20 Years After -TMN通史-

アクセスカウンタ

zoom RSS 6-2 TMNの再接近

<<   作成日時 : 2013/06/23 03:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 15

6/16、「START investigation」のチケットが発売されました
チケットは6/17に売り切れましたが、その後キャンセル分が出たようで、
6/22現在でローソンチケット・e+・チケットぴあでそれぞれ販売中です
ヤフオクやチケットショップで高いお金を払って購入しなくても正規購入は可能です
ご注意を!


今回はヤフオクなどで出回っているチケットの情報を見る限り、
さいたまスーパーアリーナの1階席(200レベル)までしか使わないようです
さいたまスーパーアリーナは屋根を落として、
300〜500レベルを見えなくすることができるので、
たぶん今回はそうするんでしょう


さいアリの正確な動員規模は不明で、
アリーナモードでフルに入れると22500人ですが、
ステージ後方など客を入れられないエリアを除くと、
実質的には16000人程度のようです
これで300〜500レベルをつぶすと、
たぶん12000〜3000人くらいとなるでしょう
(300・500レベルはごくわずかで、
実質的にはアリーナ・レベル200・レベル400の3つ)


この席数が一度売り切れたということは、
キャンセル分を考慮しても、
今のTMには12000人程度の動員力はあるんだと思います
去年は1万程度の武道館が即日埋まりましたから、
これくらいが限界なんでしょうね
多分3月頃に何度もプレオーダーをやっていたのは、
動員力を確認するという意味もあったんでしょう


できれば500レベルまで埋めるライブができれば良かったのですが、
今回は全然宣伝がなかったし、
(日程変更があったから仕方ないかもしれないけど)
前回のように復活ライブという位置付けでもないし、
その上メンバーの体調不良の情報が出たりしたから、
しかたないかとは思います


チケット発売前日の6/15には、
avexが「incubation Period」からyoutubeに、
「Come On Everybody」「Beyond The Time」「Wild Heaven」
をアップしました
チケット売上にどれくらい影響があるかは分かりませんが、
「incubation Period」の映像がネットで見やすくなりましたね
「Seven Days War」「Keyboard Solo (Get Wildイントロ)」「Get Wild」「I am」
がすでにアップされていますから(他にダイジェスト映像もあり)、
6曲はネットで見れることになりました


非常にささやかながら、メンバーも6/15にTwitterでチケット販売に触れています
特に注目すべきは、
ウツが手術報道の直後から2ヶ月ぶりにTwitterに書き込んだことです
皆さん、お久しぶりです!あと1週間で、退院して2ヶ月です! ご心配かけてます💦!まだまだお腹痛いです(微笑)!でも状態は、かなり良くなってます(力こぶ)! ライブ楽しみにしてて下さい!TMらしいショーになります!!U 2。。。


ウツ、来月のライブはばっちりやる気のようです(力こぶ)
「まだまだお腹が痛い」というのが心配ですが…
歌にも影響しそうな気がしますが、一ヵ月後にはよくなっていると良いですね
小室さんもインターフェロンの副作用がまだ抜けていないようですが、
時々出る程度と言っていますから、なんとかなる…かなあ


それとウツ、あと一週間(6/22頃)で退院して2ヶ月って、
随分前に退院していたんですね
診断結果が出てから1週間くらいで出たことになりますね
そんなやばくはないことは分かりました


今回はチケットが完売していないので、ライブシネマの情報がまだ出ません
多分スタッフ側も発表のタイミングを待っているんだと思いますが…


6/17には、TMライブに参加する人用に、
神戸・大阪・京都・名古屋・仙台・金沢からさいアリに行くバスツアーが発表されました
チケットをまだ買っていない人には良いかもしれませんが、
チケット販売後に発表されても、どの程度需要があるんでしょうか
いや、冷静に考えれば、チケットが売れ残ったから企画されたのか…?
最終催行人数20人が揃わない場合は中止だそうで、
その場合はライブにも行けなくなりますから、確実に行きたい方にはお勧めできません


ライブの内容については6/15の小室さんTwitterに、
久しぶりにイメージ図が出ました
「M」の形をした宇宙船から地上にTMの3人が降り立つシーンでしょうか
またスケッチ図とは別に、今回のライブのロゴマークもありまして、
宇宙船型の「M」の左上に横棒を一本加えて「TM」にしています
具体的な話は分かりませんが、動いてはいるようですね


