2-11 All-Right All-Night

今までTM終了ライブ「TMN 4001 Days Groove」を、
「final live LAST GROOVE」と書いていました
これはライブビデオ・ライブCDのタイトルで、
ライブタイトルではないんですね…
今まで書いたところを修正しました
(どうでもいいことでしょうけど)
さて、今回の話題に入ります


-------------------------------------
TM NETWORKは、
8月終わりの「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」公演と、
「Girl」のリリースの後、
早くも9月には4thアルバムのレコーディングに入った


自分の中で1986年は「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」で終わった、
と木根が当時コメントしているが、
確かにこれ以後TMは、1987年の活動を見据えた活動に入ったのである
その中で最初にレコーディングされたのは、
「All-Right All-Night (No Tears No Blood)」だった
「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」で初披露された曲である


アルバムのレコーディングは12月まで続いたが、
この曲はその最中の11/21にシングルとして、
先行リリースされることになった
ライブで披露された時点で、先行シングルにするつもりだったのだろう
なおこの曲のレコーディング風景は、
シングルリリース直前の1986/11/18に、「極楽TV」で放送された




この曲は発表の事情から見ても、
「Gorilla」期の延長上にあるといって良い
小室も「今までの極み」と言って、FANKSの流れと言っている
音の面でも「Gorilla」「Self Control」の中間にあると思う
「Self Control」については章を改めて述べるつもりだが、
自分はFANKSのFUNKの要素の代わりに、POPSの要素を加えた音と思っている


シングルのジャケットは、
3人が横になっているところを床目線で撮影したものである
写真は「Girl」同様、ウツをメインとしている
小室の顔はジャッキー・チェンに見えて仕方がない
木根の顔は久しぶり(1年ぶり)にちゃんと出ている


作詞は小室みつ子である
歌詞の内容は反戦ソング的なものとなっている
サブタイトルの「No Tears No Blood」は「血も涙も要らない」の意味だろう
(「血も涙もない」直訳かと思い込んでいたが、訂正のご指摘を受けた)
小室はこの歌詞を、「イパネマ '84」の流れと言っている
「イパネマ '84」はミサイルが歌詞に出てくるだけで本質的にラブソングだと思うが)

破れたシャツとやせたうなじと  夢も知らない瞳の子供たちは
ただひとつだけ教えてくれる  争うために生まれてきたんじゃない
はるかなあの空に両手を伸ばしてた  幼い頃に望んだように
愛するときめき手に入れた  あの日を忘れない


ただメインタイトルの「All-Right All-Night」は、
反戦ソング的な歌詞とはまったくかみ合わない
一応無理に読めば、「こんなきれいな夜があるのを」など、
歌詞に「夜」の語が散見するのは、一応「All-Night」に対応しているのだろうが、
それでも歌詞全体とタイトルを統一的に理解するのは困難であり、
メインタイトルは語呂を重視して付けたものと思う
小室もこの曲のコンセプトについて、
たまたま耳に入った時事を取り入れただけでそれほど強いメッセージ性はないと述べている
小室とみつ子が話をしていた時の話題の影響で、
反戦ぽい歌詞になったということらしい


実はこの曲は、「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」で初披露された時には、
歌詞や歌い方がシングル版とはかなり違っていた
2番冒頭の「地上に向けて星が降ちてく生命を満たす光を放ちながら」の部分や、
2番Bメロの「海の向こうから迫る叫び声に誰もが気づきはじめている」の部分は共通するが、
その他の部分で完全に一致するところはない


その中でも特に1番Aメロの、
「信じていたよ You're coming back tonight 君がいつかはここまで帰ってくると」
となっていたところが、
「こんな綺麗な夜があるのを人はいつも忘れてしまっているね」
となったのは、大幅によくなったと思うが、原歌詞はほぼ差し替え状態である
一方、1番Bメロ「両手を広げてる子供たちのように明日を探し出してゆくさ」
となっていたところが、
「はるかなあの空に両手を伸ばしてた幼い頃に望んだように」
とされたのは、元の歌詞の痕跡を残しつつブラッシュアップしたものと言える


曲の方について見ると、
ライブで披露された原曲はシングルよりもはるかにシンプルだが、
全体の構成は変わっていない
イントロや間奏の印象的なシンセのフレーズも、
すでに原曲の時点で入っていた
この間奏冒頭のシンセのフレーズは、
勢いの良いオケの流れを一瞬クールダウンする、良いアクセントになっている


「Fanks "Fantasy" Dyna-Mix」1ヶ月後の9/27、
TOKYO FMで放送されたスタジオライブでもこの曲は歌われたが、
この時は後のシングル版とほぼ同じ歌詞となり(まだ少し違うが)、
歌い方やオケも微調整されている
ライブ終了後、小室みつ子も含めて、
再度曲や歌詞を練り直したものと思われる


なおこの曲から作詞家として西門加里というPNは使わなくなり、
現在まで「小室みつ子」の名前を使うようになる
つまりこの曲は名義上では、
初めての小室みつ子作詞曲ということになる


このように「All-Right All-Night」は、
完成するまでに紆余曲折を経た曲だった
この時期の音楽にかけるこだわりが感じられる一曲である
小室自身、楽しんで作った曲だと言っている


この曲は後にアルバム「Self Control」に入る際に、
さらにイントロなどにアレンジが加わり、一分ほど長くなった
曲としては初披露の段階よりも、スタジオ版はかなり改善された印象がある
個人的には最後のアルバムバージョンがもっとも好きだ
ただしレコーディングではアルバムバージョンで作成しており、
シングルでリリースする時にイントロを短くしたらしい


この曲はしばしば、TM早口ソングの代表として挙げられる
実際にウツはよくライブで歌い間違えている
また、単に早口というだけではなく、
むしろそれ以上に、この曲はオケの勢いを非常に感じる曲である
単にBPMが早いということではなく、
豪華なシンセ音が実際のBPM以上に聞くものに勢いを感じさせているのだと思う


TMで他の早口ソングといえば、
「Time To Count Down」「69/99」「Good Morning Yesterday」など、
「Rhythm Red」期のロック楽曲もある
だがことTMポップスの中からもっとも勢いのある曲を選ぶとなれば、
おそらくこの曲がその筆頭に上がるものと思う


歌に注目した場合、特にAメロなどはほとんど早口言葉だ
Hip-Hopが市民権を得た現在では早口言葉的歌詞は珍しくないが、
この時代には相当特殊だったと思う
この頃の流行歌だと、
Southern All Starsの「Miss Brand-New Day」はかなり早口だろうが、
「All-Right All-Night」はこれより早い
しかもラップではなく、メロディに乗せたポップスである
「シングル的なものがすべて欠落している」と小室が評したのも、
一つにはこうした点があるのだと思う


そのため「Come on Let's Dance」「Self Control」と比べると、
自然に耳に入り口ずさめる曲ではない
むしろ音がマシンガンのように飛び込んで、
脳に刺激を与え続ける作りとなっている
曲のヒット狙いよりは、インパクト勝負に出て、
TMを世間に印象付けようと考えていたのかもしれない


カップリングには、インストが収録された
これはシングルに通常のインストを収録した初例である
当初はレコーディング中の別の曲を入れる予定で、
3曲ほど候補曲があったらしいが、
どれもカップリングにはもったいないということで見送ったという


実はこの曲は、いまだにTVで演奏されたことがない
「Your Song」「Girl」でさえ複数回演奏されているのに)
リプロダクションシングルを除くと、
他に終了前のシングルでTVで演奏されていない曲は、
「The Point of Lovers' Night」「Rhythm Red Beat Black」「一途な恋」
が挙げられるのみである


しかもその内で「一途な恋」は生では歌うことができない曲であり、
他の二曲はライブ映像の形ではTVで放映されている
TVでの扱いに関して、「All-Right All-Night」は特に不遇な存在と言えよう


ただしまったくプロモーションがなかったわけではない
この直後に発売されたビデオ「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」のプロモーションも兼ねたものだろうが、
同ビデオのダイジェスト映像の上に「All-Right All-Night」を流したPVが作成されている
これは「Decade」「All the Clips」「TM VISION Ⅵ」などで見ることができる
「TM VISION Ⅴ」にも一部収録)


TV出演がなかったのは、
一つには時期的な問題もあったのだろう
アルバムレコーディングの最終段階に差し掛かっていた上、
同時期にYAMAHAの企画ライブイベントを行なっており、
TVでの本格的なプロモーション活動は難しかった
この時はプロモーション手段をTVではなく、
イベント中心で行なうという計画だったのだろう


この曲は当時のライブでも、
シングルの割には演奏頻度がそれほど高くなかったが、
「Rhythm Red Tour」「Live Butterfly」「TMN 4001 Days Groove」「tribute LIVE」「Double Decade Tour」「SPEEDWAY and TK Hit!!」など、
TM以外のライブも含めて現在まで、
長期に渡り時々演奏されており、
微妙に大事にされている気がする
実際に勢いがあるだけあって、ライブではなかなか盛り上がる
ただ2012年から始まるTM30周年の一連のライブでは演奏されなかった


