよい?


もちろん次回のバッジが中心角210°くらいかもしれないんですけど、
理想としては全国ツアー&首都圏の大規模ライブが予定されていると大変うれしいです
ウツも全国回れそうなわけだし、
小室さんについてもKEIKOさんは快方に向かっているようだし
ずいぶん気が早い話ですが、ちょっとこんな妄想しています


今回のライブで特筆すべき点としては、
ウツが派手に動けないためもあるんでしょうが、
照明が非常に派手でした
復活後のTMのライブで、照明に一番凝っていたんじゃないかなあ


また小室さんはあまり目立つ行動はとらなかったのですが、
過去曲(つうても新曲ないんだけど)のアレンジや、
ライブ用のオリジナルインスト曲をばっちり作ってきました
ウツ休憩も兼ねてイントロなどを長くしている曲が多いのも特徴ですが、
オケを一から作り直しているものが多く、
「Get Wild」「Resistance」などは一つの新境地かもしれません
また先月から導入したソフトシンセをライブでも使っていました
マウスを動かしているシーンもちらほらありましたね


今回はメンバーの今後の活動や会場限定販売CDの話など、
いろいろと書くべきことがあるんですが、
そこらへんは次回の更新でまとめて触れることにして、
今日は主にライブに限定して触れることにしようと思います


ただ初日のライブレポとしては、
すでにBARKSに素晴らしいものが載っています
この人、この熱さ、絶対にFANKSだと思います(笑
よって今更書くこともないかなあ…とも思うんですが、
ここでは自分の中の情報整理も兼ねて、一応まとめておこうと思います


今回のライブはいろんな登場人物が出て、記憶も怪しいところがあるので、
そういうものだと思ってお読みください
9/21にはWOWOWで放送があるようなので
そちらで実際のところをご確認いただければと思います


まずライブの内容に入る前に、
「START investigation」のコンセプトを確認してみましょう
このライブ、内容の告知が全然なかったので、
見ている方はさっぱり??だったんですが、
マスコミには流れていたようで、
上述のBARKS記事には以下のようにあります

地球の様々な文化や人間の様々な営みを調査するために、宇宙の異星からやってきた潜伏者(TM NETWORK)。29年にわたり、タイムマシンを駆使し、地球の様々な場所を調査し、母艦であるメインブレインに報告してきたが、彼らに与えられた任期は、まもなく終わろうとしていた。そして新たな潜伏者3人が地球に送り込まれた。

新たな潜伏者のトレーニング期間は3年。彼らは地球の様々な時代・場所・人々と実地訓練を行っていた。任期満了を迎えようとしているTM NETWORKは、自らの調査も続行している中、新たな潜伏者3人の活動を見守るため、タイムマシンに乗り込み再び地球へ……。

訪れたのは、1950年ごろのアメリカ。


このストーリー、ライブ冒頭にスクリーンに字幕でも表示されました
しかし理解が追いつく前にライブが始まってしまい…という方が大部分だったと思います
かく言う私もそうでした
ここで分かる設定を今一度整理しましょう

・TM NETWORKは宇宙から地球に潜伏して1984年以来29年間地球上の文化や人々の営みを調査してきた。
・30年目の2014年、TM NETWORKの調査任務は終了し、新たな潜伏者3人に交代することになっている。
・新潜伏者は3年の調査訓練のため、2012年からすでに地球に送り込まれている。
・潜伏者たちはタイムマシンを使って地球上の様々な時代・場所の調査が可能であるらしい。
・TM NETWORKは自らの調査を行なうためと、新潜伏者の活動を見守るため、1950年頃のアメリカに行く(つまり新潜伏者たちは1950年頃のアメリカに行った)


ライブステージには何本もの木々のセットや池があり、
BGMとして開演前から虫の声が流れています
大都会ではなく地方が舞台のようです
ここの池に汚い身なりの女性・白人男性・黒人男性3人が現れ、
駅員(木根先生の熱演)に発見されます
これが3人の新潜伏者です
ここらへんからインスト曲が流れ始めます
最近の小室さん的な重厚なシンセの曲です


駅員と警察官が3人を不審視して追及します
3人、逃げます
そんな中、曲が聞き覚えのあるものに変わります
む…!? これは…?
「Children of the New Century」!!
たぶん、3人の潜伏者を新世紀の子供たち=Children of the New Centuryと表現しているんでしょう


音が全部今のシンセで作り直した新バージョン!
今の小室の音だ!
すごい! かっこいい! これ! これで始まるの!?
会場、歓声
しかし、散々聞き覚えのあるフレーズが流れている間、
駅員も警官も潜伏者も順次退場し、曲も終わってしまいます


えええーーー!
やれよ! これやれよ!


さて、「Chilren of the New Century」が軽く流されてがっかりなところで、
別のフレーズが流れ始めます
すると池の奥のところから電車が現れ、派手に照明が当たります
「Children of the New Century」の最後のところかもしれない)


何この電車? と思っていると、前がぱかっと空いて、
中から小室さんが現れます
真っ白な衣装に白のマントを羽織っています
観客キャー!!
小室さん、歩いて右上のシンセブースに入り、
マントを投げ捨てて演奏を開始します


曲は久々の「Ignition, Sequence, Start」
いよいよ始まるぜ!ってことの合図でしょうか
しかも音色もアレンジも変わった新バージョン!
これもかっこいい!
曲の間、電車から木根さん登場
今度は駅員姿ではなく、小室さんとお揃いの白の衣装です
左上に上がってギターを構えます


今度こそ! 小室も木根も出たし、今度こそ、このまま歌へ!!
ウツ、出てくれ! 「今夜この手の中に」って歌ってくれ!
と心から願ったのですが、その願いはかなわず…
サンプリングボイスでサビの歌は流れましたが、
結局ウツが現れる前に曲は終わってしまいました


うわあああ!! なんでこれやんないんだよおおお
つうか、もしもウツの体力があったら、これやっていたのかなあ
でも、ホントにここまでのところ、かっこよかったんですよ
オープニングで終わってしまうのが本当にもったいないくらい


さてここで、一つ確認しておきたいのが、小室さん・木根さんが出てきた電車です
上に書いた設定にある通り、TM NETWORKはタイムマシンを使って、
自らの調査と新潜伏者のフォローのため、
新潜伏者のいる1950年代アメリカに来ました
となると、この電車はタイムマシンということになります
その前に池のあたりに現れた新潜伏者たちも別のタイムマシンでここに来たんでしょう


ここらへんの設定、実は別に情報源があります
一つはグッズ「永遠のパスポート」で、
ライブのコンセプトが1ページに書かれています
これによれば新潜伏者3人はIP-type04と呼ばれています


IPは去年のライブタイトル「incubation Period」でしょうか
しかしこれだと「潜伏期間」で人の意味にならないから、
「Incubating Persons」とでもするべきでしょうか
まあどうでもいいですが…
あとは基本的に先にまとめた設定とほぼ同じことが書いてあります
ただしIP-type04が人間にどのように対処し分析するかを報告するため、
TM NETWORKが追跡調査を行なうということになっています