また小室さんはラジオで、
「2日でワンセット」「今まで一度も演奏していない曲もやるかも」
と発言したようです
「2日でワンセット」は「incubation Period」と同じで、
日替わり曲が数曲入りそうです


気になるのは「今まで一度も演奏していない曲」ですが、
該当曲を網羅すると以下の13曲になります
(インスト曲や、Folk Pavilion等一日限り特別演奏の曲は除く)

「Innocent Boy」「さよならの準備」「Twinkle Night」「I Want TV」「You're The Best」「一途な恋」「Another Meeting」「Detour」「it's gonna be alright」「80's」「風のない十字路」「夏の終わり」「君がいてよかった」


ただ再結成後の5曲(「it's gonna be alright」以下)は、
あえてアピールポイントにするか疑問ですから(個人的には聞きたい曲もありますが)、
候補は事実上8曲となります


仮にやったら一番驚きなのは「一途な恋」ですが、
ライブで歌えない曲としてセットリストに入れられてこなかった曲です
特別な演出でむりやりやってしまうとかあるかなあ
「Innocent Boy」「I Want TV」とかでも十分に驚きなのですが、
実際には小室さんもやったのを忘れている曲もありそうですし、
あまり確実なことはいえません


また先週のラジオでは、小室さん、こんなこと言っていました
20日・21日、見に来て下さった方には、このタイトル(「START investigation」)とは別の裏タイトルというか、ホントのタイトルが分かるようになってますんで、来なきゃダメというわけではないんですが、是非来て欲しいなあという。


裏タイトル?
多分2014年のライブにつながるコンセプトが発表されるんでしょうか
これは少し楽しみですね


一方、新曲情報はまだ出ませんね
今回は出ないんでしょうかねえ
レコーディングしていたはずなのに、あれはどうなったんだろう?


仮にライブの時に出すなら、話題性を考えても今こそ発表するはずで、
もうこのままお蔵入りなんでしょうか
去年8月のファンイベントで新曲デモ音源が発表されて以来、
もうすぐ1年になっちゃうんですけども…


6/12には21世紀のTM・ウツ・木根作品がiTunesで配信されるようになりました
TMではシングル「Castle in the Clouds」「NETWORK TM」「Welcome Back 2」と、
アルバム「キヲクトキロク」「Easy Listening」「SPEEDWAY」があります
「キヲクトキロク」には「Major Turn-Round」も含まれていますから、
以前SONYがiTunesで配信したアルバムと合わせ、全アルバムがDLできることになったことになります


ただ「Welcome Back 2」「SPEEDWAY」はもともと配信していたはずなのですが、
一度iTunesから消えて、今回復活しました
これはどういうことなんでしょう?
あるいはavexがR&Cから原盤権を買い取って配信を始めたんでしょうか


とまあ、まだ色々もやもやしたものはありますが、
次回の更新時で新しいことが分かると良いですね
それでは本題に入ります

---------------------
「TK MUSIC CLAMP」という番組がある
1995年から1998年まで、深夜枠でフジテレビ系列で放送されたが、
1995年4月から翌年5月まで、初代パーソナリティは小室が務めた


この中で、TMNの3人が揃った回が2回ある
第1回の1995/4/12と、第44回の1996/3/13である
その他、第7回1995/5/31にはBOYO-BOZOが、
第12回1995/7/12には浅倉大介・葛城哲哉とともに木根が出た


第1回は旧TMNファンにとって嬉しい瞬間だっただろう
何しろ「終了」以後、小室は次々と新しい楽曲を発表していた一方、
他の2人は目立った活動をしておらず、
3人が集まるのを見る機会はまったくなかったのである


ただこの時に3人が集まったのは、
TMNの話をするためではなかった
番組内ではほとんどTMNの話題は出ず、
むしろ少し前にソロ活動を開始した木根と、
まもなくBOYO-BOZOとして活動を再開するウツの、
新曲についての話がメインだった


ウツと木根はこれより少し前、
1995/3/8日本武道館で開催されたイベント「March of the Music」に出演したが、
1994年12月「AAA '94」出演時とは異なり、TM曲の演奏はなかった
(演奏曲は「あの素晴らしい愛をもう一度」「見上げてごらん夜の星を」
特にウツはTMの名前に頼らないソロ活動を軌道に乗せることに意欲的であり、
それが同イベントでの選曲に影響しているのだろう
そしてそのことは「TK Music Clamp」出演にも影響していたと思われる


ところがその1年後の第44回に3人が揃った時には、
少し様子が変わっていた
まず番組オープニングの小室の発言を見るに、第1回では、

記念すべき第一回なんですが、ゲストにですね、TMNのお2人をですね、えーとTMNのメンバーだったお2人を招いて3人で、久しびさに一年ぶりに会ってみようということになったんですよ


と言っており、“かつて”のTMNという立場で臨んだのに対し、
第44回のオープニングでは、

えーとですね、今日は一年ぶりですかね、だいたい、ぶりにまたあの、TM NETWORKメンバーで、ちょっとお話したいと思うんで、そういうわけでお2人、宇都宮君と木根君をお呼びしています


と、明確に「TM NETWORKメンバー」と言っている
さらにこの時は、番組のBGMが「CAROL」「A Day in the Girl’s Life」だった
この時はウツ木根ソロの話はあまり言及されず、
TMNの話が大々的に取り上げられた
長くなるが、以下に翻刻しよう


小室「だんだんだんだん、知らない人も少しずつ増えていますかね、TM NETWORKてのも」
木根「誰?っていうね」
小室「そうですね」
木根「でも、しょうがないですよね、もう5年? 5年じゃない、まだ2年くらいしか経っていないよね」
小室「何から5年?」
木根「解散、つうか終了から」
ウツ「ちょうど3年ぐらいだよ。92年くらいでしょ」
木根「あーそうか、最後のツアーが」
小室「何が? 終了が?」
ウツ「違ったっけ?」
木根「解散は94年の4月21日」
ウツ「あ、そうかそうか。全然違う」
小室「92年くらいからやっていないんです」
木根「あーそうか、活動をね、ちゃんとしていなかったから」
小室「EXPO Tourで終わりですから、たぶん。ちゃんとしたものはね」
木根「また何かやんないんすか?
小室「そういう噂は、すごい出ていますね。僕もよく聞きます」
ウツ「そんなこと言ってんの? なんか、TMどうって?」
木根「ウツ次第だよね?」
ウツ「またそんなこといって」
木根「ウツ次第だよね?」
小室「すぐそう委ねるよね、みんなね。で、これで、また僕次第って言うんでしょ?」
木根「いやいや、たぶんね、ファン次第です」
小室「でもね、今度作るんです。僕、ウツのを作るんで」
木根「あー宇都宮君のソロ」
小室「ソロっていうか、ソロですか?」
ウツ「あ、ソロですね」
小室「初めて宇都宮君の名前で行くんじゃなかったっけ? そうだよね」
木根「楽しみですね。T.UTUでもなければBOYO-BOZOでもなくて、宇都宮隆で、フルネームで」
ウツ「そんな感じで」
小室「漢字系ですよね」
木根「サインも漢字に変えないと」
小室「縦書き系でね」
木根「縦書きかなあ」
ウツ「いや、サインは別にいいんじゃないの?」
小室「あとはねえ、このあいだ「CAROL」を演奏したんですよ。1月に」
ウツ「あ、見ましたよ、ちょっとビデオで」
木根「あ、見た見た見た、写真週刊誌で」
小室「(笑)音は聞いてないんじゃない」
木根「音は聞いた。写真週刊誌で写真と、その週刊誌の人の目で見た。マニアックだったって書いてあった。あ、きっとあの「天と地」とか、ああいうのやったんだろうなと思って。でしょ」
小室「あのね、それはやったけど、「CAROL」をやった全部」
木根「あ、そう、「CAROL」もやったって書いてあった」
小室「あと、「Gia Corm Fillippo Dia」もやった」
木根「あーホントに」
ウツ「あの、外人さんが歌ってた」
小室「まああのでも、ああいうのは良いです、久々にやると、ホントに。だから、機会があれば、ああいうのはもう一度やってみたいね」
木根「やろうか?」
ウツ「そういうの簡単に言えるよな。自分だって忙しいんだろ?」
木根「ちょっとは」
(中略)
小室「じゃあ、まとめはどういうふうにしましょうか?」
木根「まとめよう。TM NETWORKとしてですね、TMNがいつ復活するのか
小室「TM NETWORKとしてTMNが…」
ウツ「もう自分でも何いってるかわかってない」
木根「TMNが…もう何でもいいんですよ。なんかあの、何かやるんじゃないかっていう噂は、どうしましょうか?」
小室「それを最後にね。まああのなんか、お陰様でこういうのがあったりして、今年は少し動きがあると思いますね、たぶんね
木根「おお。うん」
小室「あるじゃないですか」
木根「あ、そうですね。ありますね」
小室「がんばってそれをやりますよ」
ウツ、木根を指差しながら笑う
木根「だってわかんないんだもん、その説明じゃ。きっと、多分テレビ見てる人もわかんない」
小室「あ、だから、ウツと一緒に作るじゃないですか、それでやってみたりするじゃない、それを。「Gaball screen」ていうゲームが出るんだよ」
木根「ねー、「CAROL」の中に出てくるGaball screen」
小室「知る人ぞ知るね。それで今、TM NETWORKの時の「CAROL」が93、4万枚くらいいっているんで、もしかしたら100万枚、5年目にして、6年目にして、行くかもしれない、というのとか、そういうちょっとしたことがありますよね。とりあえず「CAROL」を売ろうよ。ちょっと僕、それでキャンペーンしますので、それで」
ウツ「分かりました」
木根「シングル切る?」
小室「「CAROL」? 長いよちょっと。40分くらい。そういうちょっと、動きもあるんです」
木根「あるんですか」
小室「さらに新作が」
木根「ホント? 早く教えてね」
小室「はい」



このように、この時のトークでは、
tk-trapのライブを話題に出しつつ「CAROL」を取り上げ、
また小室によるウツへの楽曲提供と、
「CAROL」を元ネタとするゲームソフト「Gaball screen」の企画に言及し、
さらに自らTM NETWORK再結成に向けての動きを起こすことをほのめかしている


このトークは、3人がTM再結成を念頭に置いていたとしか考えられない
放映の日付けから見て、おそらく1996年2月には出演が決まっており、
TM再結成計画はこれ以前に動き始めていたと見て良いだろう
1995年末から1996年初め頃ではなかろうか


これについて木根はソロFC会報で、
「Tour liquid sun」が終わってから(1996/2/16)一息していた頃に、
一緒に何かやろうと小室から言われたと述べている
実際にこんな単純な話だったのかは疑う余地があるが、
3人での音楽活動再開が最終的に決定されたのが1996年2月頃だったことは、
前後の事実関係を考えても十分に考えられる


3人の接近の背景には、おそらくウツ・木根のソロ活動の失敗があった
1995年春から夏にかけてのウツのBOYO-BOZOとしての活動は、
ファンから不評だっただけでなく、活動自体も中途半端なものだった
12/1リリースの木根初のソロフルアルバム「liquid sun」も、
売上は「終了」前のミニアルバムをはるかに下回る成績に終わった
おそらくこの時点で、ウツ・木根双方は、
音楽業界での生き残りのために何らかのテコ入れが必要であることを認識しただろう


ウツは1995年8月から活動中断期を挟み、
秋にはBOYO-BOZOを継続せず完全にソロ形態に移行することを決定した
すでに1994年には、小室のウツへの楽曲提供の案があったが、
ウツはBOYO-BOZO名義での活動に当たり、
楽曲もパフォーマンスも自分たちで行なう形態を取ったため、
この話は立ち消えになっていた


だがウツは11月、ソロ名義以降を宣言するに当たり、
自らはシンガーに徹し、楽曲は作曲家に任せる方針を明らかにする
この時点で小室の楽曲提供案が再浮上してくるのは自然な流れだっただろう
当時小室は1994年頃を上回るヒットを連発しており、
その楽曲提供はテコ入れとして最適だった


この結果、1996年秋には、
TKプロデュースのウツ・木根ソロ作品が発表されることになる
その始まりは、9/23リリースの木根シングル「Remember Me?」と、
11/25リリースの木根アルバム「Remember Me?」
そして後者と同日リリースのウツシングル「discovery」だった
3人の歩み寄りの始まりが商品として形になるまで半年以上掛かったわけだが、
この頃の小室に仕事を依頼する場合、
実際に形になるまでこのくらいは必要だったのだろう


