MyFavorites02 Valon-1(Salyu, 2004年)

昨日2/27、TOKYO FMの「松任谷由実のSweet Discovery」で、
小室さんが出演しました
また小室さんの「小室哲哉Digitalian」も放送されました
どっちも聞いていないんですが、どんな感じだったんでしょうか
「小室哲哉Digitalian」は次回で最終回みたいで、
ソロワークの話をするようですね


また2/23、小室さんのオフィシャルサイトがオープンしました
ほとんどまだ何もコンテンツはありませんが、
今度こそまともなサイトにして欲しいです


Twitterはよく続いていますけど、
今までウェブサイトを作っては2~3ヶ月で更新止まるのが繰り返され、
もうすでにいくつのサイトを立ち上げたか分かりません
DJTKのブログとか、まだあるんですよね


小室さんに限らずいろんなミュージシャンで見られるパターンですが、
オフィシャルサイト・ブログ・mixi・twitter・MySpace・Facebook等を次々作っている方、
ネット上で目に止まりやすくしているんでしょうけど、
ネットを活用するというよりも、振り回されているという感がぬぐえません


見るものが多すぎると、ファンとしてはどれ見れば良いのかよく分からなくて、
ちゃんと追う気はむしろ失せる気がしますし、
たまたまたどり着いたところが更新数年間止まっていたら、
むしろ活動休止中と思われてしまうと思うんですが…
いや、まあ、今回のオフィシャルサイトは、きっとちゃんと活用するんでしょう
そう信じています


「Digitalian is eating breakfast 2」、11/24には小室さんの仕事は終わって、
ロスに音源を送ってミックス待ちの状態になったようです
その後二日ほどお休みだったとのことです


オフィシャルサイトには、「Digtalian is eating breakfast 2」のジャケットが出ていますね
画像が小さくてよく分からないけど、悪くないかなと思います
またSONYの「TK Best Selection in Epic Days」も、amazonで画像が出ています
む…これは「Digitalian is eating breakfast」の頃の写真では?
当時の没写真でしょうか
字体も「Digitalian is eating breakfast」に似せていますね


あとAAA「Buzz Communication」
オリコンで5万枚超え、2位という自己最高記録を出しました
一位はゆずの新譜なんでどうしようもないでしょうが、
10位内で新譜9枚という激戦の中で、がんばったと思います
小室さんの新譜はどれくらいいくんでしょうか


では、今回もおまけコーナーに入ります

--------------------------


新旧交互にやっていくつもりなので、今回は新しい方で…
新旧の境目はどこ?って言われると困るのですが、
TMブログってことで、便宜的にTK時代までは「旧」ってことにしときます


この時期区分にはあまり積極的な意味はないんですが、
たしかにTK時代(90年代後半)までの音楽シーンって、
ほとんど今に直結していないと思います
もちろん80年代からずっと頑張っている人もいますけど、
あくまでも今の音楽シーンの構図って意味で


さて、「新」の一回目誰にしようかと思っていたんですが、
ちょうどcorneliusとのコラボ企画「salyu×salyu」を発表したことだし、
Salyuのデビュー曲にしました


最近のSalyuだと、
去年のダイハツのCMで使っていた「新しいYES」あたりが、
記憶に新しいところでしょうか
あの曲も好きなんですが、
デビュー曲の「Valon-1」は私的に神曲認定でして、
こっちにしてみました


本当のデビュー曲としては「Valon」というのがあって、
タイトルから見ても分かる通り同じ曲なんですが、
こちらはRip SlymeのIlmariとのコラボシングルです


ただこっちは…、
Rip Slyme好きなんだけど、Ilmariのラップ要らないと思います
デビュー時に話題性を出すための企画だったんでしょうけど、
その後に出した一人ボーカルの「Valon-1」の方が全然良いです


この曲、小林武史さんの作曲・プロデュースです
90年代には二大プロデューサーとか言われた小室さんと小林さんですが、
正直言ってこの曲を超える曲を作れていない時点で、
今世紀の小室さんは小林さんにかなっていないと思っています


ただSalyuの場合、小林さんのプロデュースがどうこうとか以前に、
歌い手として彼女自身の歌唱力や表現力は素晴らしいです
初期の彼女は見た目があまりアピールポイントにされてなく、
(数年前に激ヤセして印象がめちゃ変わりましたが)
完全に歌唱力・表現力だけでここまでやって来た方だといえます
こういう逸材を見つける眼力は、小室さんにも見習って欲しいです


この人は1stアルバムの曲(この曲もですが)なんかは、
CDよりも今のライブで聞いた方がはるかに魅力的です
「Valon-1」は抑え目の曲ですが、声量もすごいものがあります
一例としてwiseとのコラボ曲「mirror」のライブ映像など、
リンク張っておくので、興味あったら御覧下さいませ


この人の歌手としての活動は、ソロよりも前に少し遡れまして、
2000年にLily Chou-ChouのボーカルとしてCDをリリースしています
岩井俊二の映画「リリィ・シュシュのすべて」で、
小林武史が音楽を担当し、新人歌手を連れてきて、
その映画中に登場するバンドの名義でCDを出したというものです


早い話が、「スワロウテイル」のYen Town Bandの第二段企画なんですが、
この曲も(というか、このアルバム全体の空気が)大変素晴らしいです
ご存知ない方はとりあえず動画検索を…


で、去年の年末にこのLily Chou-Chouが、
突然新曲「エーテル」の配信をして、
小林さんと共に単発ライブも行なうなどあったので、
おおこれは?と思っていました


本格的に動いた時にこのコーナーで取り上げるつもりだったんですが、
なんだかそれっきりで終わっちゃったのか、
新年になったら、corneliusとのコラボの話が出てきたというわけです
小林プロデュースとは違うところとやってみようと思ったのかもしれません


このコラボユニット「salyu×salyu」、すでに4月リリースのアルバムから、
「ただのともだち」の動画が公開されていますが、
私としては結構面白いものになりそうな気がしています


なんだか気楽に書くはずが、長くなっちゃいましたね
ではまた来週、本編の更新で


landmark
トイズファクトリー
2005-06-15
Salyu

Amazonアソシエイト by landmark の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"MyFavorites02 Valon-1(Salyu, 2004年)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

QRコード