シングルの売上は「Come on Let's Dance」とほぼ同じ1万枚程度だが、
順位は43位である(「Come on Let's Dance」は35位)
ツアーの成功と次の「Self Control」の盛り上がりを考えると、
シングルのセールスとしてはあまり良い結果ではなかった
(失敗というほどではないが)


自分の好みで言うと、
「All-Right All-Night」はTMの全シングル中でも屈指の好きな曲だ
「Self Control」中でも、
「Maria Club」と並ぶ名曲だと思っている
特にシンプルな作りが多い「Self Control」の曲の中で聞くと、
豪華なシンセサウンドは本当に気持ちいい


ライブアレンジについて言うと、
「Rhythm Red Tour」のロックアレンジもかなりかっこいいのだが、
「TMN 4001 Days Groove」でコテコテのシンセ音で聞いた時は、
「これこそTMだ!」と、この曲の魅力を改めて認識した
あまり評価されない(ライブCDにも入っていない)が、あのライブで屈指のお気に入り曲である

(2007/3/12執筆 2008/10/13、2017/2/3、2019/7/31加筆)

All-Right All-Night
エピックレコードジャパン
1989-09-21
TM NETWORK
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

haru
2012年06月23日 18:43
 私が初めて耳にしたTM NETWORKの楽曲が「All-Right All-Night」でした。

 あれは86年末、私が小学6年生の時でしたが、この歌を最初に聴いた時「何だこれは!?」と私の体に電気が走るような衝撃がありました。たたみ掛けるような多数の音と歌詞、そして息もつかせない怒涛の展開…。小さい頃から歌が好きで、ベストテン番組などで当時のアイドルや歌謡曲、演歌などを分け隔てなく聴いてきた私にとって「All-Right All-Night」は、今までに聴いたことが無い、全く新しい歌でした。

 それから二十数年が経ち、私もすっかり冷めたアラフォーのオッサンになってしまいましたが、この「All-Right All-Night」、そしてほぼ同時期にリリースされた久保田利伸さんの「TIMEシャワーに射たれて…」を聴いた時の衝撃は今でも鮮明に覚えているし、未だにこれを超えるものはありません。

 TMとの衝撃的な出会いをした小6の冬でしたが、即ファンになった訳ではありません。ただ当時「All-Right All-Night」を歌っている人たちのビジュアルを全く見ることなく、まず音から入っただけにインパクトは強烈で、そこからしばらく私の心のどこかに「TM NETWORK」が気になる存在として住むようになりました。


 管理人さんのブログに比べたら私の文章は全く稚拙なものですが、こんな感じで自分とTMとの歴史を振り返りながら順番に書き込んでいきますので、改めてよろしくお願いします。
青い惑星の愚か者
2012年06月25日 02:39
All-Right All-Nightは、インパクト抜群の曲でしたね
とは言っても、私はリアルタイムでこの曲を知ったわけではないのですが…
当時聞いた方はさぞかし印象に残ったものと思います

TIMEシャワーに射たれても同じ頃ですよね
あの頃の邦楽界って、何かが生まれるという期待感がはんぱなかったと思います
haru
2012年06月25日 18:58
 86年半ばから87年、88年は日本の音楽シーンがガラッと変わり、一番面白かった時期だと今でも思いますし、その時代を私自身が多感な頃に体感できて良かったと思っています。

 ただ悲しいかな、そこで音楽が金になると目を付けた大人たちが多数群がって、結果的に日本の音楽シーンがだんだんつまらなくなっていってしまったのは残念でした。

 もちろん音楽も“ビジネス”の一つであることは今も昔も変わらないけれど、それが年を追うごとに露骨に出てしまっている現状は何とかなりませんかねぇ…。
青い惑星の愚か者
2012年06月28日 02:57
86~88年頃は、十代の支持を集めたマイナーなミュージシャンが次々とメジャーになっていって、その変化にメディアがまだ十分に追いついていけていなかった時代でしたね
自分たちが時代を動かしているという感覚を、若者が享受できていた気がします
もちろんそれらミュージシャンたちの背後にもスタッフやレコード会社があったわけですけど、次は何が売れるかは誰も分からなかったし、逆に何でも起こりそうという感じは、スタッフたちも若者たちと共有していたと思います
憶測ですけども、そこらへんのカオスなエネルギーを効率的に商業ルートに乗せるコースがメディアによって編み出された90年頃、若者たちは急速に白けて去ってしまったのかもしれません

この記事へのトラックバック

QRコード