ただ11/25というリリース日は計画的なものだったようである
「TK MUSIC CLAMP」で小室も言っている通り、
「discovery」はTKプロデュースのPSゲームソフト「Gaball screen」に使うことになっていたからである
「Gaball screen」は12/6に発売されたので、
その直前にリリースすることになったのだろう
そしてそれに併せて木根のアルバムもリリースされたのである


これ以前、8/18付けの某スポーツ新聞では、
TMN再結成の情報が掲載された
これがTM再結成計画を入手した記者のスクープだったのか、
あるいはTMNサイドがマスコミを動かして噂を広めようとしたのか、
確かなところは分からない


ただウツと木根はいよいよ小室と本格的に組むことになると、
TM NETWORK再結成への動きを盛り上げるべく活動を行なうようになる
まずは1996/11/19「宇都宮隆と木根尚登のオールナイトニッポン」である


この番組の直接の目的は、
6日後の「discovery」「Remember Me?」のプロモーションだが、
番組では冒頭から街頭でのTMNについてのインタビューで始まり、
ついでTMN楽曲や「オールナイトニッポン」TMN終了スペシャルの音源が流された
その目的は、次の冒頭のアナウンスからも明らかだろう

あれから2年7ヶ月、今あのTMN、あの3人の復活説、再結成の噂が、まことしやかにささやかれています。しかし小室哲哉も、宇都宮隆も、木根尚登も、この真相をまだ自分たちの口から語ってはいません。そこで、今夜、「オールナイトニッポン」の2時間。84年のデビューから94年の「終了」までの10年、常に斬新な音楽を提供したTMN、現在のヒット曲に大きな影響を与えたTMN、果たして彼らの再結成はあるのでしょうか。


「再結成はあるのでしょうか」と述べているのは、
つまり再結成の可能性をリスナーに意識させようとしていたことにほかならない
2人は結果としては再結成はするともしないとも言わなかったが、
「再結成はあるでしょうか」と始まった番組でその点を否定しなかったことから、
2人の意図は明らかと言って良い


さらに11/24には、なんと一日限定で、
TM NETWORKの前身バンドであるSPEEDWAYの再結成が行なわれた
そして翌月12/12には、TMNのベストアルバム「Time Capsule」がリリースされた
これらについては別章で触れるが、
TMN再結成を前提にしたものだったに違いない
このアルバムにはボーナストラックとして「Detour」が収録されており、
TMNではなく小室哲哉・宇都宮隆・木根尚登3人の連名名義だったが、
ともかくTMN「終了」以来2年ぶりに、3人の手に成る作品が発表されたことになる


このようにウツ木根と小室の接近の動きは、
丸1年をかけてついに3人共演の実現にまで至った
次章以後はしばらくこの再結成準備期間の様子を見て行こうと思う

(2013/6/23執筆、2016/4/28加筆)

REMEMBER ME?
エピックレコードジャパン
1996-11-25
木根尚登
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by REMEMBER ME? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
この頃は就職して忙しかった頃で、ラジオも聴いておらず、店頭で配布されるチラシでがボールスクリーンやベスト盤の発売を知る有様でして。じわじわと集まり始めてたんですね。

7/20・21は両日参加します。どの曲がセレクトされるか楽しみです。武道館とのかぶりは少なめでいいなあ。でも、エレプロはフルでやってほしいです。未演奏曲でコンセプトに繋がりそうな曲って、どれですかね。

あと、オフ会ないですか?
kuri566
2013/06/23 09:54
ガボールスクリーン当時やりました。
ゲームとしてはすぐにクリアできてしまう内容でしたが、実写PVがゲーム内で再生される事がまだめずらしい頃で感心した記憶があります。
いまやベテラン女優の仲間由紀恵も1曲出ていましたね(作曲は久保こーじだったかな?)
クリアした時に流れ出したTM3人の映像に狂喜乱舞していたのが懐かしいです(笑)
wbf
2013/06/23 14:14
ようやくリアルタイムに見ていた時代に追いついてきましたw
それでも知らない情報がおおく、今後の更新も楽しみにしております!

7月は21日だけ参加予定です。
やったことない曲は一途な恋を予測してましたが、改めて候補曲のラインナップを見ると、さよならの準備とかも曲名の文字面としてはありえるかも、、と思いました。
you
2013/06/24 11:56
TMNとFANKS同時に終了しましたがTKのことは華原朋美との交際までは注目していました。しかしウツキネがTKにアプローチのことは全く知りませんでした。2人共ソロは難しかったんですね。
ユニットorグループからソロで成功した方は実力はもちろん個性が強い気がします。ウツキネは実力がありながらもギラギラ感が乏しかったのがソロとしては物足りなかったんでしょうね。復活FANKSの今ではTM復活は嬉しいんでこれはこれで良かったと思います。

参戦できなくなりライブシネマを期待していますがギリギリにならないと告知されないのでしょうか。
正直ウツさんが万全ではない中どれ位コンディションを上げられるか気になります。
とにかくライブの無事成功を祈るばかりです
ワイン好き
2013/06/24 22:16
kuri566さんがおっしゃっていますが、
そういえば去年一瞬オフ会の話が出た気がします
(ブログでオフ会って普通あるのか分かりませんが(^^;)
やったら参加する方いらっしゃるでしょうか?
希望者が複数人いるなら土日のどっちかで設けようかと思いますが、確約はできなくても考えてもいいよという方は、ここに書き込んでみてください
反応見て考えますんで…


>kuri566さん
私も今回扱った話の頃は、リアルタイムではスルーしていました
「微妙すぎて伝わらないよ!」って感じですよね
エレプロフルは聞きたいですねえ
去年は微妙なところで残念でした

>wbfさん
ガボールスクリーンは、私もはるか後に中古で100円くらいでかったクソゲー群の中にあるんですが、ついぞやったこともないです
なぜかPVだけは見たんですけどね(笑

>youさん
ここからリアルタイムなんですねー
ご存知の通り、事態が全然進展しなくていらつくと思いますが、御寛恕下さい
文字づらで「さよならの準備」選ぶって、それ、TM終わっちゃうってことじゃないですか!
でもこれと「風のない十字路」が続いたら、かなり心配になりますね

>ワイン好きさん
解散したグループのメンバーが全員売れるってのは難しいですよね
ウツや木根さん(というかそのスタッフ)の場合、世間に訴える企画力が決定的に足りず、だいたい想定の範囲内のことしかできなかったなあという印象です
ライブシネマ、来月には情報出ますかね
21日は映画館用にあけておいて下さいね!
青い惑星の愚か者
2013/06/27 22:10
ぜひ。
20日はさいたまアリーナ近辺滞在予定です。
kuri566
2013/06/29 20:52
さいたまアリーナ、後発ファンでもようやく生演奏を聞けるチャンスがあって光栄です。先日同年代の友人と話したら、やっぱりTMは一種のブーム時代があったんですね(なぜか知らなかったんですが(TT))
でも「今更ファンになってどうする?」と釘を刺されてしまいました。いや、今からだっていいでしょがw
若い頃から、おじ様になるまでを見てきて、TMには微笑ましさを感じます。
Incubation の「てっちゃーーん、ウツーーー!」って黄色い声を聴くと、「あ、昔と変わらない。皆若い頃に戻ってるんだな」って思っちゃいました。その昔は今の誰よりも華のある人達だったと思うし、今も華のあるおじさまです。30周年でラストライブかもしれないけど、TMには体壊さないで頑張ってほしい。
まっきー
2013/06/30 17:20
オフ会私も参加したいですー!ただ21日は終演後すぐ新幹線に飛び乗らなければならないので、20日ならですけど。
今まで一度も演奏していない曲・・・一番聴きたいのは「Twinkle Night」なのですが季節的にありえませんね(笑)。「Detour」も聴きたいですが、悲しめの歌詞なのでこれまたしっくりこないかも。だとしたら「君がいてよかった」かな。「I am」とセットで聴きたいです。

>kuri566さん
ちょっと前の記事のコメントにお返事できないままですみません。
早いものでライブまで3週間を切りましたね。とにかく無事に帰国し、無事にライブ参戦してkuri566さんはじめFANKSの皆様と歓喜の涙を流せるよう祈るばかりです。
20日はさいアリ近辺のホテルなのですね。私は東京駅近くに宿を取ってあります。

>hitomiさん
hitomiさんにもいただいたコメントにお返事できないままですみません。
英国在住のFANKS仲間がいると知ってとても嬉しいです!私も来年の30周年にはまた海を越えて参戦したいなぁ。
Cheb
2013/07/03 02:44
管理人さん、すいません。
掲示板的につかわせてもらっちゃいますがお許しを。

>Chebさん
東京駅周辺ですね。合わせることも可能です。
kuri566
2013/07/04 19:50
>kuri566さん・Chebさん
それでは20日土曜日終演後、さいたま新都心駅周辺で考えましょうか
会場から出て20:30集合、21:00前に開始できますかね
2時間くらいの軽い食事という感じになりそうですが、どうでしょう

詳しい打ち合わせなどしたいので、以下のアドレスにメールをいただけますか?
tm_on_the_planet%yahoo.co.jp(%を@に変える)
こちらから折り返し携帯番号と携帯アドをお伝えしますので、そちらの携帯番号と携帯アドも教えていただけると助かります(Chebさんは携帯ないかな?)
よろしくお願いします


>まっきーさん
ファンになるのはいつでも良いですよ!
当日は是非楽しんでくださいね!
ライブの時はファンも昔に戻っているでしょうが、多分メンバー3人もそうなんだろうなあと思います
去年のincubation Periodはメンバーも楽しそうでした
今回も良いライブになることを期待しています
青い惑星の愚か者
2013/07/05 01:00
わお!ありがとうございます!本編に加え参戦の楽しみが増えました!(こんな田舎もんですが、よろしくお願いします)すいません。貴重なお時間を割いておつきあいしていただきまして。さっそくのちほどメールしますね。
kuri566
2013/07/05 01:14
【吉報】待望のライヴシネマがありますよ〜〜!!
(詳しくはTM公式HPで告知)
今日7/5 12:00から抽選受付開始だそうです。
仕事で埼アリ行けずでしたが、今回はライヴ両日共に中継
あってホントに嬉しいです!

オフ会もいいですね〜〜
羨ましいです。参加したかったのですが悔しいばかりです。
ライヴと共にオフ会参加される方は楽しんで来て下さい!

こう、なんて言いますかTMのライヴ前の高揚感、ウキウキ感
それ自体が嬉しくて年甲斐もなく一人で微笑んでしまいます
(キモチ悪ィって!?)
ひろき
2013/07/05 08:00
皆さん盛り上がってますね♪
会場に行ける方が羨ましいです。
私は、両日共ライブシネマに初参加するため、職場に『休日申請』しました!
無事、申請が通ればいいのですが…

ライブは勿論の事、ライブシネマも初体験なので、経験者の方からアドバイスや、体験談を聞かせて頂けると助かります。

FANKS先輩方、宜しくお願い致します。
m(__)m


FANKS潜伏中
2013/07/05 21:08
21日のチケットが届きました。
アリーナ席とは書いてあるんですが見えにくくなったりする可能性はあるんでしょうか?
さいアリのHPでも確認してもいまいちよくわかりません。
開場時間前にもう付いていたほうがいいでしょうか?
去年の武道館の時のアリーナ席は見やすかったのでしょうか?
yousuke
2013/07/06 23:16
>kuri566さん
現時点でまだ連絡が来ていませんが、何かの手違いでしょうか?
連絡お待ちしております(Chebさんからは連絡いただきました)

>ひろきさん
ライブシネマ発表ありましたね
1年に一回のライブですし、高揚感はありますね
小室さんもうわついているみたいですし(笑

>FANKS潜伏中さん
休日申請通ると良いですね!
ライブシネマは、会場やミュージシャンによって雰囲気違うと思います
去年9月のTMのライブシネマは生中継ではなかったこともあるんでしょうが、会場はみんな着席していました
別のミュージシャンのライブでは、会場の多くが立って体を動かしながら見ていました
まあ、周りを見ながらってのが良いんじゃないでしょうかね

>yousukeさん
アリーナ席は、後ろの方だとスタンド席より見えづらいこともあるでしょうが、スクリーンもありますから、そこらへんも頼りにしてください
ライブに参加するためだけなら、開場前に着く必要はないと思います(グッズなど購入するなら早く行った方が良いでしょう)
たださいアリは巨大ですから、開演直前だと危険かもしれません(多くは開演時間から10分くらいしてから始まりますが)
周りの席の方にも迷惑かかりますし、開演時には着席しているようにした方がよいでしょう
あと女性の場合トイレが混みますから、そこらへんもご注意を
青い惑星の愚か者
2013/07/07 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
6-2 TMNの再接近 20 Years After -TMN通史-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる