20 Years After -TMN通史-

アクセスカウンタ

zoom RSS BD/DVD「the beginning of the end」発売

<<   作成日時 : 2014/09/27 23:37   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 17

9/24、BD/DVD「the beginning of the end」がリリースされました!
私は限定版BDを買いました
amazonで発売日にゲット!
仕事から帰って、深夜12時から見始めるという自殺行為を敢行しました


当日のこと、思い出します
この会場のどこかに自分もいるんだよなあ…(キモい?)
あれ? 3人こんなにかっこよかったけか?とか、
やっぱ上着を脱いだ時の衣装デザインは微妙だなあとか、
色々と思いながら楽しみました


音に関しては、ドラムの音を控えめにして、
小室さんの手弾きのフレーズがよく聞こえるように強調しているような気がします
小室さんのファンには嬉しい配慮かもしれませんが、
ライブ当日とは聞こえ方が変わっているところが結構ある印象です
「incubation Period」「START investigation」では、
こういうことしていないと思いますが、今回は方針が変わったのかな


他にも結構音をいじっているようで、
たとえばウツ木根のデータ入力シーンでは、キーボードを叩く音が聞こえます
当日録音していたと考えることもできますが、
おそらく上から音を足しているんじゃないかと思います
もちろんこれは演出上の工夫であって、むしろがんばっていて良いと思います


あと、エンディングの「Malibu」が、
ひそかにロングバージョンに進化していました!(誰得?)
今回はなぜこんなに「Malibu」が大切にされているんでしょうか?


映像については、
今回はライブ映像の他にも、寸劇前後のシーンなどで、
別に撮影した扉や人型入りカプセルなどの映像も使われており、
またところどころ(大した意味はないけど)ナレーションが入ったりします


たとえば「Loud」イントロで幕が開いて宇宙船のセットが現れ、
スタッフが楽器などを運んでくるシーンは、
客入れ前に撮影したメンバーのいないステージの映像が映されたため、
見ることができませんでした
映像としてより見栄えがするようにしたのでしょうが、
元のままでも良かったかなあと思います


今回個人的な萌えシーンは、
「Be Together」1番間奏が終わる時、
木根さんが自分のブースにギリギリ焦って帰ってきて、
そこで待ち構えていたウツが歌いながら笑っているところと、
それを見て、それまでずっとむっつりだった小室さんが一瞬微笑むところです
曲の最後では木根さんが小室さんのブースに来ますが、
この時も小室さん楽しそうに笑っていました
仲良いですねえ(笑


少し気になったのは、
今のライブ映像編集の一般的な方法なんでしょうが、
メンバーのアップが多くて、
全体を俯瞰できる映像が少なかったことです
照明とか後ろに映る映像とか、
ステージ上の演出が分かりにくいです


ウツをアップで見たいファンも多いでしょうから、
これは賛否両論あるでしょうけど、
もう少しバランスよくしてもよかった気がします
今回は武道館などと比べてステージが小さくて、
見栄えがしづらいことがあるのかもしれません


今回気づいたこととしては、バトンの文字があります
最初ウツが赤子キャロルに渡したバトンには、
白い文字で「TM NETWORK」と書いてあったのですが、
10代の姿で再登場したキャロルに渡したバトンには、
「TM NETWORK」が赤い文字で書かれています
どうやらこの2本のバトンは、別のもののようです


私は以前、トレーラーで「PASSPORT」とされていることから、
このバトンはTMがキャロルを呼び寄せる機能を持つアイテムであり、
ウツが10代キャロルに渡したバトンは、
キャロルを召還した時に携行してきたものを返したんだろうと推測しました
しかし文字の色を見る限りは、新しいバトンを渡したようです


改めて映像を見てみると、10代キャロル、
カプセルから出た直後は体の動きもままならない感じなんですが、
これは生まれたばかりであることを表現しているようにも見えます
小室さんも、「the beginning of the end」の最後のシーンを、
「アンドロイドができた」と言っています


もしそうだとすると、キャロルは赤子姿でロンドンへ送り出され、
カプセル内で眠ったまま10代の姿に成長してから、
再び母船に回収され動き出したのでしょうか
それだとロンドンに送り出した意味が全然ない気がするんですが…


ここらへん、なかなか合理的な説明が困難で、悩みます
一番ありそうなのは、
あまり考えていなかったというのが真相だというオチですが…
初めは赤子をロンドンに送り出して終わりだったんだけど、
最後の国際フォーラム公演だけキャロルが出ることになったから、
難しく考えずに登場させてしまった…というだけのような気もします
(多分そう)
まあこんなうだうだ考えなくても、
あと数ヶ月で小室さんのCAROL2小説が発表されるわけですが…


などなど、少し気になる点を挙げましたが、
今回映像化されたライブは、
エンターテインメント性とコンセプチュアルなステージを両立させたすばらしいものです
「incubaion Period」=エンターテインメント重視
「START investigation」=コンセプト重視
とすると、その両者を実現できたライブが今回だったと思います
早い話、2012年の再始動後では、今回がベストアクトと思っています
すばらしいライブですので、購入を迷っている方も、迷うくらいなら思い切ってご購入を!