またライブパンフにあたる「調査報告書」(色鉛筆つき)、
中身はいわゆるパンフではなく、小室さんが書いた設定資料集の束です
これは面白い試みだなあ…
ただ中に書いていることは案を練っている最中の殴り書きのようなもので、
必ずしもライブ本番に反映されているとは限らないのですが、
一つの参考にはなりそうです


設定資料集の中には一枚だけ、
「incubation Period」「START investigation」の設定を記した紙が入っており、
これが現状では一番詳しい資料になりそうです
これによれば年代は1945~55年ということになっていますが、
上記の「1950年ころ」とあまり変わらない情報ですね
場所はかつて鉱石採掘で栄えたけどさびれつつあるアメリカの田舎町のようです


さらに判明する設定は以下のようになっています

・自分たちの価値観やルールだけに従順な古いタイプの人間たち(町の住人)は、IP-type04を歓迎していない。
・IP-type04は人間的感情を一切持たず、町の住人たちとの間に軋轢、争い、誤解などを生じる。
・TMはIP-type04に調査方法や人間とのかかわり方を伝えようとする。
・TMは同時に調査のために他の時代の人々をタイムマシンで移送して行動を調べる。
・今回のタイムマシンは電車型。、
・最後、TMは「I am」に込められたメッセージを残して去っていく。


ここから、電車がタイムマシンそのものであることが確認できます
またIP-type04が駅員や警察官に詰問されるのは、
町の人々との間の「軋轢、争い、誤解」を表現していると思われます
彼らは調査のためにこの町に来たのですが、
異星人である彼らは人間との関わり方が分からないため、
問題を起こしてしまうのです
TMはその問題を認識しており、人間との関わり方をIP-type04に伝えることも、
このライブの一つの主軸になっています


もう一つ注意したいのは、TMがタイムマシンで他時代の人を連れてくるという設定です
「Ignition, Sequence, Start」の間、
木根さん以外にもスーツ姿の男性と小さな女の子が出てきます
男性は後でスナイパーと判明します(それでも結局よくわからないのですが)
一方女の子については、小室さんの設定資料集に興味深いことが書かれています
タイムスリップした人の中に、CAROLの娘やその家族がいるというのです


本番もこのままの設定なのかどうかはよく分かりません
特にスナイパーがCAROLの家族であることは確かめる材料がないので、
現時点では不明としておくのがよさそうです


しかし女の子がCAROLの娘というのは、
服装が昔のCAROLと似ていること、バレエを踊ること、
後述する通り「CAROL (Carol's ThemeⅠ・Ⅱ)」でパフォーマンスに参加することから、
確実だろうと思います
まあ、そのことがIP-type04の調査と直接かかわるわけではないので、
この設定はストーリーの主軸というよりは、
ファンサービスとしてのサイドストーリーと考えた方がよさそうです


あと、設定資料によれば、
電車の名前はインターセプトフレキシブルというらしいです
intercept flexible? 柔軟に妨害? 意味が分からないっすね


さて、ライブの方に話を戻します
「Ignition, Sequence, Start」が終わってしまうと、
小室さんはゆったりとしたテンポで幻想的なシンセを奏でます
これが「Beyond The Time」のイントロにつながり、
それとともに床下からウツがニュイーンと出てきます
ついにウツが!
実にここまで、20分近くひっぱりました(笑


ウツは小室・木根と同じくマント付きの白の衣装を着ており、
3人はお揃いの衣装です
ウツ登場で会場では大拍手!
派手な照明で攻めます
しかしオープニングではレア曲が続いたのに、
いざ歌が始まると、また「Beyond The Time」かあ…
そして2曲目は「Human System」と、またも無難なところを攻めます


もっともここらへんのミディアムテンポの曲を選んだのは、
ウツの体力を考えてのことで、
あえて「Children of the New Century」など激しい曲はやらなかったんでしょう
逆にいえばウツの体力があれば、
冒頭はここらへんの曲をやることになっていたのかもしれません
仕方ないことではありますが、残念ですね
なおこの時点ではサポートは見えません


冒頭の二曲は、ストーリーともかかわっていると思われます
「Beyond The Time」は3人がタイムマシンで1950年頃に来たことを意識した選曲ですし、
「Human System」は人とのつながりというIP-type04に伝えるべきテーマを歌ったものです
しかしもう少し別の曲から似たストーリー編めなかったかなあ…


続いて「Here,There & Everywhere」
この曲は2007年の「TM NETWORK -REMASTER-」でも演奏しましたが、
おそらくその音源は小室さんが関わっていない「Spin Off from TM 2007」の使いまわしでした
その時のイントロはシンセがうるさすぎて(曲は好きなだけに)残念だったんですが、
今回はアレンジも変え、とてもよい感じになっていました
しかしどうせならもっと全然やってない曲もやってほしかったですが
ちなみにこの曲ではウツが客席に投げキスをして、会場を沸かせました


この後、ウツ木根が引っ込んで寸劇が入ります
でもちゃんと曲は小室さんが演奏します
今回小室さん、こういうところの曲もちゃんと作りこんでいて、
「CAROL Tour」の時なんかよりもはるかにちゃんとやっている印象です
ここらへん、今回のライブでポイント高いところです


しかも小室さん、たぶんウツの負担軽減のためでしょうが、
ずっと出ずっぱりで演奏し続けていました
本人も病み上がりのはずなのに…
やはり5月、インターフェロンの副作用が残っている段階で、
ライブを強行しなくてよかったと思います


この寸劇ではIP-type04が警官らから追われ、
その中で女性のIPが例のスナイパーから射撃されます
しかし一度倒れるものの、また立ち上がり、ステージから退場します
設定資料の中に、IPを「ゾンビのような」と書いたものがあり、
おそらく地球外生物で不死なのでしょう
ただし設定の段階ではここでIPが一人死ぬことになっていたようです


ここまで会場は真っ暗だったんですが、
少し明るくなり、緑色の照明の中、
ウツが「We hope Green Days」と言うとともに、次の曲が始まります
ついにCD化された「Green Days」です
しかもアレンジは2013年CD版に近いです
個人的には2004年に演奏されたものやCD版よりも、
今回のライブアレンジの方がよかったと思います
2004年にはそんないい曲と思わなかったけど、今回の演奏は良かったなあ…


この曲の最中、タイムマシンから新たな登場人物が現れます
老夫婦で、妻は車椅子に座り、夫に押されて木根さんとウツの間まで移動します
警官に「永遠のパスポート」のチェックを受けて入国を許可されました
なぜこの老夫婦がここに来る必要があるのかはよく分からないんですが…
ただこの曲をバックに、うごけない妻の手元に夫が花を持たせるシーンは、
何かジーンと感じさせますね
多分このシーン、小室さんがKEIKOを念頭に考えたんだろうと思います


曲の間に電車が引っ込み、
警官も老夫婦も退場し、曲が終わってウツ木根が再び退場すると、
聞き覚えのあるフレーズが始まります
「A Day in the Girl's Life」です
ここから、今回のライブで一番問題になった個所が始まります


小室さんの演奏の中、ステージにマイクを持った黒人が現れ、
「She has a power」以下のセリフを言います
そしてもう一人、白人男性が椅子を持って出現
さらに左右には女性二人が現れ、
「In the day and the night」以下のウツボーカルが流れた後、
3人で歌い始めます


