ライブ予定日を終えて

5/27になりました
当初の予定では、今頃「START investigation」2daysが終わり、
その感想などを書いているはずだった頃です
この機会に、この1年ほどを少し振り返ってみたいと思います


去年1月、チャリティライブ「All That Love」でのTM NETWORK復活情報、
その少し後、武道館ライブ「incubation Period」開催と新曲「I am」発表、
8月のファンイベント開催、BD/DVDのリリース、
ウツ木根ソロ20周年、小室さんのC型肝炎発覚


そして2/14、「START investigation」2days開催のお知らせ、
3月初め、3人の健康診断、ウツの異常発見と精密検査、病巣の発見、
4月の手術の成功、ライブの延期、
5月、小室さんのインターフェロン投与完了…


良い話や悪い話が本当に色々ありました
とりあえず良い話はともかく、悪い話はこれ以上無いようにと願います


そんな中でも無事だった木根さんですが、
5/22にびっくりする発言が出ました
ROOT OF THE TREEより
2013年の活動をもって
少しの間充電期間に入ろうと思います。

まだ未定ですが、
もしかしたら
今年のソロライブが見納めになるかもしれません。

ソロとしてはこの20年間、
自分のルーツに立ち返って
音楽を表現してきました。

来年はTMも30周年。
大きな節目になるでしょう。

更なる次のステップへ。
自分を成長させるために必要な時間。
それが「RESET」です。

「RESET」という新曲を作りました。
今の思いをしたためたこの曲を
皆様に届けたいと思っています。


2013.5.22
木根尚登


これを見て、一瞬、「音楽活動終わり!?」と驚きました
実際に一部のネットニュースでは、
2013年を以って音楽活動を終えるという話も流れました


だとするとTM30周年とかどうなっちゃうの!?
小室さんの病気が治って、ウツも手術が成功したのに、ここで木根!?
とか、結構焦りました
おそらく木根さんの事務所にも問い合わせがたくさんいったと思いますが、
同日の内に、事務所から出た情報も踏まえた正確なニュースが出ました
オリコンニュースより

木根尚登、TM専念でソロ活動「充電」へ 所属事務所は音楽活動休止を否定

 3人組ユニット・TM NETWORKの木根尚登(55)が、来年のTM NETWORK結成30周年の活動に専念するため、今年いっぱいでソロ活動を「充電」することが22日、わかった。所属事務所は、一部で報じられた「音楽活動休止」を否定している。

 木根は、来年にTMでの活動が多くなることを見据え、公式サイトで「2013年の活動をもって少しの間充電期間に入ろうと思います」とソロ活動を控えることを報告。「もしかしたら今年のソロライブが見納めになるかもしれません」としているものの、音楽活動に関しては今後も続ける。


これを見るに、木根さんはソロ活動は休止するけど、
2014年のTM30周年はちゃんとやるようです
むしろTM30周年に専念することが念頭にあるようです


いやあ、良かったです
まさかここで木根さんが脱落とかあったら…
しかし冷静に考えれば、たぶんこの発表は本来、
5/25「START investigation」の直前に行なうはずだったんでしょうね
多分今後のソロ活動のスケジュールもある程度決まっているから、
そのタイミングはずらせず、5/22に発表したんじゃないかなと思います


木根さんが3/31のソロライブで新曲「RESET」を発表した時も、
すでに今回の発表は予定されていたのでしょう
その時のライブ映像が少しだけyoutubeにアップされていたので、貼っておきます





しかしメンバーももう60近いですし、
日詰さんとか坂西さんとか、
同年代の音楽仲間で鬼籍に入られている方もいらっしゃいます
何もあってほしくはないけど、いつ何があるか分からないことは、
ファンも覚悟しておくべきなのかもしれません


小室さんもTwitterでベッカム引退に触れた際
「僕もライブいわゆるプレイ引退試合あるかもよ。」
と言っており、ステージからの引退を意識し始めているのかもしれません


それだけはなにとぞ…と言いたいところですが、
一度のライブで体重を2kg減らして爪も割った2年前のDOMMUNEのようなパフォーマンスを、
少なくとも10年後まで期待するのは酷ですよね
もっとも最近の小室さんを見る限り、
当分はまだ現役でやるつもり満々だと思いますが(笑


ちなみに小室さん、現在もまだインターフェロンの副作用で、
満足な演奏が出来ないようです

「START investigation」、延期になってよかったのかもしれないです
きっと7月には治っているでしょうから、
今までのフラストレーションを演奏にぶつけてきて欲しいですね


