7-32 越えてしまった一線

ウツと木根さんによる「Spin Off T-Mue-needs」が7公演を終え、前半戦を終えました。
私も10/18の福岡公演に参加してきました。
これまでで一番良い席だったので、感激しました。
正直、配信で見ても微妙な気分だったんですが、現場で見ると何か盛り上がるものはありました。


セットリストは10/3のZepp DiverCity Tokyo公演で日替わりメニューが登場し、福岡公演はその変形メニューとなりました、
ネタバレ防止のためにコメント欄に書いておきますが、個人的には日替わり曲(4曲目)がとてもうれしかったです(しかも意外なアレンジで)。
しかし4曲目のもう1個の日替わり曲も聞きたかったので、そこらへんは残念でした。


セットリストは、今後もう少し微調整が入るかもしれません。
特に11/15の仙台公演では、浅倉さんの代わりに都啓一さんがキーボードのサポートに入るので、キーボードソロの曲は変わるかもしれません。


また12/1・2の追加公演も決まりました。
会場は「Dragon The Carnival」追加公演と同じく、中野サンプラザです。
キーボードは浅倉さんと都さんの2人とも出演します。
今公演数を増やせたということは、経営者側の収支も悪くないのでしょう。
なお11月からは会場でのグッズ販売が3点セットのみではなく、全種類行なわれるようになるそうです。


一方で毎年開催していたウツの年末ディナーショーは、今年はコロナウィルスの感染拡大を勘案して開催しないそうです。
まあそりゃあそうでしょうね。


木根さんは、10/12に神谷えりさんとのコラボライブ「eri kamiya meets naoto kine special live」を開催しました。
こちらは3000円で有料配信もありました。


また10/9・16には、WEBラジオ「伊藤銀次のPOP FILE RETURNS」に出演しました。
こちらはしばらくアーカイブとして公開されるようなので、まだお聞きになっていない方はどうぞアクセスしてみてください。


木根さんは自分のソロCDの他は、TMの「Decade」「All the Clips」の宣伝をしていましたが、今宣伝するのそれなんだ!?
「Get Wild」退勤の話題も出ましたが、木根さんは知らなかったフリをしていました。
またTMの再開の可能性について触れられた時、あまり積極的な発言はしていませんでしたが、来年はオリンピックがあるからその後でということを言っていました。
まだTM再開の話は固まっていないけれど、考えてはいるというところでしょうか。


10/12には、小室さんの配信イベント第2弾「Ground TK_002」の開催が発表されました
10/24(土)の19:00~20:00で、10/27までアーカイブされるようです。
視聴は税込み3850円です。


内容は、小室さんの講義(前回と同様に撮影済のトーク動画を流すのでしょう)と対談・ミニライブとなっています。
前回と同じ時間配分ならば、ミニライブは十数分でしょうか。
「Ground TK」シリーズは毎回対談を入れるようですが、今回はロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが対談相手です。


またすでに告知されていた香川県三豊市父母ヶ浜で開催される「父母ヶ浜芸術祭Vol.0」中のイベント「TK/MusicDesign/父母ヶ浜」も、税込み5500円で有料配信されるそうです。
10/31(土)の16:00開始で、11/8まで配信されます。
instagramに以下のような説明が出ており、単独ライブイベントのようです。

日本のウユニ塩湖と言われる、香川県三豊市父母ヶ浜を舞台にした小室哲哉単独ライブ
「TK/MusicDesign」は、MusicDesignerである小室哲哉が、様々なロケーションで、環境や空間と融合した”音”をみなさまにお届けする配信ライブです。
小室哲哉が奏でる”音”をぜひ体感ください。


十数分のライブに4000円払うよりは、こっちの方が意味あるかなあ…と現時点では思っています。
ライブ開催後もしばらくは見られるようなので、課金するかどうか悩んでいる方はネット上の評判など見てから考えても良いかもしれません。


最後におまけ情報を。
「Get Wild退勤」のtweetでバズったshotacさんが、小室さんから直接お礼の動画を送られたそうで、その動画がご本人のtwitterにアップされています。
この件はネットニュースにも取り上げられています。
小室さん、ネットからのヒットを目指したいと以前言っていましたが、それが実現したことで嬉しかったのかもしれません。


では本題に入ります。
現実がよくなってきたところなのにとっても嫌な話になりますので、見たくない方はここらへんで引き返してください。
あの「事件」の話です。
こんな話を今頃蒸し返すなというご意見もあるでしょうが、私はこの事件に触れないと2007年のTM再開には言及できないと考えており、熱心なファンの方から反感を買うことは承知の上で書きました。


以前から述べているように、本ブログはTMの歴史を振り返ることを主旨としております。
もちろんTMや小室さんにはうまくいってほしいと思っていますが、私としては彼らを応援するファンサイトを作っているつもりも、ファンの交流サイトを運営しているつもりもありません。
色々と思うところがある方はいらっしゃると思いますが、この方針については逮捕と裁判の記事まで継続するつもりですので、ご了承下さい。

----------------------
これまで数回にわたり、2005~07年におけるウツ・木根の動向を見てきた。
そこに小室が絡む場面はほとんど見られず、TMの活動は完全に止まっていた。
ところがそうした中で、2007/6/7「Spin Off from TM 2007」のステージ上で、11月のTM NETWORKライブの開催が宣言された。
突如の告知だったが、その背後には何があったのか。


それまで「Spin Off from TM」に参加してこなかった小室の動向がこれに関わっていることは、容易に想像できよう。
要するに2007年6月以前に、小室にTM参加を促す何かがあったのだ。
そこで本章では、これまでの小室哲哉の動向を見ていくことにしたい。


なおこの動向の最終的な結末となったのが、2008/11/4の小室逮捕である。
これについては2009年の裁判記録があり、そこで事件に至る経緯が詳細に判明する。
もちろんそこで述べられたことがすべてではありえず、事件に関わることが裁判で必要な範囲で語られたに過ぎないという点は留意すべきであろう。


またこの事件の捜査を主任検事として担当した前田恒彦は、2010年9月に文書偽造をめぐるフロッピーディスクのデータ改竄事件で逮捕され有罪判決を受けたという、いわくつきの人物である。
この事件は、検察の想定する事件の構図に合わせるために、証拠となるデータの内容を書き換えたというものである。
前田は検察の読み通りの自供を容疑者から引き出すことで知られていたが、これ以前から疑惑の捜査がしばしば見られたという。


この疑惑の捜査の一つが、まさに小室事件だった。
2010/10/18のTBSの報道によれば、前田が立証上で邪魔なメールを削除するように、部下に指示したと証言した検事がいた。
ただしその部下は実際にはメールを消さずに、前田に消したと報告し、そのことは結果として捜査に影響しなかったという。
また検察庁によれば、前田も部下もこの件について否認しているとのことである。


この件には不鮮明なところも多く気になるところだが、供述調書をはじめとする事件の関係書類が、検察によって分かりやすく整理されている可能性は考えるべきだろう。
ただ細かいところは疑う余地があるとしても、そこで語られている事実関係については、矛盾が見出されない限り基本的に準拠して良いと考える。


この事件については経過についても不審な点があり、報道の当初も様々な推測が行なわれた。
この点は以前本ブログでも取り上げたことがあるが、「諸事情」で削除した経緯がある。
ただ本章の趣旨はそこにはないので、今回この点はあまり深く掘り下げず、事実関係の推移のみ整理することを心掛けることにしたい。


以下、具体的な叙述に入ろう。
小室は2003年には引きこもり状態となっていたが、TM NETWORKの楽曲制作に入った年末頃から音楽活動への意欲を高め、2004年4月から始まったTM20周年記念ライブも、無事遂行することができた。
TM20周年企画が6/25に終わると、小室は妻KCO(KEIKO)の実家山田家がある大分に拠点を移し、globe10周年ライブとサッカー事業を中心とした活動を行なった。
以上はこれまで見てきたことの確認である。


2003年とは打って変わって、2004年には積極的な活動に出た小室だったが、この頃それまで長く経理を担当してきたあるスタッフと対立してしまう。
そのスタッフは以前から小室に対して、浪費を抑えて出費を半分にしてほしいと伝え、SONYのスタッフからも忠告してもらったが、小室はこれを聞かなかったという。
浪費の多くは山田家に関わるものだったが、小室はこれに口出しをすることはなかった。


小室は2000年12月にはavexからプロデュース料として10億円を前払いされ、2001年9月には富士銀行(2002年からみずほコーポレート銀行)から10億円を借り入れていた。
みずほコーポレート銀行への借金は2005年までに7億円程度が返済され、avex前払い分も3億円近くは償還していたから、両者に対する負債20億円は10億円程度に半減していたはずだが、小室は2004年の時点で総額20億円程度の借金があったという。
avex・銀行以外のところに対して10億円程度の負債が発生していたらしい。
結局2001年の負債総額は、2004年になっても減っていなかったことになる。


経理担当スタッフはこうした現状を憂慮して小室に進言したのだろうが、逆に小室に疎まれ、7月には退社することになったと述べている。
後述する平根昭彦・木村隆がこれに代わって呼ばれたのは2004年5月なので、小室とスタッフとの関係破綻もこれを少し遡る頃と推測される。


小室は5月には大分のサッカーチームトリニータのスーパーバイザーに就任しており、これ以前からメインスポンサーの話も進められていたに違いない。
スタッフが小室に進言したのは、これと絡むものだろう。
トリニータのスポンサー契約料は月1200万円だったが、20億円の借金返済の目途が立たない中でこれを進めるのを止めようとしたと推測される。
平根は、小室がこの話を進めたのは山田家に対する見栄のためだったと述べているが、それが本当だとすれば、小室としては山田家に自分の仕事を誇示するという至上命題を、財政「ごとき」の問題でスタッフが反対することなど許せなかったのかもしれない。



こうして経理スタッフの離反を招いた小室は、新たなスタッフが必要となった。
そこで5月には友人を介して平根昭彦・木村隆に会い、協力を求めた。
かつては具体的な財政状況を把握していなかった小室も、この時には20億の借金があることを理解していたらしい。
おそらくスタッフとの騒動を経て、把握することになったのだろう。


小室はこうして、平根を社長、木村を監査役として、イベント会社Tribal Kicksを設立し、8月から待望の大分トリニータのメインスポンサーの地位を得た。
メインスポンサーとしての契約期間は1年半であり、この時点で小室は1200万円×18ヶ月=2.16億円の支払い義務を負うことになった。


なおこのTribal Kicksとまぎらわしいものに、Tribal Kickがある。
Tribal KickはかつてLittle Birdと言っていた小室の芸能事務所を2003年夏頃に改称したものである。
2003年10月~2004年10月の木根のFC会報には、会報の監修として明確に「Tribal Kick」と記されており、2004年設立のTribal Kicksとは別法人と思われる(木根は2004年までLittle Birdから引き続きTribal Kickに所属していた)。
平根・木村は小室のマネージメントも担当していたというので、おそらく2004年以後はTribal Kickにも関わっただろう。
小室の財政管理もイベント会社Tribal Kicksの業務ではなく、事務所Tribal Kickの業務と見られる。
(逮捕当時の報道は両者を混同してともに「トライバルキックス」として扱っている可能性がある)


いずれにしろ小室は平根・木村を迎えた5月から、実質的に新体制を取るようになったと見られる。
時にTM NETWORK20周年ライブの真っただ中のことだった。
小室が再起の意志を宣言する「Green Days」を作ったのも、この頃のことだった。


2004/5/20には、小室とKEIKOがROJAMの株を全額売却している。
借金返済の方策であるとともに、新体制に移るに当たっての決意表明でもあったのだろう。
小室はこれによってROJAM会長を辞任したと報道されている。
2003年下半期の小室・KEIKOの持ち株は4.2億株なので、これが全部この時に売却されたとすると(当時の株価は1株0.09香港ドル=約1.3円)、計算上では5.5億円程度の現金を得たことになる
株式上場当時の株価が74億円相当だったことを考えれば、確保した現金はその1割以下に過ぎないが、それでも当時の小室にとってはありがたい資金だったに違いない。


なお平根・木村体制下の小室は、借金返済と生活費で月1700~2300万円が必要だったという。
仮にこれが事務所運営費(人件費)やトリニータのスポンサー料を含むものだったとすれば、年間2.4億円の出費だったことになるし、含まないものだとすれば、それ以上の出費だったことになる。


後述の吉田麻美による年間1億円の差し押さえが始まった2005年には年収8000万円だったという証言があるので、それ以前の2004年の小室は1億8000万程度の年収があったと見られる。
だとすれば出費をもっとも少なく見積もっても、小室は赤字経営に陥っていたはずである。
7億円の臨時収入があっても、これでは借金はあまり減らなかっただろう。


小室逮捕後にインタビューに応じた関係者が一様に語っているように、当時の小室は様々な知人に借金の依頼をしていた。
平根・木村にも個人的に借金をしていたようで、木村は2004/9/1に小室の口座に9900万円を振り込んだという。
小室はROJAM株を売却した3カ月後には、すでに新たな借金が必要な財政状況に陥っていたと見られる。
時に小室が大分トリニータのスポンサーになってから1ヶ月も経っていない頃であり、スポンサー就任がいかに無謀な判断だったか分かる。


平根は、木村の9900万円振込の後、小室の楽曲から著名な3曲の著作権(この場合は著作権使用料取得権か)をTribal Kicksに譲渡させた。
これによって企業価値を高く見せ出資者を募ると小室に説明したが、結局融資は集まらなかったと、裁判の供述調書で述べられている。
小室は翌年の2005年7月、友人の喜多村豊(豊可)への借金2億円の代物弁済のために、喜多村が代表を務めるTK Tracksに290曲分の著作権を譲渡している(なお小室が権利を持っていたのは全806曲)。
さらに木村は、知人の実業家Sにも接触し、電話で著作権譲渡の話を伝えたが、断られたという。
後述の通り、木村は後にSに著作権売買の話を持ち掛けるが、その手口の片鱗はこの時点ですでに見えている。


新体制を築いた小室が金策に忙殺されている中で、小室の破滅を決定づける出来事が起こった。
小室は2004年8月を最後に、前妻吉田麻美への養育費(月200~390万円)及び家賃(月150万円)の支払いを止めてしまったが(9月には小室が財政難に陥っていたことは先述)、麻美はこれを受けて小室を東京地裁に訴え、2005年1月に小室の著作権使用料(印税)を差し押さえる権利を認められたのである。
その金額は1年で1億円、総額7億8000万円だった。


麻美の差し押さえは一見すると、喜多村が行なったことと同じに見えるが、決定的に異なる点がある。
小室は806曲中の約300曲について、印税を得る権利を喜多村に譲渡した(自分の印税取得権を放棄した)が、他の500曲近くについては継続的に印税を得ることができた。
つまり定期的な収入が減少したとしても、無収入になるわけではなかった。


ところが東京地裁の判決では、麻美が優先的に全印税を差し押さえることになった。
つまり小室は麻美の差し押さえが終わるまで印税を1円も得られなくなったのであり、給与やライブなど印税とは別枠の収入しか頼るものがなくなった。
小室はそれまで約1億8000万円の印税を得ていたと考えられるから、これを月割にすれば1500万円になる。
麻美が1億円を差し押さえるためには約7ヶ月かかる計算であり、つまり小室は8月頃まで印税収入がない状態に陥ったと考えられる。


東京地裁の判決は、すでに自転車操業状態だった小室にとって、極めて厳しいものだった。
avexは2005年に入って、おそらく小室が返済不能になることを見越して債券の回収に乗り出した。
小室はこれに対して返済の約束をして先延ばしをするとともに、2006年までavexの仕事を最優先させるようになる。
その成果が8月リリースの「globe2 pop/rock」であり、その後もglobeを続けるという宣言だった。


一方の大口債権者としてみずほコーポレート銀行があったが、こちらはavex以上に厄介だった。
小室は融資を受けた時に自らの著作権を担保にしていたから、返済不能と判断された時点で印税収入をすべて取り上げられてしまうことになるからである。
さすがに小室はこの返済は優先させていたものの、6月には延滞が続くようになっていた。
2005年の時点で未返済分は3億円余りだったという。


銀行は2005年7月、小室に対して担保の差し入れを要求したが、小室は優先的に返済することを約束して待ってもらった。
おそらくこの頃に麻美の1億円差し押さえが終わったと見られ、以後12月までは返済を続けたようである。
だが年が明けて2006年分の差し押さえが再開すると、また返済が滞った。
麻美の呪縛は、こうして小室を苦しみ続けた。


このような中で、大分トリニータへのスポンサー料は2005年2月から支払われなくなる。
2004年8月から1年半の支払いの約束は、わずか半年で終わってしまった。
この延滞のタイミングは、1月の麻美の差し押さえ開始が契機になっていると見て良い。
このためTribal Kicksは、3月からトリニータのメインスポンサーから外されて一般スポンサーになったが、メインスポンサーを失ったトリニータは収支を悪化させた。


当時トリニータはすでに億レベルの債務超過に陥っており、小室のスポンサー料未払いが加わったことで存亡の危機に立たされていた。
そのため2005年9月には、Tribal Kicksの問題を公表する(なおどうやってしのいだかは不明だが、2020年現在でもトリニータは存続している)。
トリニータによれば、スポンサー料は8月までで7000万円が滞納されていた(Tribal Kicksの主張では5200万円)。


こうして小室が妻の実家を喜ばせようとして始めたサッカー事業は、むしろ大恥をさらす形で終わった。
思い描いていた再起プランが破綻した小室は、以後延々と金策を行ないながら、前払い金返済の要求を免れるためにavexの楽曲制作を続けるという、地獄のような日々を送ることになる。


ここまでの小室の動向を整理すれば、以下のようになろう。

・2004年8月から大分トリニータへのスポンサー料支払い開始
 →9月から麻美への慰謝料・養育費支払いを停止
・2005年1月から麻美による印税差し押さえ
 →2月にトリニータへのスポンサー料支払い停止


ここまで来れば小室はもはや破産するしかないように思われるが、小室はKEIKOやその実家に窮乏の様子を見せたくなかったというから、その選択肢にはなかなか踏み切れなかったのだろう。
小室に金を貸していた木村も、破産を思いとどまらせることはあっても勧めることはなかったはずである。
平根も小室の連帯保証人にもなっていたため、自らの破滅を回避するためにも、小室を止めるわけにはいかなかった。
小室は自らが作りだした人間関係に縛られて、自転車操業の継続を強いられてしまったと言えるし、それを振り払う決断もできなかった。


そもそも慰謝料・養育費は非免責債権の一つで、破産によっても免除されない。
また破産手続きを行なえば、著作権使用料取得権は破産管財人によって債務者に引き渡される見込みが高く、そうなれば小室は印税収入無しで7億8000万円を完済を義務付けられることになる。
つまり小室をもっとも追い詰めていた慰謝料・養育費は、法的措置を取られた時点で何としても払い続けるしかなかったのである。
こうなれば小室は、麻美の差し押さえが完了する2012年まで金策を続け、走り続けるしかない。
なんという絶望的な状況だろうか。


このような状態の小室に、麻美はさらに追い打ちをかける。
すなわち2005年9月、小室の不倫とKEIKOの略奪婚、そして慰謝料・養育費未払いの件を、週刊誌およびテレビで暴露したのである。
この時点で麻美はすでに年間1億円の印税差し押さえを認められて実行していたのだが、その件については一切触れることなく、小室の家賃支払い停止によってマンションを追い出された悲劇のシングルマザーとして自己演出した。

7-32.jpg


麻美は2005年に音楽活動を再開し、4/6には「Strong Woman」、11/16には「If you feel me?」をリリースしたが、ほとんど売れなかった。
おそらくこの暴露運動は小室への復讐とともに、不振だった音楽活動の宣伝も目的としたものであり、実際にテレビに出演した時にもちゃんと宣伝を行なっている。
ただこの宣伝はほとんど効果がなかった。
翌年リリースのアルバム「BADONKADONK」は248位・653枚という散々な成績に終わり、以後新譜のリリースは行なわれなかった。


麻美の意図はともかくとして、この件は小室に意外なダメージとなった。
麻美の暴露話(およびおそらく同時期のトリニータの件も)によって、小室の財政状況が金融業界に知れ渡り、借金に応じてくれるところがなくなったのである。
小室は年末には平根から、「もうまともな会社からは借りられない」と言われていたという。


2006年1月に麻美の印税差し押さえが再開すれば、また無収入の日々が訪れることは明らかだった。
しかし借金の返済期限は次々と迫る。
小室は危険を覚悟の上で、2005年12月にワシントン・グループの河野博晶という人物から1億7000万円を借りた。
河野が主要株主を務めるA・Cホールディングズ(旧南野建設)は、これ以前に株価操縦事件など、きな臭い事件を起こしていたところである。
平根によれば、山口組系暴力団と深い関係が噂されているところだった。


小室はこの1億7000万円を各所の借金返済に充てた上、返済期限の2006年2月までに借金の返済ができなかったため、平根を通じて3億円の追加融資を依頼して、そこから1億7000万円を返済した(返済期限が伸びる代わりに利子が増えた)。
3億円の返済期限は5月だったが、印税が差し押さえられている中で返済などできるはずがない。
その返済は8月まで延びた末、常軌を逸した方法で返済されることになる。


この借金の金利は、なんと月利5%だった。
ならば1億7000万円も、2月に返済した時点では1億8700万円程度に増えていたはずで、額面では3億円借りたと言っても、手元に渡ったのは1.1億円余りだったと見られる。


この3億円を8月に一括返済したのならば利子は約34%になり、総額で約4億円を返済する必要がある。
実際に小室が8月に返済したのは3.44億円だったので、本来の返済期限の5月に5000万円程度を返済していたのだろう。
((3億円×1.05^3-5000万円)×1.05^3=3.4415億円)
となれば、小室は約2.8億円(1.7億円+1.1億円)を受け取った8カ月後までに、総額約3.9億円(0.5億円+3.4億円)を返済したことになる。
3億円弱の負債が半年余りで1億円増えたということである。
目先の問題を先送りするために長期的に債務を増やす選択を採ることは、これ以外にも多々行なわれてきたに違いない。


小室にはもう金を借りるあてもなかったが、2006年の印税は夏まで入ってこない。
そのような中で小室は、河野だけでなくみずほコーポレート銀行への返済も延滞せざるを得なくなる。
銀行はついに債権の回収は困難との判断を下し、2006年7月にはTribal Kicksにその旨を連絡した。


小室は8/1に銀行員と面会し、延滞分を8/3・11・31日に支払うことを約束して納得してもらったが、この約束が果たされない場合は法的措置を取ると告げられた。
いわば銀行からの最後通告であった。
小室はいよいよ追い詰められた。


8月の返済額は総額4000万円だったが、仮に印税が入ってきても月1000万円程度の見込みであり(5ヶ月で5000万円)、全額を支払うにはとても足りなかっただろう。
そして担保の著作権をすべて奪われてしまったら、河野への借金返済は絶望的である。
数億円の借金を背負ったまま裏社会に一生付きまとわれることになることは必定である。


このようにX-DAYを目前に控えた2006年7月、平根と木村は小室に、以前出資をお願いしたSのことを伝えた。
2人はこれまでも何度かSと接触し、小室の持つ楽曲の著作権を担保として5億円の融資を依頼していた。
小室が著作権を担保として銀行から借金したことで追い詰められていたにもかかわらず、彼らはまた同じことをしようとしたわけである。


Sはこれを断ったが、著作権自体には関心を持ち、著作権の購入ならば考えるという姿勢を示した。
これは印税受取の権利ではなく(おそらくTribal KicksやTK Tracksへの著作権譲渡はこちら)、著作権自体の取得を意味するものだった。
そこで平根・木村は小室も連れて、7/30に東京の芝公園のホテルでSと面会し、10億円での著作権売却の約束を取り付けた。


後日木村はSに電話して、まず1億5000万円を振り込んで欲しいと伝えた。
その期日は8/3だったが、これは銀行への最初の返済日を念頭に置いたものであろう。
だがSは、頭金を支払う前に合意書も交わすことを主張する。
そのため8/3の銀行への返済は、木村が立て替えた。


小室らは8/7にまたSと面会して話し合いを行ない、書類の件も含めてSと合意を得た。
なおこの時小室は、ピアノで作った「dependent」という曲のCDをSに渡した。
どういう曲かは不明だが、「Wow War Tonight」のサビの部分が入っていたという。


Sはこれを受けて、8/9に1億5000万円を、8/29に3億5000万円を振り込んだ。
それぞれ8/11・31の銀行への返済を意識したものだろう。
小室らはSに対して、10億円の内でまず5億円を振り込むように依頼していたが、2度の送金はこれに応じたものだった。
小室の印税は麻美によって差し押さえられているため、慰謝料・養育費の残額を一括で支払ってこれを解除し、Sに著作権を売却するという理屈だった。
5億円を一括払いすれば差し押さえを解除する合意が麻美との間にできていると、小室は説明したという。


だがこれまで見てきたように、小室がSを頼ったのは、銀行や河野への借金返済のためだった。
実際にこの5億円は、銀行・河野や木村の立て替え分(1億5000万円)の返済に充てられて、たちまちなくなった。
当然麻美の差し押さえも解除されず、Sへの著作権移転も行なわれなかった。


そもそも806曲中の3曲の著作権使用料取得権はTribal Kicks、290曲はTK Tracksにすでに譲渡しているのであり、これらも再移転しない限り、Sは806曲分全部の印税を得ることはできない。
また印税の取得権だけならばともかく、小室の著作権自体はSONYやavex・R&Cなど音楽出版社に譲渡されており、小室がこれを売却することもできない。


この中で著作権が自分の手元にないことについて、小室は認識していなかったという。
一方で著作権使用料取得権の二重譲渡の問題については、すでに平根が問題を指摘して消極的な態度を取っていた。
だが木村は、いずれSに真実を知られた時には小室のビジネススキームを提示して納得させるか、または別の人から借金をして返済すればよいと主張した。
小室もこれに同意したが、完全にその場しのぎの詐欺行為である。
小室・木村はこのことによって後に詐欺罪容疑で刑事告訴されたが(犯行を主導したのは木村とされた)、これに反対した平根は不起訴となった。


もちろんSは著作権移転が実行されないことに気が付いた時点で、苦情を言ってくる。
木村は売却額の総額を10億円から7億円に減額することで一回Sを納得させたが、これも所詮は時間稼ぎに過ぎず、結局最後まで著作権は移転されなかった。
これが小室の逮捕へとつながっていくわけだが、その結末については後に回すことにして、次章ではこの前後の時期の小室の音楽活動について見ていきたい。

(2020/10/20執筆、11/19加筆)

QRコード