さらに左からは別の外国人集団が椅子を持って現れ、
ステージ中央に椅子を並べ、順番にボーカルを取ります
ただし最初の黒人以外はマイクを持っておらず、口パクと思われます
もともと俳優として雇ったもので、歌唱力は期待できないので、
歌は別に録音したのを使ったんでしょうね


以下は「CAROL」組曲が続きます
実に1994年の「TMN 4001 Days Groove」以来の演奏となります
大部分の方にはかなり予想外の選曲だったと思います


しかもその予想外というのも、かなりの斜め上を行っていまして、
歌詞が英語になっています
これは実は初めての例ではなく、
1996年小室さんと久保こーじによるユニットtk-trapの「Oracle Open World」で、
外国ボーカルを迎えて演奏した時と同じ歌詞になっていました
小室さん、間違いなくtk-trapを念頭にこのコーナーを設けたのでしょう
しかしtk-trapはこのブログでも少し前に取り上げたばかりで
なんというシンクロ…


そしてこの英語版「CAROL」組曲、
ウツはずっと歌わないし、木根さんも演奏しません
これには客席の多くも唖然
私の周りの女性なんかは笑い出していましたし、
二日目にはこのコーナーが始まるとともにトイレに行く女性とか、
座る人とかが続出していました


まあ、ここらへんの方々の気持ちもよく分かります
私も割と唖然としていましたし
もちろんこのような演出が入った事情は明らかで、
ウツの休憩を入れるためです


ただ「CAROL」組曲もせいぜい15分くらいでしたから、
昔の長大なアレンジの曲を一曲くらいやれば、
これくらいはすぐいっちゃうんですよね
あるいは「Tour TMN EXPO」の時のメタルパビリオンや、
「TM NETWORK -REMASTER-」渋谷公演のPurple Daysの演奏を考えれば、
あまりカリカリしなくてもいいかなあとは思っています


ちなみに小室逮捕で立ち消えになりましたが、
2009年のTM25周年のキーワードになるはずだった「CAROL2」、
もしかしてこのシーンに多少は影響しているのかもしれません
(わかんないですけど)


さて、「CAROL (Carol's ThemeⅠ)」に入ると、
娘CAROLが登場します
ただ娘CAROLは椅子に座ってぐったり
(それが何を意味しているのかはよく分かりませんでしたが)
一方で木根さんも登場し、やはり椅子に座ります
しかも英字新聞を読み始め、コーヒーまで飲み始めます(歌は外人)
ちょっw 木根、何やってんの!?
演奏しろよお前!


ただ冷静に考えれば、TMが1950年頃のアメリカに来たのは、
IP-type04に調査方法や人間とのかかわり方を伝えるためだったわけですから、
ここはTMが人間と関わることを実践したシーンと見るべきなのかもしれません
しかしあのシーンを見ると、どうしてもつっこみたくなるんですが…


その後は「In The Forest」
CAROL娘は引っ込みますが、
他の俳優たちはさながらブロードウェイミュージカルのように、さわやかに歌います
この部分など、ミュージカルを目指した「CAROL Tour」よりも、
ちゃんとしたミュージカルにはなっていた気がします
まあ「CAROL Tour」をミュージカルとして見ていた人がどれくらいいたのかという問題もありますが


「CAROL (Carol's ThemeⅡ)」になると、
CAROL娘が再登場してバレエをやったりします
前曲の途中で引っ込んでいた木根さんも謎の木の楽器を持って再登場
(あの楽器、なんていうんだろう?)
ウツや老夫婦も登場し、ウツは椅子に座ります
つうか、老夫婦の妻、さっき車椅子で動けなかったのに、
今普通に元気に立っているんだけど!


この曲、ご存じの通り、派手なシンセの間奏があります
この時にスクリーン上で、
近代社会の発展を示す写真が次々と映し出され、
(大建造物やコンピュータの写真、証券売り場など)
一度止まり、間奏が再開するとまた写真が出て、また止まり…を繰り返しました
その間、環境汚染の様子を写した写真など、
近代の”発展”の負の部分も映し出され、
町の人々やCAROL娘やウツ木根はこれをガン見します


この部分はかっこよかったです
ストーリーが前後とつながっていない気もしますが、
小室さんが言いたいことは分かります


そして歌が終わった後、木根さんが町の人に黄色い旗を渡します
「START investigation」のロゴが入っており、
これを持った町の住人はステージ上を走って旗を振り続けます
おそらく潜伏者TMと人間がコミュニケーションを取れたことを象徴するシーンなのでしょう
ただここ、観客はぽかーんだったかなあ(笑


いよいよウツがマイクスタンドの前に移動
この流れなら、やる曲は決まっています
「Just One Victory」
外国人部隊も退散し、3人で演奏をやり遂げます
客席、ここで急に盛り上がりすぎ(笑


ウツ木根退場
セットの木が動いて、後ろに隠れていたBARが出てきます
ここで「You Can Dance」のイントロが流れますが、
演出上のSEで、すぐに消えちゃいます
ここでつられて、うぉーー!って叫んじゃいました
超くやしい…


ちなみに設定資料には、
このシーンで「You can dance (Rhythm Red~)」「ACCIDENT」と書いてあり、
「Rhythm Red Beat Black」「アクシデント」を使う可能性もあったのかもしれません
まあ、どうせ一瞬だからどうでもいいですけどね…


BARは看板に「diner」とあり、
店の奥には曲名を表示する電光掲示板があります
中にはギター葛城哲哉&松尾和博、ドラムRuyがいます
前までの曲でも随所随所で演奏していたんでしょう


ここで葛城さんがギターで渋い演奏をします
「Tender is the Night」イントロと同じフレーズです
これに合わせて木根さんがハーモニカを吹き、
さらにベースやドラムも加わります
最後は木根さん、ジャンプして締め
木根さん、こういうのはとても器用ですよね


この間、ウツや外国人はテーブルに座り、
酒を飲みつつ演奏を聴いているという設定です
ウェイトレスはずっと店に出入りしているんですが、
客の外国人は曲ごとに変わります
ウツは座って水を飲めますから、
休憩のためにも良い配慮ですね


ここからは盛り上げ曲が最後まで続きます
この後の曲は、ほとんどイントロが大幅に変わっており、
また曲の一部だけ演奏しています


そしてその一曲目は、この日もっとも注目された曲、「一途な恋」です!
ただしイントロが全然違い、最初は何なのか全然分かりませんでした
この曲はよく知られるように、Aメロが絶対に歌えない曲として演奏されてきませんでした
どうするんだろう?と思っていましたが、
CD音源を利用して、以下のようにやっていました
(昨日のレポでは間違ってました)


生歌「毎日のリズムたち」
CD「動き出してる」
生歌「都会のかげろう」
CD「ゆらめく人波」
生歌「一秒おきに」
CD「変わる夢楽しむ」
生歌「天使の笑顔たち」


ウツはAメロ・Bメロは座りながらマイクを持って歌っていましたが、
その後立ち上がってマイクスタンドのところに移動してサビを歌いました
その直後曲が変わって「Dive Into Your Body」です
もちろんこの部分も、イントロが大幅に変わっていました
また歌はサビ繰り返し前の「Baby熱い体」の後の部分だけでした
しかしこの曲の盛り上がり度はすごく、会場みんな手を振っていました


この二曲はフルでやってほしかったなあ…
初めての「一途な恋」はもちろん、
「Dive Into Your Body」も2000年の「Log-on to 21st Century」以来13年ぶりです
まあ夏向けの曲だから、夏に長らくライブをやる機会がなくてどうしようもなかったのですが


ついでロックな雰囲気からEDM風のシンセ演奏へと移り、
こりゃまたなんだ?と思いましたが、
途中で「Come On Everybody」イントロのフレーズが挟まり、曲が始まりました
これ、去年の「incubation Period」と同じく間奏で「Come on Let's Dance」サビを加えたアレンジですが、
本体の「Come On Everybody」は2番が省略されました


次もEDM風イントロで2番を省いた「Be Together」
ここらへんになるとイントロでは何の曲かさっぱり分からないんですが、
観客の多くはセットの電光掲示板に表示される曲名で判断していたようです
ちなみに歌が始まる直前、ウツのメッセージがありました
初日は「ただいまでーす」、二日目は「みんなに会えてうれしいです」でした
サビ前では病み上がりの体にムチ打ち、恒例のターン
会場もいつも通り大盛り上がりでした


派手な照明と攻撃的なシンセで始まる「Get Wild」
これと次の曲はフルコーラスやりました
イントロも派手だったのですが、去年のようなロック的アプローチではなく、
やはりEDM風のアレンジでした
その後オリジナルのイントロが入ったので、今回はおとなし目の演奏かと思ったら、
Aメロ・Bメロからしてオケのシンセがかなり大幅に変わっており、
ゲゲゲではないクールな「Get Wild」にメロメロでした
これはかっこいいです!!
サンプリングボイスとジャジャジャジャで盛り上げるやり方からいよいよ卒業できるんじゃないか?
「Get Wild EDM Mix」とでもいうべきでしょうか?
やべー すごいいい!


で、この後、ウツ木根も店も引っ込み、いよいよ終盤です
小室さんは「Dawn Valley」を演奏します
具体的に何があったのかわからんのですが、
IP-type04を銃で砲撃する軍人たちが現れ、
町の人々は警官に守られながら逃げまどいます
バーではIP-type04も出入りしていたのですが、
結果として町に受け入れてもらうことができなかったようです
そして最後、大きな爆音とともにIP-type04の女性が吹き飛んでしまいます


ここでウツ木根が再登場し、
重々しく攻撃的なイントロがスタート
そこから「Resistance」が始まります
原曲とは違うドラムを加えた新アレンジです
原曲ではAメロからサビまで一貫した流れで聞けるのですが、
このアレンジではBメロ(何かを見過ごしたまま~の部分)で音数を減らし、
メリハリをつけています
ライブでの演奏例が少ないせいもありますが、
「Resistance」初のライブバージョンと言ってよいでしょう
さわやかめだった原曲の雰囲気が結構変わりました


ただ「START investigation」
二日ともほとんどセットリストが変わらなかったのですが、
唯一ここだけ変わり、二日目は「I am」になりました
なんで初日に「I am」をやらなかったのかの方が疑問なんですが…
調査報告書によれば、
「I am」はこの時代(1950年頃のアメリカの一都市)に残したメッセージとのことで、
つまり無益な争いはやめろと伝えたということなんでしょう


「Resistance」もこれと対になっているはずです
ここで設定資料を見ると、

生命体(IP-type04?)のマインドの現れとしてシェイク(シェイクスピアのことだが、文脈不明)は火薬(で爆破?)。おどろくシェリフ(IP-type04の一人?)たち。そこでUTSUはひとこと、この時代にはあるのかな....と。


と書いた紙の下の方に「レズ(ジ?)スタンス」とあり、
文章の意味はよく分からないのですが、
他者への抑圧に対する疑問を意味しているようです


なお「I am」もイントロが少し増えていました
終わりの盛り上がりということで、
最後のサビ繰り返しでは客席に何回も歌わせていました
やっぱり気持ち良い曲ですね
小室さんもばっちりコーラスに参加していました


そして最後、またEDM風イントロが加わった「Love Train」でライブは締めます
二番は省略されました
なお二日目はイントロが少し増えていたと思います
「Love Train」で終わるのは、
調査を終えたTMがタイムマシンの電車で帰るからです
実は私、初日は電車が見えなかったので、
なんで「Love Train」で終わったのかよく分からなかったのですが、
二日目は電車が見えたのでやっと分かりました


そして演奏が終わると、エンディングの曲が始まります
「Fool On The Planet」のリフが使われている、というか、
テンポを変えた「Fool On The Planet」と言った方がよいかもしれません


TM3人はこれをバックにステージの前に並び、
その後ろに俳優たちが並びます
3人はステージを見渡すと、電車の中に入って帰っていきます
電車に入る前、3人はもう一度客席側を見るんですが、
二日目、この時ウツが良い笑顔をしていました
ウツ、よくやりました! パチパチパチ
3人が電車に乗って扉が閉まると、
発車の汽笛が鳴って、2014年に帰っていきます


ステージ上のスクリーンには「to be continued」と表示され、
さらに出演者のエンドロールが流れて、「This is TM NETWORK」と出て終わります
(ここの順番、前回の速報では間違えて書いていました)
アンコールがないのは去年と同じでした
メンバー紹介もされなかったサポートメンバーの名前もここで分かりました
なお今回は本来の意味のライブパンフはないため、
ライブの関係者はこのエンドロールでしか見れません
まあ、将来BDになれば書かれるんでしょうけど…


…というのが今回のライブの内容でした
二日のセットリストがほとんど変わらないのは残念でしたが、
その分音は作りこんでいたから、そちらで評価すべきでしょうか
ただ今回の場合、一日行けば良いという考えもあると思います


また容易に想像がつくように、
これは本来5月に予定されていたライブをもとにはしていても、
かなり変更があったと思われます
何しろウツの歌は12曲で、しかもその内5曲はショートバージョンですから、
当初からの予定だったとは思われません
特に「CAROL」組曲なんかは、延期決定後に決まったんでしょう


今回はこれが最善だったとして、本来はどういうライブになる予定だったのでしょうか
これは詳しくは不明なんですが、設定資料には多少痕跡はあります
たとえば当初の予定では、最初の5曲は電車の屋上でやって、
その後電車が引っ込んで6曲目になることになっていました
ここですでに1曲減っていますね


また本来のシナリオでは、IP-type04の一人は冒頭に死んでしまいますが、
(生き残りの?)女性のIP-type04はウツに恋することになっていました
ウツもこの女性が気になってしまい、
小室さんが帰った後も死んだIP-type04の変わり身として地球に残ることになっていました
ここらへんのウツが絡む演出は、負担軽減のために全部カットされたんでしょう


またおそらく小室さんが帰った後のシーンで、
「8月の長い夜」の弾き語りをやることになっていたようです
やっぱり!
時期的に「8月の長い夜」聞けると思ったのになかったと思っていたら、
削られたんですね
あと「We love the EARTH」もやる予定だったようです


あとIP-type04の女性は、ウツと地球に残る可能性が示唆されています
(「彼女IP#?はUtsuと地球に残るのか?」)
この解決が2014年に行われることになっていたんでしょうか
さらにその舞台は南米になる予定だったようで、
「2014南米大陸が勢力を持ち」「RIOなのかサンパウロなのか」「TM NETWORKとして最後の地球滞在あと1年弱を我々は南米で最終決定をするか」
などと書かれています


えーと、南米?
こりゃまた予想外なところが来ましたな…
サッカーの影響かな?
問題は、南米設定がまだ生きる可能性があるのかどうかですが…
もしも継続するとしたら、
「カリビアーナ・ハイ」「イパネマ'84」「Dragon The Festival」など、
初期の曲がまっさきに思い浮かぶわけですが…


つうか、南米が舞台になったら、
絶対に「Dragon The Festival」だけは外せないですよね?
いや、もう全部立ち消えになったかもしれないんだけど、
すっげえ気になる…
でも新曲デモ音源2曲がいつのまにかうやむやになっちゃったし、
そんな先のことを考えても仕方ないかな…


以上、大変長くなってしまいました
「Green Days」とかウツ木根のソロ活動とかについては、次回の更新で扱うことにします


ただ直前に迫っている話題を一つだけ
7/31、小室さんがFNS歌謡祭に出演します
去年もしていましたよね
そして去年、番組はTM NETWORKに出演依頼したけど断られました(なぜ断る!)
現在番組表にはTM NETWORKの名前はありませんが、
ライブ直後のタイミングで、小室さんの出演が決まっているなら、
万が一ありえないかなあ…
いや実際9999/10000とはいわずとも、99/100は無いと思っているんですが、
あったらうれしいなあと…


それではまた次回の更新で
できれば月末くらいに一度更新できればと思います



7/20のさいアリ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 74

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

fe
2013年07月22日 09:58
こんにちは、21日の公園にライヴシネマで参加してきました。CDは無事に買えましたがパンフレットが売り切れという微妙な感じでしたが。

シアトリカル(演劇的)と銘打って起きながら必死に逃げる脱走者・意味ありげにピストルを撃った女性をそれっきり登場させず舞台の上で完結させなかったことに大いに疑問を抱きましたが(ブログを見る限りパンフレットを見ないと補完できないって…)それは私が「映画」として捉えてたからこその話かもしれません。もちろんほめるべき所もあって、表情の覇気・リアルな動きはライヴシネマでないとわかりにくいし、「Dawn Valley」の画面とのシンクロが素敵でした。穏やかな音楽に戦時中の画を流すという水と油を違和感なく融合させんとするセンスがいいです。

EDMとはこういうものだ、この曲だってEDMに改造できるんだ、これがTM流EDMだという気概が十分すぎるくらい伝わって来ましたが、私がいいと思ったのが「Be Together」のイントロをストリングス調にしたことです。音の厚みがこれまでのライヴとは比べ物にならないほど厚かったです。その後、「Dawn Valley」「Fool On The Planet」の壮大さ・透明感・無機質さに触れて、今でも反芻します。あそこまでアレンジされるともはや「電子音重視ですよ、生音は最低限ですよ、それがどうかしましたか?十分楽しませますよ」というあらゆる意味を収めた宣言に聞こえました。

それでも、「I am」での生ドラムの重い音が表現する生命力といい、EDMの体現だけでは終わらせない人の力を確かに感じられて嬉しかったです。

久々に音楽ソフトで「これは絶対に買う!」と思わせるほどに作りこまれていました。楽しい時間でした。

失礼いたしました。
いー
2013年07月22日 11:10
初めまして!
いつもこちらのブログを楽しませていただいてます。
25年来のFANKSです。

今回のライブの分析、素晴らしいですね!!
こちらを読んでもやもやがスッキリしました。
ありがとうございますー!
私は、一日目ライブシネマ、二日目さいアリだったのですが、ストーリー的にわからない部分が多くて、ここでスッキリ出来て嬉しいです。
セットリスト的には、1日参加でよかったかもですが、内容を理解しつつ楽しむには2日とも見ないと難しかったかもですね。

今回、自分的に、なんとなく不完全燃焼感があったのは、いろいろと削られてしまったせいなんだなと思いました。
冒頭の「Children~」や「Ignition~」をウツが歌ってくれていたら・・・ウツが恋する部分をカットせず「8月の~」等も歌ってくれていたら・・・きっと大満足なショーになっていたと思います。
それでも、今できる範囲でしっかり仕上げてくれて、十分に楽しめました。
小室さんのアレンジすごく格好良かったし、ウツも格好いい姿を魅せてくれました。

来年30周年をすごく楽しみにしています!
8414+
2013年07月22日 16:13
はじめまして、こんにちは。
一途な恋、ですが・・CDとの掛け合いじゃなく
木根さんとの掛け合いじゃなかったですか?
そんな風に私には聴こえ(見え)たのですが・・・CDでしたか・・・
hi
2013年07月22日 17:40
福岡から二日間ともいってきました。CHILDRENだけでも16000円の元が取れた気がします(´∀`)
まかろん
2013年07月22日 19:28
こんにちわ。
ぼくは、初日は会場で、二日目は映画館で鑑賞しました。
今回の管理人さんの文章もかなり読み応えありますね。
ぼくもChildren Of The New CenturyやIGNITION, SEQUENCE, STARTはかなりカッコいいと思いました。
今回はかなり小室さんのLIVEアレンジを作りこんでるな~と思いました。
次は、いつなんだろう…
おわり
チロル
2013年07月22日 21:09
仕事の都合で二日ともライブシネマで観賞しました。昔は会場に行けなければ泣き寝入りしかなかったのに、便利になりましたね。でも1日だけでもさいアリに行きたかったです。。
自分の脳内の記憶を補完しながら、今回も楽しく読ませて頂きました(^^)
感極まって泣いてしまったり、笑ったり(木根さんのくだり)、ポカーンだったり、、特に今回のライブは自分の感情が大きく振られて忙しかったです。
そんなところがやっぱりTMらしくて、FANKSは辞められないなって感じです。ウツも先生も元気になってくれて本当に良かった。三人がまた揃ってくれて本当に嬉しかったです(T-T)
kuri566
2013年07月22日 21:34
今回、2日目は木根サイドのレベル200前方でしたが、ステージとほぼ同じ高さから鑑賞でしたので、電車や沼とかよく見えました。アリーナに降りたいという願望がありましたが、今回のセットならアリーナ後方より直線距離も近いし、圧倒的に見やすかったということですね。3人の表情もよく見えました。

これだけの文量を一気にかけるなんてすごい!しかも昨年のライブに引き続き文章の端々が「熱い!」そしてツッコミどころといい、YOU CAN DANCEのイントロに引っかかってウオーと反応して悔しい思いをするあたりといい、まったくリアクションが自分と同じで嬉しくなりました。

実は、2日目の「一途な恋」の出だし、8小節前に一瞬ウツがマイクを口元に構え、「まさかのフライング歌い出しか!」と一瞬ヒヤリとしましたが、気づいてマイクをおろしたのでホッとしました。東京ドームのカモエビの悪夢がよぎりました。BD出たら確認してください。
you
2013年07月22日 22:08
詳細ありがとうございます!
昨日行ってきました。さよならの準備は無くて安心しました笑
8月の長い夜はあるかもと思っていましたが構想のみでしたか。。

僕も消化不良感は満載でしたが、確かにこの状況のなかここまでの内容でやってくれたのは良かったのではないでしょうか。
意味不明なストーリーと芝居についてもELECTRIC PROPHETやTIMEMACHINEのような小室歌詞の世界観の延長ですので、理解しようとするよりは様々な解釈があるくらいでよいのではと1日経って思えてきました。


と言いながらもGreendaysについては、新曲ではなく今なぜこれなのか? 昨年のI amの持つポジティヴさに対して、今年病み上がりの人に「土に還りたい」と歌わせるとはなんぞ、というのもありますが笑、04年当時の心境となにか繋がるものがあったのでしょうかね。04年の時は曲前のMCの雑さwもあり、そこまで重さを感じなかった曲でしたが、今回は僕もあの老夫婦を見てKCOを連想しましたし、ちょっとヘヴィな印象でした。今回この曲についてどういう意図だったのかはまたインタビューとかで喋ってほしいですね。



と、言えばきりがないですが、30年に向けたフォーメーションラップと捉えて来年を楽しみに待ちます!アルバムも期待したいですがさすがにそれは無理かな。。
長々失礼しました。
ワイン好き
2013年07月22日 22:37
2日目は初日よりウツの声もよく出て動き回っていたように見えました。こちらがヒヤヒヤさせられる位。
シネマはよく見えた分ウツがちょっと無理しているかな?と思われる素振りが分かり気になりました。私がそう見えただけかもしれないんで詳しいことには触れませんが観客を喜ばせたいとウツの心意気が随所に伝わりそれに応えようとだけ考えました。

管理人様のストーリー分析はとても解りやすく納得しました。自分は最後までよく理解できませんでしたが老夫婦が小室さんとKEIKOさんでは?と私もそう思いました。GREEN DAYSは優しい曲なので小室さんがKEIKOさんに捧げた作品なのかな?と情緒的になってしまいました。

CAROLは本当ウツボイスで聴きたかったですね。あの世界は正直あの形は考えられないです。リアルタイムは永遠的なものでCAROL再びみたいなのががまた出てきたらガッカリです。

小室さんがご自身も万全ではない中休みなくずっとシンセに淡々と向かいウツをサポートしていた様子を見てライブ成功を実現させようと懸命だったのが窺えました。
来年はもっと期待して素晴らしいライブになりますように。



あすか
2013年07月22日 23:00
皆様お疲れ様です。二日目に参戦しました。ウツが出てきたときは、本当に泣いてしまいました。二人の元にゆっくり進んでいくウツを見て、本当によかったと思えました。来年への序曲と思えば、大量にある素晴らしい楽曲を繰り返し聞いて「その日」を待とうと思います!KEIKOも来ていたようですね。もっと素敵な出来事がたくさんたくさん、TMメンバーとFANKSに起きますように…これからも、管理人様の詳しい解説楽しみにしてます!
GAUZE
2013年07月22日 23:01
2日間のコンサート、本当に無事に終わって良かったです。初日の「Beyond The Time」でウツの病み上がりとは思えない麗しい歌声が会場内に響いた時はウルッときちゃいましたね。去年のALL THAT LOVEの時も同じ曲で涙腺崩壊したのを思い出します。
紆余曲折を経てまた3人が揃い自信を持って僕らFANKSに素晴らしい楽曲とメッセージを届けただけでなく、次の彼らのアクションをワクワクしながら待つことができる喜びは何物にもかえがたいですね。
今はとにかく素敵なステージを魅せてくれた3人とサポメンや外国人俳優さん達、彼らを支えたクルーの方々にありがとうとお疲れ様の拍手を送りたいです。
Cyan
2013年07月22日 23:39
こんばんわ☆詳細どうもありがとうございます!
もう3人に姿を目に焼き付けるのに精一杯で、ストーリーとかほとんどわからずじまいでした。
私は21日の参戦で、当時高校生だったときにEXPOに入って以来20年振り?くらいに3人の姿を目の当たりにして・・・もうそれだけで本当に感無量でした。まさに、16あの頃の気持ちが甦って来て、泣けそうな所がたくさんありましたが、メイク崩れちゃう(笑)とか、涙でステージがかすんでしまうのはもったいないと思い、ぐーーーっと自分の心の中にしまっておきました。
ウツさん、痩せてましたね・・・長い手足がより一層長く見えました。
それでも、術後まもなくて万全じゃないと思われるのに、声も変わらず出てて、笑顔も見せて、動き回る姿は、本当にすばらしくて素敵でやっぱりかっこいいですね☆
「みんなに逢えて嬉しいです」で、また号泣しそうでした。
1日目の「ただいまでーす」も聞きたかったな・・・。
「I am」が聴きたいと思ってたので、2日目に聴けたのは嬉しかったですね。
あ、私も一緒で、YOU CAN DANCEにテンションあがって落とされました(笑)
そして、最後去るときのウツさんの笑顔・・・凄く印象的でした。

ウツさんを気遣って、小室さんも木根さんも頑張ってましたね。ホント、小室さんはほぼずーっと出てたから、大丈夫かな・・・とちょっと心配になりましたが、最後までも黙々と成し遂げる姿はやっぱりプロですね!

長々とりとめもない文章ですみません。
来年の30周年もまた参加出来たら嬉しいです。
また3人の元気な姿と素敵なライブが観れることを期待したいと思います。
NT
2013年07月23日 07:49
毎回、夢中になって読んでしまいます。管理人さんのレポート、わかりやすくて楽しいです。更新、本当に楽しみにしています!
あきこ
2013年07月23日 09:41
2日かけてじっくり読ませて頂きました! 1日目参戦しましたがパンフ買えなかったので、詳しい解説に納得するとともにライヴの模様と音が頭に蘇ってきました♪
にゃろ
2013年07月23日 22:27
ほんとにほんとに久しぶりのライブで踊って歌って(叫んで!?)楽しんできました。が、ストーリーは??だったので、管理人さんのレポ見て、思い出しながらなるほどねーと自分の中で整理出来てきました。ありがとうございます。

2時間はあっという間で物足りなさはあるんですが、今できる中での最高のステージを作り上げてきたと私も思います。

タイムマシンは電車だったんですね。パンフ見るまではバスだと思っていました。。。それにしてもパンフのお絵かきしているてっちゃん、カワイイです☆
あと、オープニングのイントロでクリストファー弾いてませんでした?ほんのちょっとだと思うんですけど。

30周年ももっともっと素晴らしいステージを見せてくれることを期待して待ちたいと思います。
kuri566
2013年07月24日 06:50
〉にゃろさんさん
たしかに、オープニングのChildren~Ignitionの間にクリストファーのイントロに似たフレーズ(1フレーズ目のリフレインになっており、正確にはクリストファーのイントロとは完全には一致しないんですが)がしばらくの間ループして、その間に小室センセがトレインから登場し、シンセブースに向かうという流れです。

トレイン前部がパカッと開き、まばゆい光の中から人が登場するしかけなのですが、BGMがクリストファーのフレーズのリフレインだけに、「あれは冷蔵庫型タイムマシンで、中から老婆が出てくるんじゃね。」とライブの時は一瞬想像してしまいました(あとでホントに老婆が車いすで出てくるのですが)。でも冷蔵庫ではなく電車でしたが。

FBの公式セットリストにもクリストファーという表記はないので、正式ではないですし、本人も意識してはいないとは思いますが。小室せんせの好きなフレーズなんでしょう、ぐらいにとらえておくとよいのかもしれません。ライブでは好きなフレーズをいろいろな曲で使い回してますしね。
haru
2013年07月24日 14:47
 島根県から泊まり掛けで埼玉に出かけて、両日とも見ました。

 個人的に印象に残ったのは初日、開演から宇都宮さんが登場するまでの間、今までとは違う緊張感が館内に漂っていたことでした。病気を発表してから一切メディアに出ていなかったので「宇都宮さんは十分に歌えるのか?動けるのか?」と心配していた人が大半だったでしょう。それだけに「BEYOND THE TIME」で宇都宮さんが登場した時の大歓声は今でも耳に残っています。

 あとCAROLの部分ですが、一つのショーとして見るならアリかと思いますが「TMのライブを見に来た」と思うほど不満が大きくなる気持ちも十分理解できます。自分も途中で「海外のミュージカルを見に来たのかな?」と錯覚するほどでした。

 その後のバーの部分では「一途な恋」を初披露してくれて良かったのですが、ワンコーラスで次の曲に移る展開だったので何かメドレーみたいな感じがしました。まあ、これもやむを得ないとは思いますが…。
 
 それから当初2日間見て一つのストーリーになると聞いてたので、両日の内容の違いを楽しみにしていたのですが、結局「RESISTANCE」を「I am」に変えただけだったのは残念でした。それでも「RESISTANCE」はフルで披露しただけ良かったのかもしれません。

 あと一番残念だったのは調査報告書が購入できなかったことです。ライブ後の通販でもすぐ売り切れたみたいですし…。

 今回は色々事情があったので、ミュージカルの要素が強く出たライブになったと思いますが、何はともあれ宇都宮さんの元気な姿が見れたので本当に良かったです。

 来年はいよいよ30周年ですが、まずは新曲がたくさん詰まったオリジナル・フルアルバムをリリースして、ライブツアーもやって、十分満足できるステージを見せてほしいと切に願っています。
yousuke
2013年07月24日 18:50
2日目のみの参加でしたが、感動しました。
最初からインスト曲をやるとは想像もつかなくて驚きました。
グッズは、パンフレットとCDを購入を予定してましたが帰りにはすでに売ってなくてがっかりでした。
CDは何とか発売になりませんかね?
続きもあるようなので期待しています。
nigisuke
2013年07月26日 03:58
いkつも楽しく拝見しています。ライブ、3人が揃っている上に葛城さんまで参加でもう涙モノでした。
葛城さんのブログにもジーンと来ますよ。
他の方も触れていらっしゃるのですが「一途な恋」は木根さんとの掛け合いで演奏されていたように見受けられました(初日はシネマでわからなかったのですが2日目アリーナから見てましたが木根さんが歌ってました)。
調査報告書が手に入らなかったので消化不良気味です。また、詳しいお話を読ませていただけたらと期待しています。
r
2013年07月26日 13:22
いつも楽しく拝見させてもらってます。
随所に入るツッコミ、すごく共感できて笑わせてもらいました。

私はオペラグラスでもぼやけるくらい遠い席だったのですが車椅子の女性やはり歩いてましたよね?ていうかドリフのオープニングみたいなリズムとってノリノリでしたよね。
にゃろ
2013年07月26日 22:11
>kuri566さん

解説ありがとうございます。
冷蔵庫、言われてみれば見えます、冷蔵庫に。。。ウチのと同じ両扉(笑)
青い惑星の愚か者
2013年07月27日 02:38
ライブのしわ寄せで仕事が大変なことになっておりました!
返事が遅れてごめんなさい!

>feさん
Dawn Valleyを使うことで、悲しい結末として戦闘シーンを表現することは成功していましたね
私は両日ともライブ会場にいたのですが、ライブシネマだとより分かりやすいところもあったでしょうね
後半の一連のEDMミックスも良かったです
あの勢いで各曲フルコーラス聞ければ…とも思いますが、ショートバージョンだからこそ曲数を聞けたともいえるかもしれません

>いーさん
もやもやが解決できて嬉しいです
私もやはり不完全燃焼的なところは少なくないのですが、今できるところで最善のところはこれくらいなのかなとも思います
ウツの時間が減った分、小室さんの気合の入った新アレンジがいっぱい聞けましたしね!

>8414+さん、nigisukeさん
一途な恋、私は木根さんのコーラスは気付きませんでした
ただ掛け合いの声も、メインはウツだったと思います
木根さんも上からコーラスをかぶせていただけで、木根さんの声だけではなかったんではないでしょうか(確証はないですが、印象です)
確実なところは後日のWOWOWか、メンバーのコメント待ちですね

>hiさん
Childrenは、あそこまで来たら歌うと思ったんですけどねえ(笑
でも一瞬演奏してくれただけでも嬉しいと思うべきでしょうね
KISS JAPAN DANCING DYNA-MIXの時もほとんどインストで演奏されましたし、インスト向きの曲なんでしょうかね

>まかろんさん
ChildrenとIgnitionは良かったですねえ
次は来年の4/21当たりにCDをリリースするかライブをやるか、どっちかだと思います
その頃はあけておいて下さいね!
青い惑星の愚か者
2013年07月27日 02:39
>チロルさん
今回は感激したりポカーンとしたり、振り回された感が強いですね(笑
そんなところも含めて、今回は最盛期のTMらしいライブだったと感じます

>kuri566さん
でかいステージはアリーナよりも上からの方が分かりやすかったりしますよね
ただ私は一日はアリーナ後方でしたが、存外よく見えました
You Can Danceはうぉー!ってなりますよね!
マジでくやしかったですねよ
一途な恋では、ウツがマイクを持ちつつタイミングを計っていましたね(笑

>youさん
来年のアルバムは、私は期待しています
というか、来年出さなかったら、もう永遠に出ないでしょうね
Green Daysについては、私もなぜ今?と思いましたが、KEIKOさんに続いて小室さんやウツの件もあったし、「死」を身近に感じて真剣に考えるようになったとも考えられますね
ストーリーの謎さは、小室さんとしてはファンの間で謎解きを楽しんでもらいたいのかもしれません(エヴァとか進撃の巨人みたいに)
私の解釈も可能性の一つにすぎませんしね
たぶん、当人が面白ければそれで正解なんでしょう

>ワイン好きさん
ライブシネマ組の方が気付くことができたところも色々あったんでしょうね
しかしウツはあくまでもファンに楽しんでもらいたいでしょうし、そこらへんに突っ込むのは野暮なのかもしれませんね

>あすかさん
KEIKOさん、来ていたらしいですね
付き添いはいたんでしょうけど、もうかなり大丈夫な感じなんでしょうかね
ウツもやり遂げましたね
来年も楽しみです

>GAUZEさん
今回のライブ実現まで、関係者は本当に大変だったと思います
ありがとうとお疲れ様の拍手、私も送りたいです
青い惑星の愚か者
2013年07月27日 02:40
>Cyanさん
涙こらえるの、大変だったと思います
”みんなに逢えてうれしいです”は、客席盛り上がりましたね
ウツはがんばりました!
You Can Danceは悔しかったですよねー

>NTさん
ご覧頂きありがとうございます
次回もライブ関連のまとめをやりますので、よろしく!

>あきこさん
2日もかかったんですか!
長ったらしくてすみません(汗
次はWOWOWかBDでご確認下さい
結構間違えているかもしれませんから(笑

>にゃろさん
あれは確かにバスにも見えますね
木根さんが駅員の格好しているからまだ分かりますが…
ちなみに私は初日、電車そのものが見えず、何が起こっているかわかっていませんでした
2日目の終わりになって、最後の曲がLove Trainの理由が分かりました
クリストファーについては、実は初日公演が終わった後、飲み会で話題になりましたので、2日目に注意して聞いていました
たしかに似ているフレーズを使っているのですが、クリストファーとして使っているのかは微妙で、メンバーの発言が無い限り、私は偶然似ているフレーズと考えれば良いと思っています(なのでセットリストには入れていません)
kuri566さんがおっしゃる通り、小室さんの好きなフレーズの一つということで考えておくのが穏当ではないでしょうか

>haruさん
ウツが登場するまで時間がかかったから、観客はみんな緊張していましたよね
イントロをひっぱったのも、それを意識してのことなんでしょうが
2日で1曲しか変わらなかったのは確かに残念です
しかし今回の場合、ウツのリハーサルの負担をできるだけ減らしたいという考えもあったのかもしれません
だからいつもやっている曲ばかり演奏し、そのアレンジを変えるという形にしたのではないでしょうか
青い惑星の愚か者
2013年07月27日 02:41
>yousukeさん
CDは、小室さんがTwitterで、一般の入手も考えていると発言していますので、何かやるんじゃないかと思っています(配信とか?)
今回に限っては、グッズは早めに来て買うべきでしたね
私は初日開場一時間前に着いたので、無事購入できましたが、良かったです

>rさん
ええ、老婆は歩いているどころか、立ってリズムを取っていましたよ!
まあ小室さんも、そこまで細かい設定は考えていなかったんでしょうね
しかし、最後はTM3人がタイムマシーンで帰ってしまいますが、同じタイムマシーンでつれてこられたCAROL娘やスナイパーや老夫婦は永遠にここにおいていかれるのでしょうか?
ちょっと気になります
ゴロ寝
2013年07月27日 06:30
初めまして。
毎回感心しながら、そして楽しく
読ませていただいています。

十数年ぶりのコンサート参戦。
会場でウツの声に包まれる幸福感。
この三人に出会えて本当によかったと、心から思いました。

さて、小室さんの12日のTwitterに、ヒントとして、‘海苔‘を挙げられているのですが、これは何を指しているのでしょう? 私にはサッパリでして・・・
黄泉
2013年07月27日 10:54
いつも興味深く拝見しております。

両日参加し、純粋に音として楽しめたものの、
物語としては「僕らのWords 僕らのStory 近づけないよ Nobody Can♪」だった気がします(^_^;)
(そう言えばこの曲、「アクシデント」と「永遠のパスポート」に挟まれてますね。)

瑣末なことですが、松尾和博さんがベースと記されていますが、ギターではなかったでしょうか?
Cheb
2013年08月05日 19:45
今回のライブ、2時間弱という短いものだったり、ショートバージョンやウツが歌わない場面があった点は少し残念でした。
特にCAROLの場面はフラストレーションたまりましたね。ウツ本人がステージにいるのにっ!って。私は2日間ともアリーナ10列目付近でしたが、両日ともこの場面では私の周りでも座る人が続出でしたよ。

でも、てっちゃんのEDM風アレンジで生まれ変わった既存曲には痺れました!ゲワイは格好良かったですよね。そして何と言ってもオープニングの2曲のクールさといったら!!
今回は歌の面でウツに負担をかけられない分てっちゃんが頑張って音を作りこんだ、という印象を受けましたが、彼自身も病み上がりなのに事前準備だけでなく本番中もオープニングから最後まで出ずっぱりでストイックに弾いていた姿にも痺れました。

ちなみに「一途な恋」のイントロ、私も何かわからなかったのですが雰囲気からして「Don't Let Me Cry」かと思ったので、歌が始まった時にはびっくりしました(笑)。
青い惑星の愚か者
2013年08月07日 07:01
>ゴロ寝さん
「海苔」って、これですよね↓
( ^ ^ )/■海苔
これはヒントではなく、「以前、ツイで、海苔みたいですねと、あったから」ということです
乾杯!のAAのカップの部分が海苔に見えるというツッコミがあったんですね
https://twitter.com/Tetsuya_Komuro/status/355531113168515072

>黄泉さん
松尾さんの件、確認したら、確かにギターでした!(松尾ブログで確認)
松尾さん、ギタリストですしね
ご指摘ありがとうございます
直しておきます

>Chebさん
Chebさんの場合、はるばるイギリスからですから、お気持ちは分かります
しかしまあ、あのCAROLがなければ、ライブがその分短くなったと思いますよ
小室さんのアレンジは、素晴らしかったですね
来年もっと聞きたいです!
まさと
2013年08月07日 21:59
そういえば、ライブ前に小室さんが、ラジオか何かで、今回のライブでRAINBOW RAINBOWのジャケットで、何故ドアが砂に埋まっているのか、その謎解きもあるみたいなニュアンスの事を言っていた気がしたんですが・・・。ふと思い出しまして・・・(^^;)
ゴロ寝
2013年08月09日 08:00
管理人様

ライブのヒント、という意味ではなかったのですね(・・;)
いや~恥ずかしい恥ずかしい。
穴があったら、もっと掘って潜り込みたいくらいです。
こんなしょうもないことに、返信してくださって、ありがとうございました。

来年は、GETWILDなんたらver、というのでは決してなく、
新曲を、アルバムを発表してほしいです。三人の健康を祈って。
青い惑星の愚か者
2013年08月10日 02:07
>まさとさん
ああー! そういえばそんな話ありましたね!
すっかり忘れていたけど、結局なんだったんでしょうか?
あの扉がタイムマシンの残骸とか?
ウツの件がなくて予定通りの内容でやっていれば分かったんでしょうかね

>ゴロ寝さん
いやー小室さんのTwitterは、正直読むの難しいですからね
私もここの記事を書くために、日々格闘しています(笑)
今回のライブを見ると、来年のアルバムは期待しちゃいますね
歌入りの新曲中心に、小室:木根=7:3の黄金比率のアルバムを出して欲しいです

この記事へのトラックバック

QRコード