今日は「START investigation」の予定日ということで、
急に思い立って更新しましたが、
ちょうど見てみると、カウンターが35万を超えていました
おお! どうもありがとうございました
ブログ開いた頃は、1万増えたらありがとうございますとか言っていたのですが(笑


この機会に、アクセス数など調べてみました
ここ1ヶ月くらい予告している通り、次回からは第六部に入りますが、
第五部までほどの関心は向けられないでしょうから、
検索で偶然ヒットすることもほとんどないでしょう


なので現時点での各記事を見てみて、
どんな記事が人気あったのか、ちょっと確認してみようと思います
ちなみにカウンターの数字はトップページへのアクセス数なので、
以下で挙げる個別記事へのアクセス数は含まれていません


本当の第一位は「小室哲哉逮捕」(8127アクセス)とか、
苦い思い出の記事だったりするんですが、
ここではライブレポや近況記事は除き、
序章~第五部の通常記事に限定します


さて、まず第五位は…
「1-3 Rainbow Rainbow & 金曜日のライオン」(3880アクセス)


やっぱりTM最初の作品ということで、検索の機会が多くなるんでしょうか
分からないでもないです
ちなみにTMオリジナルアルバムで一番アクセスが少ない記事は「4-3 Rhythm Red」(1487アクセス)、
シングルでは「1-18 Your Song」(1162アクセス)でした
あっれー!? どっちも好きな作品なんだけどなぁ…


第四位は「5-1 小室哲哉の離脱」(4029アクセス)
みなさん、ネガティブな記事が好きなんですね…
まあ、気になるタイトルですからねえ
でも検索で偶然ひっかかるタイトルでもないと思うんですが


第三位は「1-1 フレッシュサウンズコンテスト」(4121アクセス)
TMデビューのきっかけになったコンテストの記事がベスト3です
全般的に初期の記事がアクセス多いんですが、
これは最初から読んでみようと思って飽きたか力尽きたということでしょうか…?


第二位は「0-3 小室哲哉と音楽の出会い」(4712アクセス)
第四位と同じ小室先生の記事でも、
こちらはその始まりとなる明るい記事です
こちらもどういう検索キーワードが引っかかっているのかさっぱり分かりません
この記事を含む序章は意外とマニアックな情報も入れているんですが、
そこらへんはそもそも検索もしないだろうし…謎ですねえ


で、次は第一位!



…に入る前に、ちょっと寄道をして、最下位も発表してみましょう!
ある意味で栄光の最下位は、
「3-32 メディア出演(1989年末~1990年初)」(650アクセス)


テレビ出演関係の記事は概してアクセス少ないんですが、
詳しい方なら時期から分かる通り、小室先生のソロ活動期の記事です
ちなみにブービー賞は「3-30 Christmas Chorus」(721アクセス)で、
やっぱり小室さん関係です
あれー? 小室先生、音楽活動の記事になるとアクセスが減っちゃうの?
これはこれで微妙だあ(涙


そして本当の栄光第一位は!



「3-26 俳優・宇都宮隆」(7311アクセス)



…って、え!  なんで!?
2位とも圧倒的大差だし!
ウツのソロ活動の記事も書いているのに、全然かなわないジャン!
「5-7 Butterfly」(2380アクセス)もいい線行っているんだけど、
ちょっと規模が違いすぎるよ


これはマジで驚きです
一体何が…!?
というか、今回のランキング発表も、
ウツ俳優記事がトップでびっくりしたからというのが真相なんですけど


あえて考えれば、
こんなしょうもないことをまとめたところが他にないからでしょうか?
本ブログ屈指のどうでも良い記事なのだが…


ちなみに6~10位は以下の通りでした


・第六位「0-7 小室・木根・ウツその後」(3534アクセス)
・第七位「2-35 サポートメンバーの活動」(3298アクセス)
*松本孝弘関係のアクセス? ちなみに続編(5-9)も2619アクセスで好成績
・第八位「1-7 Electric Prophet(Live)」(2860アクセス)
*少し意外ですなあ… ちなみにライブ最下位は「2-30 Kiss Japan Tour②」(808アクセス)でした
・第九位「1-4 TM NETWORKデビュー」(2820アクセス)
・第十位「4-4 The Point of Lovers' Night」(2768アクセス)
*なぜ?と思ったけど、小室事件判決直後に書いたので盛り上がっていたからでしょうか


こうして見ると、意外なことに、
「Get Wild」「CAROL」「Love Train」「TMN 4001 Days Groove」
など、有名なものが多くアクセスされているわけではないことが分かります
つうか、有名なものはネット上に関連情報がいっぱいあるから、
わざわざこのブログに来る必要も無いってことなのかもしれませんね


以上、おまけ企画でした
では次回、6月の更新で
6月に第六部開始となります!(偶然)



Digitalian is eating breakfast [DVD]
Sony Music Direct
2013-07-17
小室哲哉
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Digitalian is eating breakfast [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひろき
2013年05月27日 17:32
キネさんの休止宣言は寝耳に水で、ホントに驚きましたね。
Yahoo!トピックスにまで掲載されていたので、また大事か?
と一瞬でも心配してしまいました・・・。
今年は三者三様でファンを本当にヤキモキさせてくれますが
そこもエンターテイナーならでは?なのかも知れません。

30周年に向けた活動が色々現実味を帯びてきて、これから
シングルやアルバム、ひょっとしてツアーも・・とか夢を
見てしまいますが、そうした期待を想像出来る嬉しさがあり
7月のライヴから来年に掛けて魂込めて楽しみにしたい、と
思う今日この頃です。
kuri566
2013年05月27日 23:10
RESETの歌詞を読むと、「ここは小室センセのことだな」「あ、ここはウツのこと言ってんだな」と推測でき、心から「あのころ」に立ち帰ろうとしている木根さんの気持ちがうかがえますね。
このタイミングで言うのは曲のプロモーションか、あるいは話題づくりなのかな、と思いました。
mahiro
2013年05月28日 20:11
こんばんは。
ライブ自体には行けませんけど、3人が健康であったらいいなと思います。
来年、TM30周年、良い話が聞けたらいいな。
まさと
2013年06月04日 20:25
ウツさん、小室さんも無事に快方に向かってるんでよかったですが、今思えば、去年のTMライブのIncubation Periodってタイトル、なんか予言めいていたなぁ・・・なんて考えてしまいました。
青い惑星の愚か者
2013年06月06日 01:51
>ひろきさん
TMの活動は、SPEEDWAYの頃も含め、いつもハラハラさせられますよね
安心感がないからこそ、今回は行かねばという気になるのかもしれませんが…

>kuri566さん
RESET宣言は本来は埼玉ライブ直前に発表して盛り上げる予定だったんだと思いますよ
ただ実際20周年の後どうするか、悩むところもあったんだと思います

>mahiroさん
良い30周年になるのを期待しています
30周年の後も活動を続けられるのかは、年齢を考えても確証ありませんしね

>まさとさん
incubation Periodは、文字通りの意味になってしまいましたよね
私も前から思っていました
FINAL MISSIONとかも、文字通りの意味にならないことを祈ってます
ワイン好き
2013年06月06日 22:36
こんばんは。
TMの今後の活動に期待と言いたいところですが健康面など不安要素が頭をよぎりFINALに向かっているのは確かかもしれませんね。
始まりがあるから終わりがあるんで宿命と思うしかないのかな?
3人それぞれの美学があるでしょうからFANKSとしてはそっと見守るしかないんでしょうね。

本音はやはり新作アルバムが聴きたいです。
ウツさんの件で延期になったようですがTMはアルバムでこそ本領発揮だと思うんでいつになってもいいんで発表を楽しみにしています。
最近木根さんがウツさんを見舞ったらしくかなりお痩せになったようだけど元気だそうです。あと1か月半。そろそろリハーサルってとこなんでしょうが
ワイン好き
2013年06月07日 08:22
先ほどコメントが途中で切れてしまい大変申し訳ありませんでした。

続きです。

そろそろリハーサルってとこなんでしょうがウツさんが静養中みたいなんで詰め込み作業になりはしないかが気掛かりですね。

リズレのアクセスが少なかったとのことですが私の中では高く評価したい1枚です。これもブルースペックで発売して頂きたいです。
毎回充実したこちらのブログのおかげでTMについて知れば知るほど本当にFANKSで良かったと思います。
いつまでプロジェクトが続くかは予測が付きませんができるだけ長く聴けることを願うばかりです。
FANKS潜伏中
2013年06月07日 23:54
青い惑星の愚か者さん
前記事のコメントの御返事、有難うございます。

木根さんの件も安心しました♪

ウツさんのHPは、未だに御本人が登場していませんが、きっとライブに向けて、水面下で動いているでしょうね

FANKSは『奇跡の50代3人組』が、揃って姿を見せてくれる事を信じて待つのみ!

と今、自分に言い聞かせてます(苦笑)

7月まで後わずか!
なのですが…
正直な所、今は楽しみなような、色々な不安があるような、複雑な気持ちで一杯です…


青い惑星の愚か者
2013年06月08日 03:18
>ワイン好きさん
私もアルバムは聞きたいですが、多分2014年、30周年でリリースするんだと思います
再終了シングルとか出たら深刻に鬱ですが…
早く何か新作を出して欲しいですね
リハは、音源作りはともかく、ウツや木根さんも交えてのやつはincubation Periodの時は一週間くらい前から始めていましたから、今月中はまだ休養期間だと思います

>FANKS潜伏中さん
ウツ、早く姿が見たいですね
まあウツの性格から考えて、万全にならない限り現れないと思いますが
どんなライブになるか、不安と期待がまぜこぜという感じですが、ウツが元気な姿で現れることができたら、多分再結成後最大の盛り上がりになるんじゃないでしょうか
ポコ太
2013年06月10日 19:40
こんばんわ。『重箱』Blog のポコ太です。
お約束のKX5カスタムの件、エントリーしました。

勝手ながら導入部にコチラのBlogを一部引用させていただきました。
管理人さん、ふかっちさん、コメント欄からでなんですが、大変ありがとうございます。

さてコレだけじゃなんなので、ものすごーく『重箱のスミ』な話。

[2-7 Fanks Dyna-Mix②] 内「雨に誓って」の説明で
『会場に押し戻され ~』とありますが、もし DVD「Fanks “Fantasy” Dyna-Mix」をご覧になってのお話ならば、あのはっちゃけた部分は編集で、実際は「YOU CAN DANCE」の映像だったと思います。
別の言い方をすれば素材として全編収録されているということですよね。ウ~ム…。


また寄せていただきます。
失礼しました。
青い惑星の愚か者
2013年06月14日 01:22
お!KX5の話、楽しみにしていました
個人的にはDX100を弾く木根さんの図を見て、失礼ながら笑ってしまいました
まだ次回に続くようですが、楽しみにしています

またFANKS DYNA-MIXの件のご指摘もありがとうございます
確かに会場走るウツと雨に誓ってイントロでステージ脇から走ってくるウツが同一人物だとするとおかしいですね
YOU CAN DANCEは読売ランドの映像を使ったから、中野サンプラザのYOU CAN DANCの映像を別のところで使いたかったんでしょうね

FANKS CRY-MAXとFANKS DYNA-MIXの記事、書き直しておきます
どうもありがとうございました
まさと(ふかっち)
2013年06月16日 09:32
ポコ太さん、何か僕がお役にたてた様で、よかったです(^-^)
TMの今後ですが、前にアリスが還暦を迎えて再結成したり、ALFEEも還暦近かったり、YMOも活動していたりしますが、アルバムにしろライブにしろ、毎回明確なコンセプトを立てて活動しているTMのユニットとしての性質上、60過ぎてからの活動って難しいのかもしれませんね。初期の目論見通り、アルバムと映像だけのスタイルだと可能性はあるのかもしれませんが・・・。しかし、上記の3組以外にも、海外アーティストでも60過ぎて活動しているバンドなどは多いし、若い頃と比べて深みが増してて、それはそれで魅力的なんですがね~。でも、かなり昔、TVでTMを見ていた時に思った事がありまして・・・。
確か堀内孝雄さんも一緒に出演されていたのですが、TMのメンバーも将来的には演歌とか歌ったり作曲したりという活動になるのかな~って(笑)当時は50代60代のTMって想像できませんでしたからね~。
木根さんは以外と演歌とか歌っても違和感ないかもですが(笑)
青い惑星の愚か者  
2013年06月23日 03:28
フォークパビリオンで聞いて思ったのですが、ウツって世代のためもあるでしょうが、歌謡曲がうまいんですよホント
演歌はともかく、ウツの声を生かすためだけならば、昭和っぽい歌謡曲はありかもしれません
木根さんは、私は聞いたことないんですが、数年前に演歌歌手の曲を提供していました
どんなのなんでしょうね
とびえもん
2016年06月06日 21:21
惑星さんの最後のコメントの続きで……

ホントに歌謡(酔)曲やりましたねえ

いま最初からまた読み直ししてますけど

電気じかけの預言者が多いですね

ここにコメする人は
青い惑星の愚か者
2016年07月14日 01:00
歌謡曲ツアー、5年前は考えてもいませんでしたね
フォークパビリオンの頃から、こういうの好きなんだろうなとは思っていましたけどね
しかし次のT.UTUはどんなライブなんでしょうね
落差が大きそう

この記事へのトラックバック

QRコード