付属のブックレットにはいい感じでライブの写真がたくさん入っています
今回は雑誌などで事前にあまり写真が見られなかったので、
結構貴重かも知れません


ライナーには「Cube」の歌詞がニューバージョンで収録されています
「密室みたいに」は「屋根裏みたいに」になっていますね
しかしなんでここ変えたんだろう?
「out of my empty cube」の後に「everyone」を入れたのは、
音数調整のためということで理解できるんだけど


小室さんのムービーコメンタリは、今回も藤井徹貫がインタビュアーでした
「the beginning of the end」のコンセプトは「4D的な映画」で、
オープニングも映画のようなものにしたということです


小室さん、ライブが終わってからも、
モニターで客の席の立ち方を観察していたそうです
映画が終わって、さて帰ろうかなという感じだったら成功ということらしいですが、
そんなとこ見てたんだ!


また、ステージのイメージは「2001年宇宙の旅」
衣装のイメージは「スタートレック」だったということです
SF映画を意識したステージだったという点で、
去年の「START investigation」の延長だったのでしょうし、
多分「Quit30」もそうなるんでしょうね


あと小室さん、「Kiss You」の木根さんギターソロ見ながら、
「これ、エアギターじゃないです、これ一応」というコメントは、
余計すぎると思いました(笑
徹貫も「ワハハ」


さらに小室さん、木根さんのプレイを見て、徹貫と一緒に笑いながら、
「なにか今、すごいことしてましたね」「あんなことやっていたんですね」とか言うし!
木根さんがんばっているのに、笑うことないじゃん!
でもこういうつっこみを楽しそうにやっているあたり、
小室さんがホント木根さん大好きなんだと感じます


オリコンの音楽DVDデイリーチャートでは、9/23に5位、9/26に15位となっています
多分週間10位には入ると思います
音楽BDはデイリーチャートがないので様子は分かりませんが、
今までの例ではBDの方がランキングは良いので、今回も多分そうでしょう
(BDは商品数が少ないから当たり前ですけども)


次は待望の7年ぶりのニューアルバムですが、
9/26に「完成まじかです」発言、来ました!


小室さんのお気に入りは20分の「QUIT30」だそうです
これ、キーマガで小室さんが言っていた「すごく長い曲」ですよね
20分… これ、ライブでやるんですよね…ごくり
かつての「Major Turn-Round」に続く緊張感溢れる時間になりそうです


Season2「Quit30」のチケットは9/20と9/27に一般発売されました
予想通り関東地方の公演は全部売れてしまいましたが、
地方公演は札幌・大阪以外はまだ買えるようです(9/27現在)
ただ福岡は残り少ないようです
売り切れる前に早めのご購入を!

ローチケ:福岡(立見のみ)・広島・仙台(立見のみ)
チケットぴあ:福岡(立見のみ)・広島
e+:福岡(立見のみ)・名古屋・広島・仙台(立見のみ)
TANK! The Web:名古屋


Season2を目前に控え、宣伝企画も色々と出てきました
まずyotuubeでは新動画が公開されました
「TM NETWORK/1分で分かるQUIT30までのあらすじ」とのことですが…
冗談でつけたのか?というタイトルに加え、
1分とかいいながら1分57秒あるのは、
看板に偽りありの一歩手前の気がします
ただ内容はこの3年のライブ映像を編集しナレーションをつけたもので、
意外と普通に見られます


JFN系列各局で放送中の「Artist Produce Super Edition」では、
10月のパーソナリティをTM NETWORKが務めることになりました(全5回)
1ヶ月とはいえ、久しぶりのTM NETWORKレギュラーですね
「Beat Club」が終わってから13年ぶりですか?


ついでニコニコ動画では、
3人の誕生日に当たる9/26・10/25・11/27に、
TM NETWORKの特番が組まれることになりました
すでに放送された9/26放送分は、
「incubation Period」以後の3本のライブ映像を放映するというものでした
10/25にはメンバー3人が生出演し、11/27は詳細未定だそうです


9/26は、放映映像自体はBD/DVDを持っていれば見る必要はありませんが、
「START investigation」の終わり頃に木根さんがワイプ出演し、
ニコニコ動画運営の要求に応じて、
次回出演時にファンにプレゼントをくれることになりました
プレゼントは「Remember Me?」の時にかけていた度付きサングラスだそうです
それって使えないジャン…
もちろん実用品としてプレゼントするわけではないでしょうけど


小室さんは9/25〜10/7の間、「MA HEAD LINE」に7回出演し、
30周年の感想や、BD・アルバム・ツアーについて語るそうです
…って、有料放送かよ orz
これは見れないなあ
見たいのに、残念
見た方がいらっしゃったら、内容教えてください


また9/14、小室さんが「The Big Parade」でトークショーを行ないました
話の内容は今月発売の「Keyboard Magazine」で話したのとかぶることが多かったようですね
TM話は特になく、音楽やネットについて語る内容だったようです
まとめサイトができていますね


9/24にはbillboard tokyoで、
小室さん・坂本美雨さんのコラボライブがありました
すでにライブレポが出ています
演奏曲は「Departures」「Can’t Stop Fallin’ in Love」「悲しいね」「My Kick Heart」「Love Brace」「The Rose」「永遠と名づけてデイドリーム」「in aquascape」、ピアノソロ、「Seven Days War」だったようです
結構やりましたね
私が4月に参加した時はこんなにやらなかったんだけど…
TM話はしなかったんでしょうかね
この後10/4にも、billboard osakaで美雨さんとコラボライブがあります


「小室哲哉ぴあ TK編」の発売日も決まりました
10/29、Season2初日です
以下、amazonの商品解説から、内容を転載します

1.小室哲哉ロングインタビュー
2.TKスペシャルトークセッション
・時代を共に創り出したプロデューサーからTKへの提言 小室哲哉×秋元康
・音楽の未来を語る 小室哲哉×ジェイ・コウガミ
3.証言! TK LEGEND
1990年代半ばよりチャートを席巻した“TKサウンド"の歴史を、音楽仲間、関係者のコメント、
当時の写真等のアーカイブ資料を交えて綴る。
先駆的なアイデア満載だったプロデューサーとしての視点、
音楽的な実験精神に満ちた実演家・作家としての視点を検証。
4.TK WORKS HISTORY ~小室哲哉によるTK100曲解説
代表曲、隠れた名曲100曲を小室哲哉みずから解説。
歌詞、楽曲、アレンジ等への実作者ならではのこだわり、込めた想い、
当時の技術やトレンドの取り入れ方から、いままで語られてこなかった名曲成立のエピソードなども加え、
懐かしさと再発見、驚きと共感を生むこと間違いなし。
5.TKソング全曲カタログとビジネス検証
空前のCDセールスなどマーケティングの観点からTKの功績を検証。
6.WE LOVE TK! ~著名人、関係者、ファンからTKへのエール



以上、今回は近況整理のみでかなりの量になったので、ここまでにします
次回「Log-on to 21st Century」の残りを書いて、
その後はしばらく「Quit30」とニューアルバムの話題になると思います





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end (Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end (DVD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
国際フォーラムで感じた感動と幸せを思い出し、幸せな時間を過ごしています
もっとも、青い惑星の愚か者さんのようにいろいろ覚えてはいませんが…
これからも活発な活動が続きそうで良かったです
私はなかなかチェック出来ないので、こちらの記事を楽しみにしています
よろしくお願いいたします



iyotae
2014/09/28 00:48
音の編集や、途中の挿入映像は少し残念に感じました。それとは別で、藤井徹貫氏のインタビューで、先生がほとんど徹貫氏と目を合わせず話している様子に、徹貫氏に怒ってるのかなぁ、、、なんて思いましたが、おそらく単に別方向にカメラがセットされていたからですね。我々が帰って行くところを先生が見ていたというあのシーンは妙に嬉しかったです。
やまびこ
2014/09/28 05:53
はじめまして。いつも興味深く記事を読ませていただいています。
小室さん出演の「MA HEAD LINE」は放送は7回ですが、残り6回は再放送です。
ちなみに10月5日分はスカパー無料放送の日なので観られる可能性ありますよ!
ベグビー
2014/09/28 09:21
いやあ、萌えシーンがまったく同じでして・・・。あの「なにやってんだか・・・フッ」みたいな小室センセの笑みを何度もリピート再生して見てました。
ツアー初日の「二人エモーションはフォルテシモ離れられない」のところで、木根さんがウツをチョンって、突き飛ばすアクションが仲よさうでほほえましかったんですが、あれって初日だけだっんたんですかね。
オープニングにすごく期待してて、スクリーンが上がった時の観客のオーッていうどよめきがよくて、楽しみにしてたんですが、会場の雰囲気が消されていてがっかりしました。まあ、宇宙ステーションであることを強調するために整理したんでしょうが。スタッフが黒子スタイルで作業するところがインダストリアル的でよかったんですけどねえ。
あと、萌えポイント2として、金曜日のライオンのイントロで「ダンダンダッダンダン」とメンバーがユニゾンで同じリフを刻むところのドラムがロックしててよかったんですが、映像ではドラムが抑え気味でグルーブ感ダウンしたのが残念でした。でも、このBDは、85年頃に「映像作品を作るためにライブをする」という当時の方針に似たものを感じて、すごくいい流れで進んでいるなあ、と次のライブに期待大です。
kuri566
2014/09/28 21:56
ようやく今日手に入れました。まだ見ていませんw管理人さんの感想の感想です。

LOUD、オープニングのスタッフが運んでくるところ、なしですか。あれ、よかったんですけどね。
音もドラム押さえ気味なのは残念です。生ドラムだからこそよかった部分あると思いますし。じっくり聞いてみます。

be together、ウツが笑ったのは、二階からでも見えましたw小室さんも微笑んだんですね。
先生が観客の状況を見てたというのであれば、最後のアレで歓声が上がったのも聞いたんですよね。うれしいなあ。

写真はどれも素晴らしいですが、私にとってはファンクラブ会報のゲネプロのウツがベスト写真です。名古屋1日目1列目センターで見たウツそのものですから。
>kuri566さん
ひじでこづいたのは初日だけかと思います。名古屋・大分・東京では見なかったです。あの辺りは、ウツが木根さんからピックを奪って投げてましたよ。
智紗
2014/09/29 00:37
こんばんは。
やはり「Be Together 2014」の萌えポイントは皆様同じですね。まさに奇跡のトライアングルって感じでした(^^)。
今回のBD/DVDは映像作品としてキチッと仕上げた分ライブの臨場感を味わいたい方は是非ライブ会場で、ということにしたんでしょうかね。

Twitterでも書いたのですが、今回のバトンはTMの曲を記録するUSBメモリーみたいな物かなと僕は思っています。1本目(白文字)のバトンは小室さんのキーボードブースに初めから置いてあったのでそのバトンに演奏された曲をインプットしていき最後に白文字バトンを赤ん坊と一緒に1974年のロンドンへ射出→2本目(赤文字)は何も記録されていないバトンで、ウツがキャロルと思われる少女に渡して「共にこのバトンに情報を記録していこう」と次のツアーでの彼等の行動を示唆しているのかなと推測しているのですが…。

小室ぴあ本は今回買うかどうか悩んでます。TM以前の小室さんの情報が掲載されていれば購入確定なんですが厳しいでしょうね。
GAUZE
2014/09/29 02:35
こんにちは、BD周回してきました。

・kiss youのイントロで松尾さんのギターが鳴り響いている時に、小室先生が「生音に負けてなるものか、シンセサイザーのギター音の本気を見せてやる!」とばかりにギター音を鳴らして、それが見事に融合していました。DOMMUNE以来の進化でした。そしてキーボードソロでふと目を閉じると、生音と全然違和感がない!これからどう進むか楽しみです。

・be togetherで2番目の歌詞が終わった後の間奏でCD版では目立っていたシンセサイザーが引っ込んでRuyさん・木根さん・松尾さんの見せ場になる様にミキシングしていた、そして小室先生も即興かつ原曲の魅力を拡大する演奏が良かったです。

・確かに映画っぽいですね。詳しく例えれば記録映画っぽかったです。時折現れる「Loud」のドア・清潔を通り越して生物感のない舞台美術・全編に掛かった色彩処理が「これは今回のライヴのありのままを映した物ではありません」「編集しています」と言われている様な気がしました(PCも確かに「2001年宇宙の旅」を思わせるデザインでした。後スタッフロールがヨーロッパ映画を思わせる無駄をとことん省いた演出でした)。今回の大道具が「GET WILD DECADE RUN」の方法論を更に深めている気がして嬉しかったです。

・CUBE特に周回しました!青い惑星様の仰る通りウツに負担をかけさせないアレンジでしたが、それをネガティブに感じさせないと共に新しい魅力を引き出す形を同時に成立させた作り方に更に感動しました。

これから更に周回します。失礼致しました。
fe
2014/09/30 13:38
>iyotaeさん
アルバムもできたようだし、ショルダーキーボードも登場するようだし、Season2も楽しみですね!
そろそろ頭を次に切り替えていこうと思います

>やまびこさん
あのモニター見ているシーン、あれをわざわざ撮影しているスタッフも不思議ですよね
でも会場から出て行く自分の姿、小室さんにも見えていたんなら嬉しいな

>ベグビーさん
あ、再放送なんですね!
スカパー、無料放送でも、どうやってみるのかよく分かりません…

>kuri566さん
木根さん突き飛ばしシーンは、私が見た中では初日だけでしたね
多分あの日だけたまたまああなったんじゃないかな
初日、幕が上がった時の盛り上がり、すごかったですよね
TMライブのオープニングで、今までで一番すばらしかったです!
金ライのダンダンダンダンは弱くなってましたね
個人的にはRainbow Rainbowのアウトロで強力なドラムが入るところが、むしろシンセ中心で聞こえるようになっていたのが残念でした
あそこよかったんだけどなあ
逆にこんなシンセあったっけ?て音も結構あって、会場ではよく聞こえていなかった音があったんだなあて思いました

>智紗さん
もうBD見ましたか?
Be Together、1Fだったのに、小室さんはもちろん、ウツが笑っていたのも、全然気づいていませんでしたよ
見ているところて人によってかなり違いますよね
BD見た後の感想なども、また聞かせてくださいませ
青い惑星の愚か者
2014/10/03 01:31
>GAUZEさん
おっしゃるとおり、今回のは映画的演出にも気を回した”作品”なんでしょうね
小室ぴあは、私もどうしようか考えています
TMデビュー前の話も入ったら確かに貴重な情報源なんですが…
でもSERIKA with DOGや渡辺美里は入るかもしれませんね

バトン=メモリ説、面白いですね
それならTMは、曲のデータと一緒にキャロルをロンドンに送ったということになりますね
2本目のバトンにはSeason2でデータがインプットされるんですかね
Season2で注視していようと思います!

>feさん
CUBE、いいでしょう
実は今回の目玉だったんじゃないかと思っていますw
そういやキネバラが2007年以来発表されていないんですよね
今月のアルバムでは期待しています
青い惑星の愚か者
2014/10/03 01:31
 ニューアルバム「QUIT 30」の詳細が発表されました。

 そしてmu-mo購入特典も発表されましたが「QUIT30」に収録される「Mission to GO」のTV Mixを収めたスペシャルCDで、商品の購入携帯によって絵柄が異なるアナザージャケット3種、となりました。

 ニューアルバムは楽しみなんですが、mu-mo購入特典は…。

 管理人さんは今回の特典CDの評価も“ゴミ”でしょうか?
haru
2014/10/07 12:44
こんにちわ Mission to GO のTV Mix 目当てでmu-moで申込みしました。
とりあえず、アナザージャケットは、それほど興味がなかったので、2CD+DVD だけ買うことにしました。
mu-mo購入特典のCDの内容が全て一緒だったので、3種類買わなくて済んだ〜
今回は、納得してmu-moで買います。
発売日には、手に入らないと思いますが…

QUIT30関係の曲ってインストかな〜 とても楽しみです。
まかろん
2014/10/07 15:40
初めまして。「らむ」と申します。
以前より、こちらのブログを拝見致しておりました。
「CAROL」でTMと出会い、26年が経とうとしていますが、
私の知っているようで知らないことも数多くあり、
(特に1992年からの休止の真相など)
「へぇ〜そんなことがあったんか……」と
驚いたり感心したりしながら読ませていただいています。

ニューアルバムの情報も解禁となりましたが、
私の想像以上に豪華な内容のようで
(avexの施策は相変わらずセコいようですが…)
TMのアルバムを楽しみに出来るのは
「Major Turn-Round」以来かも知れません。
収録曲のタイトルもすぐに暗記してしまいました。

ご多忙かと思いますが、次のツアーも控えておりますし、
お身体には気を付けられて下さい。
今後の記事も楽しみにしております。

(以下、不躾な書き込みで失礼いたします。
 私もTM30周年を機にブログを書いておりまして、
 こちらへのリンクを貼らせていただきました。
 http://inako0131.exblog.jp/)
らむ
2014/10/07 21:25
ようやくニューアルバムの情報が解禁になり嬉しいです。曲数が多いのがビックリです。
木根さんの曲も1曲だけですがあるのようなのでこちらも楽しみです。
シングル曲もアレンジが変わっているそうなのでこれも楽しみですね!
それにしてもジャケットが格好いいですね。
試聴があるといいなと少しだけ期待はしています。 
yousuke
2014/10/08 13:49
QUITE30は、20分超の組曲らしいですよね。それが8ブロックに分割されていますが、そうなると1ブロックあたり3分弱って計算。まあ、ブロックごとに1.2分だったり、逆に4.5分と均一ではないんでしょうが、どんな曲なんでしょうね。ただ、MTRの時のように3ブロックあるのに、1曲まるまる30分間スキップできないよりは、分割してくれてあるのは、選んで聞けるのはありがたいです。

2枚目CDがリプロダクトされたCAROLというのも、期待できます。でも、オリジナルがすごくよかったから、果たしてそれを越えられるかどうか、ドキドキですが・・・。

Mu−mo特典、TVーMixって、つまりカラオケ盤ですよね。1曲だけじゃなくて、もっとつけてくれればいいのに。
kuri566
2014/10/08 19:08
前回、ちょっと違うところに書きこんでしまったNTです。管理人さん、コメント書いていただいて感謝します。
carol mix はあるかな〜と思ってました。素人考えですが、ウツの歌があって、新曲が10曲くらい期待しました。でもシングルmixは割合多いかな〜と不安でした。Quit30は歌なしかな〜。Quit30は木根さんは参加してないのかな?それは TM?小室さんのソロ?かな〜と。major〜みたいなのを期待します。せめてGreen daysを入れて欲しかった・・・
管理人さん、本当にこのページ、心が頼ってます。読むとその時のTM、楽曲への気持ちがよみがえって来ます。曲を聞き直すことも多いです。素晴らしいホームページありがとうございます!これからTMも活動が活発になりますか、管理人さん、体にに気をつけて下さいね!長々すみません。
NT
2014/10/08 21:23
>haruさん
毎度速報ありがとうございます
Mission to Goのカラオケ1曲ですか… 微妙ですね
せめてインストじゃなくてリミックスだったらなあ
しかしとりあえず私はmumoで買うことにしました
皆さんに勧める内容かは微妙だけど

>まかろんさん
アナザージャケットだけのために3種類買う人はさすがに少ないでしょう
いや、GAU○Eさんとかなら買うのか!?
インストは、小室CAROL本付録も楽しみです
ライブのSEとかに使われるのかな

>らむさん
おお!
なんかもう、そちらはすでに全作品レビューしちゃっているじゃないですか!
こっちなんてもう8年もやっていて、まだ終わる気配が全然ないのに…
リンクもありがとうございました
こちらからも相互リンクさせていただきますね

まずは次の記事の参考に…とMajor Turn-Roundの記事を拝見したのですが、
「新橋ミュージックホール」でウツが語ったTMN再結成宣言の真相てどんな内容だったんでしょう?
私こんな番組知りませんでした

ニューアルバムは、タイトル見ただけでわくわくしちゃいましたよ!
早く聞きたい!
まずは小室さんの自信作Quit30を…
青い惑星の愚か者
2014/10/12 02:32
>yousukeさん
木根曲はSTORYだけなんですかね?
2012年の再始動後木根曲が1曲だけだと、
ちょっと「木根分が不足してきた…」(by水原暦)状態になりそうです

>kuri566さん
Quit30が8曲になっているから、かなりの曲数になりますよね
Major Turn-Roundも、曲の切れ目で区切れば10曲くらいになりそうな気もしますが…
CAROL2014は、どうなっているんだろう?
想像がつきません
なんかリミックスされる曲って気がしないんですよねCAROLて
mumo特典は同感です
Quit30のインスト入れろ!

>NTさん
どこに書き込んでもこちらに通知は来るから、大丈夫ですよ!
色々とお褒めいただき、恐縮です
更新遅いですが、これからもよろしくお願いします

Quit30、さすがに22分で歌無しはないと思いますよ
キーマガやラジオでも、ウツが長い歌を歌う話はしていましたし
でも8曲中2曲くらいはインストかもしれないですね
青い惑星の愚か者
2014/10/12 02:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
BD/DVD「the beginning of the end」発売 20 Years After -TMN通史-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる